作成者別アーカイブ: みはりん

Fujitsu アルカリ乾電池 ALKALINE 単3形 10個パック LR6H(10S)

一部ルートで出回っている“Fujitsu”ブランドのアルカリ電池です。この電池は当ブログで以前も一度紹介しており、2本パックで日本製とインドネシア製が混在しているというものでした。
現在、2本パックでは「日本製」を大きくアピールしインドネシア製が混在されることは無くなったようですが、これは多本パックでは異なっているようです。今回はそんな一例を紹介します。
この写真はパッケージですが、特に原産国表示などは見られません。

1枚目の写真を見る限りでは同じパッケージであるように見えますが、よくシュリンクを見てみると違っています。片側はFDK日本製特有の軟質系フニャフニャシュリンクとなっていますが、もう片側はビニールが堅い全く違うシュリンクとなっていました。FDK製のアルカリ電池はこの見分けである程度原産国は見分けられます(2018年5月現在フニャフニャ=日本製それ以外=他国・多くはインドネシア製)。

電池の外観です。左がインドネシア製で右が日本製。原産国はFDK株式会社と表記されている右側に小さく記載があります。両者、特に違いは無く注意書きも全く同様です。写真だと日本製の方が色が濃いように見えますが、光の当たり方の違いのようで実物は殆ど同色です。
ちなみに注意書きは以前発売されていたFDKのアルカリ電池からの引き継ぎなので、文字が小さく読みづらいかもしれません。

プラス・マイナス側です。左2本がインドネシア製右2本が日本製です。使用推奨期限はインドネシア製「02-2023」、日本製「01-2023」でたった一月違いです。印字はインドネシア製の個体の方が小さいですね。時期的に5年期限と推測、それぞれ2018年2月、1月の電池と思われます。
両者とも絶縁リングは「」、マイナス極底板もザラザラなので構造だけで原産国を見分けることは出来ません。

そこでいつも通り、外装ラベルを剥がしてみました。日本製(写真左)の個体では“7122618:47”とロット番号と製造時刻らしき表示が、インドネシア製(写真右)の個体では“ObbI3 09:30”とアルファベット混じりのロット番号と製造時刻らしき表示となっていました。
FDK製のアルカリ電池はロット番号に製造時刻が印字されているのが特徴ですね。

 

また、インドネシア製のみ外装ラベルにも“SLD 1232149 PETS”というロット番号の印字が見られました。日本製では見られなかったので、外装ラベルもインドネシア現地生産なのかもしれません。

 

 

最後に絶縁リングの拡大です。結論から言うとどちらとも全く同じです。ちなみに左がインドネシア製右が日本製。どちらも濃い緑色の絶縁リングです。絶縁リングの切り欠きを上にした状態で右にアルファベット下に数字が刻印されているタイプでインドネシア製が右“Q”下“15”、日本製が右“R”下“21”の刻印があります。マイナス極のガス抜き穴もまた両者同じ4つ穴タイプで、この構造から生産国を見分けることは難しいでしょう。

★関連記事
Fujitsu アルカリ乾電池 単3形/単4形
→以前紹介した本記事と同じ“Fujitsu”ブランドのアルカリ電池を紹介。2本パックで日本製とインドネシア製が混在していることを書いている。こちらで紹介した記事ではインドネシア製と日本製で絶縁リングの色が異なっている。

S SELECT(エスセレクト) アルカリ乾電池 単3形/単4形

今回は“スギ薬局”や“スギドラッグ”などの屋号でドラッグストアを展開する“スギ薬局グループ”で発売されているアルカリ電池を紹介します。かつては“S-Unique(エス-ユニーク)”というブランドのアルカリ電池でしたが、“S SELECT(エスセレクト)”というブランドになり新しくなりました。
電池はゴールドではなく、黄土色のような色がベースとなっているデザインで、その上からゴールドで葉っぱの絵が描かれている象徴的なものになっています。

パッケージ。個人的に白味が殺風景、言い換えればシンプルなデザインです。前“S-Unique(エス-ユニーク)”では供給がFDKで販売はグローバルが担当していましたが、“S SELECT(エスセレクト)”では輸入販売元が“武田コーポレーション”に変わっています。使用推奨期限は10年保証」。使用推奨期限で“保証”を銘打っているものを初めて見ました。バーコードの事業者名は“武田コーポレーション(4545244)”となっています。

