お風呂MP3プレイヤー“AQA026”の設定ファイルをいじる!

AQA026

AQA026はSUNTAC(サン電子※注)が発売していた防水MP3プレイヤーです(現在、販売終了)。
型番の“026”が語るようにお風呂を始め、水回りで使われることを想定したMP3プレイヤーで市販のUSBメモリ内の曲が再生できるのが特徴です。
自分はこのプレイヤーの愛用者であり、風呂にはこれ無しで入れなくなるほど生活に密着していますね。だけど、最近ボタン部に謎のヒビが…。そろそろ後継機を探さないと駄目なんですかね…。

このプレイヤーには非公式の設定があり、設定を行えばリジュームや電源自動OFFの時間などの設定が行えるようになります。

なお、ここで紹介している設定はメーカー非公式のものであり、何が起きても責任は負えないとともにサン電子社及びプロテック社にこのことについてを問い合わせるのはお止めください。

●設定の変更の仕方
まず、1回もAQA026で再生したことの無い場合はUSBメモリ(メモリーカードリーダ経由で接続している場合はメモリーカード)にMP3ファイルを入れてAQA026を再生してください。そして、そのUSBメモリをパソコンで読み込むと「PARAM.AQA」という設定ファイルが作成されています(下画面参照)。


その「PARAM.AQA」というファイルを適当なテキストエディタで開きます。ドラッグ&ドロップで開くと稀に開けない場合があるようですので、テキストエディタの“ファイルを開く”メニューで開くのが好ましいようです。すると、以下の画面のような文字列が現れます。なお、Windows付属のメモ帳では改行コードが違うらしく正常に表示されませんので注意です。


設定はその文字列のイコール(=)の後ろの数字を変えることでできます。詳しい設定の詳細は次の項目をご覧ください。
●設定の詳細
各文字列の設定の詳細は以下の通り。

→初期設定値(initial param)
表示名設定名設定値解説
rsumリジューム0,1電源を切っても、前回終了した曲の途中から再生するようにします。
デフォルトは0(無効)です。
本体側もしくは以下の設定でシャッフル設定をしている場合は本機能
でリジューム再生後ランダム設定がリセットされるので注意。
(シャッフル再生の再生履歴を記憶していないため)
poff電源OFF時間0〜電源を自動OFFする時間(秒)を指定します。
デフォルトは30(30秒)です。
bass低音0〜低音を設定します。デフォルトは0です。
loudラウドネス0〜ラウドネスを設定します。デフォルトは2です。
surrサラウンド0〜サラウンド(残響音)を設定します。デフォルトは0です。

→リジューム設定値(resume param)
表示名設定名設定値解説
volm音量0〜音量設定値。
modeモード0,1,2モード設定値。なお、この設定はリジューム設定に関わらず保存される
模様。0が標準(全曲リピート)、1がシャッフル、2が1曲リピートです。
3以降は不明だが、本体のMODEランプが表示しない動作になることだけ
は確認。
fileファイル数0〜MP3ファイル再生順の記録値。
例えば設定値が10なら、頭から10曲目ということになる。
ploc再生位置-MP3ファイルの再生位置の記録値。
恐らく単位はバイト(byte)かと思われる。

※注:2010年3月にSUNTACブランドのコンシューマー製品は株式会社プロテックに譲渡され、本MP3プレイヤーのサポートもプロテック社に移行している。

戻る