電池の外観です。注意書きに誤字などはありませんが、電池のアルカリ液が付いた時は“素早く多量の水で洗い流し、”というフレーズが珍しいですね。
この商品はスギ薬局グループのオリジナル商品です。”という記載があり、スギ薬局グループのPB品であることがわかります。輸入販売元はパッケージと同じく“武田コーポレーション”、生産国は“MADE IN CHINA”で中国製となっています。

前モデルである“S-Unique(エス-ユニーク)”ではFDK製造の日本製でありましたが、今モデルでは中国製になっており事実上のコストダウンとなっています。その代わり価格は税抜380円から298円とお安くなっています。

プラス・マイナス側です。絶縁リングは“無い”タイプになっています。マイナス極側のラベルは極限まで巻かれており、ラベルを剥がさないと絶縁リングの有り無しを確認することが出来ません。
使用推奨期限はプラス極側に記載される珍しいタイプ。単3が「11-2027」で単4が「12-2027」となっていました。パッケージには10年期限との記載がありましたから、それぞれ2017年11月、12月製造の電池と思われます。

ラベルを剥がしてみました。単3には中程に“D2310707”の、単4にはマイナス極側に小さく“1811 719”のロット番号らしき印字が見られました。
単3で見られるアルファベット1文字で始まる8ケタのロット番号は同じ武田コーポレーションの“EXPOWER”でも見られた特徴であり、同じ製造元なのかもしれません。

 

マイナス極のガス抜き穴は単3、単4共に2つ穴タイプです。写真では見えにくいかもしれませんが、マイナス極底板には小さい丸印が見えるものになっており、こちらも武田コーポレーションの“EXPOWER”に共通する特徴になっています。

 

 

★関連記事
S-Unique(エス-ユニーク) アルカリ乾電池 単3形/単4形
→本記事で紹介した電池の前モデルに当たるスギ薬局グループのアルカリ電池を紹介した記事。FDK製造の日本製という豪華仕様だった。

DURACELL(R) FLAT-PAKTM SIZE J 7K67

今回は日本ではあまり見られない電池を紹介しましょう。この電池は古いコダックのインスタントカメラなどで用いられた、“J”サイズと呼ばれるアルカリ電池です。公称電圧は6V。
外観は黒いプラスチックの板というような感じのもので、普通の人はこれが電池だとは思えないかもしれないですね。なお、この電池は日本では現在販売されていませんが、海外では現役でデュラセルのホームページにも普通に掲載されている電池です。

 

裏面。型番は“7K67”。これはデュラセルの型番でエバレディ(エナジャイザー)は“No.539”、IEC規格では“4LR61”という型番です。この型番からAAAA電池(単6形)のアルカリ電池が内部で4個接続されていると推測できます。
この電池はかなり古いものと思われ、社名が“P.R. MALLORY & CO.INC.”、デュラセルの前身であるP.R.マロリー社の表記です。

 

端子部。写真から向かって左側に見える端子が“マイナス極”です。右側ナナメになっている端子が“プラス極”となっています。プラス極すぐ隣には誤挿入防止と見られる凹みがあり、裏面の同じ位置にも凹みがあります。

 

 

日本ではエバレディと提携関係にあったソニー・エバレディ(ソニー・エナジー・テック)がEnergizerブランドの“No.539”を発売(写真)、その後エナジャイザーの電池事業を引き継いだ富士フイルムが販売していましたが、2008年6月で発売中止となってしまったようです。
デュラセルも日本法人が存在していた時代は発売していたと記憶しています。

TOYSЯUS(R) ULTRA Alkaline 単3形/単4形 ウルトラアルカリ乾電池

今回は世界的に展開している玩具量販店“トイザらス(TOYSЯUS)”のアルカリ電池を紹介します。アメリカ本国のトイザらスは2017年9月に破綻しアメリカから撤退を発表、全店舗閉鎖となっていますが、日本のトイザらスはこの影響を受けること無く事業を継続していくことを公式サイトで公表しています
デザインは紺色金色のツートンカラー。注意書きや表記は金色側に集中している独特のものになっています。

 

パッケージです。単3と単4は20本パックのみの展開。他にも単1と単2の6本パックとおもちゃ屋さんらしく、6P形2本パックも用意されています。
個人的に単3と単4の20本パックはどうも多すぎるという理由で敬遠していましたが…。

 

パッケージの裏面と底面です。表側はカラーですが、こちらの面は真っ白で非常に素っ気ない。輸入元は“日本トイザらス株式会社”となっており、生産国は“Made in China”で中国製となっています。型番とみられる番号は非常に沢山記載されており、どれが真なのかは不明ですが、バーコード上にも表示がある単3“MFR#5F628F5”と単4“MFR#5F628F7”でしょうか。
バーコードの事業者名は“Toys R Us Ltd(803516)”で日本ではなく、イギリスのコードになっています。アメリカでもなくイギリス…?謎です。

パッケージをバラしてみましたよ。単3と単4では10本パックのシュリンクが2つ20本を構成しています。なかなか使いにくい構成ですね。厚紙による台紙が入っています。

 

 

電池の外観です。紺色金色のツートンカラーなのは前述の通り、“ToysЯus(R)”のトイザらスロゴがカラフルで目立つ点だけが個性的と言えるデザインです。
注意書きは写真右側の金色の部分に集中しています。海外発祥の店舗であると、注意書きは英語表記であることも多いですが、こちらは全てが日本語での表記です。輸入元はパッケージと同様の“日本トイザらス株式会社”となっています。

ちなみに日本で流通されている横向きデザイン電池の多くは、プラス極からマイナス極に向かって電池がデザインされていることが多いのですが、このトイザらスのアルカリ電池ではマイナス極からプラス極に向かってデザインされています。あれ?この電池おかしくない?と不自然を感じたら恐らくそれです。

プラス・マイナス側です。絶縁リングは無いタイプとなっています。使用推奨期限は単3と単4共に「11/2024」となっていました。時期的に7年期限の2017年11月製造であると思われます。最近は5年でも10年でもない7年期限が増えてきましたね…。

 

 

外装ラベルを剥がしてみました。この電池は本体に4ケタのロット番号らしき記号が3列でレーザー刻印されているのが特徴のようで、単3には“上:DK 12 中:12 22 下:B3 N1”、単4には“上:Dk13 中:0041 下:A3H1”の刻印がありました。
このタイプの刻印…、どこかで見たことがありますが思い出せませんでした。

 

今回は絶縁リングが無いので、ガス抜き穴の拡大を。単3・単4のアルカリ電池では一般的な2つ穴タイプのものになっています。ただし、穴が細長くなっているのが特徴ですね。

 

 

色々と探ってきましたが、この電池は店頭の値札では“ZHEJIANG MUSTANG BATTERY”という製造元らしき表記が見られるのです。同社は中国の電池メーカーで、日本ではこのメーカー製の“Raymax”というブランドの電池が付属品扱いで出回っていたことがあり、ちょっとだけ有名かもしれません。これが正解?
ちなみに価格についてはご覧のとおりですw。

DAISO & HW ハイパワーアルカリ乾電池 単3形(AA)/単4形(AAA)

今回も均一ショップ“ダイソー”に登場した新顔のアルカリ電池を紹介しましょう。この電池は最近デザインを大幅に変更したことで知られる“DAISO & HW”アルカリ電池のハイパワータイプで、従来よりも『長持ち! 25%UP!!』をウリとしたアルカリ電池となっています。
デザインはハイパワータイプを意識してか、全面金色の豪華デザイン。とても、キレイで最近のアルカリ電池ではここまでゴールド感の感じるものは珍しいと思います。

パッケージです。ダイソーの単3・単4アルカリ電池と言えば、細長いスリムなパッケージがお馴染みとなっていますが、こちらは大きいパッケージ。とても目立ちます。
キャッチコピーは“長持ち! 25%UP!!”、“消費電力の高い機器に!”。ダイソーの単3・単4アルカリ電池では5本パックが一般化していますが、こちらはハイパワータイプということか単3・単4共に4本パックでの展開となっています。

パッケージ裏です。ダイソーのアルカリ電池でお馴染みのQRコードは表面ではなく、この面に記載されています。リンク先はDAISO & HWアルカリ乾電池と同じく“http://www.yigeng.net/2wm/2wm.pdf”へリンクされています(自サイトによるミラー)。
商品名は単3が「アルカリ電池No.20」、単4が「アルカリ電池No.21」で型番は共に「K-17-P12(T-052)」となっていました。バーコードの事業者名は“大創産業(4549131)”となっています。

よく見てみると「当社品比較」ということで、ハイパワータイプのアルカリ電池がどれだけ長持ちするかのグラフがありました。比較元である“従来乾電池”がどれなのか不明ですが、これはDAISO & HWのレギュラータイプなのでしょうか。
このグラフを見ると“従来乾電池”よりもハイパワータイプの方が長持ちすることがわかりますが、消費電力が大きい機器で使う方がその差が出やすいということが更にわかります。

パッケージをバラしてみました。実はこの電池、使用推奨期限「11-2024」の初期ロットと「12-2024」以降のロットでは包装が異なっています。初期ロットではパッケージにそのまま電池が入っていますが、「12-2024」以降ロットでは更にシュリンクパックされた電池が入っています。そのため、初期ロットでは電池の向きが不揃いなのですが、後期ロットでは見事なまでに電池が表面で揃っています。よくみるとパッケージのトレイ部分も違っていますね(右写真参照)。

電池の外観です。前述の通り、全面金色のデザインが大きく目立つアルカリ電池です。サイズが大きい数字で書かれており分かりやすいですが、実はデザイン自体は1世代前のDAISO & HWアルカリ乾電池を流用したものになっており、シルバーからゴールドに変わっただけのものになっているのです。
社名表記は“(株)大創産業”となっており、生産国は“MADE IN CHINA”で中国製となっています。

と言うことで、1世代前のDAISO & HWと比較してみたのですが、こちらが本当は後継品なのではないかというぐらいのそっくりデザインです。従って、注意書きの記載も両者同じだったりするのですが、1世代前のDAISO & HWの注意書きはやっつけ的な“MSゴシック”のフォントを使用していました。しかし、ハイパワータイプではちゃんとしたゴシック体のフォントに変わっています。

 

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は単3、単4共に「11-2024」の記載がありました。パッケージには使用推奨期限7年の記載がありましたから、それぞれ2017年10月製造の電池であると思われます。
使用推奨期限の表記下には「T-052」という、パッケージ記載同様の品番?が記されています。これはDAISO & HWシリーズ電池の全てで見られる表記です。

外装ラベルを剥がしてみました。マイナス極側にインクによるロット番号と見られる印字が見られました。現行のDAISO & HWアルカリ乾電池と同じ、上4ケタ(アルファベット)下4ケタ(数字)で分かれているタイプの印字となっています。
単3が「上:AHBJ 下:3100」、単4が「上:AHBK 下:0921」の記載となっていました。

 

最後に絶縁リングの拡大です。薄い緑の絶縁リングで、切り欠きを右に置いた状態上には数字が、下にはアルファベットもしくはアルファベット+数字が刻印されているのが特徴。単3は上に“24”下に“G”の刻印が、単4は上に“10”下に“G1”の刻印がありました。ロット番号の印字パターンを含め、現行のDAISO & HWアルカリ乾電池と同じ特徴であることから、同じ製造元であると推測されます。

なお、マイナス極のガス抜き穴は単3、単4共に2つ穴タイプでありました。

★関連記事
DAISO & HW アルカリ乾電池 単3形/単4形 5本
→ハイパワータイプと併売されているDAISO & HWレギュラータイプアルカリ電池を紹介した記事。デザインが同じ系列のアルカリ電池に見えないほど異なる。

DAISO & HW ALKALINE BATTERY PILA ALCALINA アルカリ乾電池 単3形/単4形 5本
→現行1世代前のDAISO & HWアルカリ電池を紹介した記事。ハイパワータイプのデザインはこちらの電池をベースにしたものになっている。

ALKALINE BATTERY DAISO & GO アルカリ乾電池 単3形/単4形

今回は均一ショップ“ダイソー”に登場した新顔のアルカリ電池を紹介します。この緑色のアルカリ電池はダイソーで馴染み深かった“DAISO & S”とそっくりですが、実は“DAISO & GO”という別の名称に変わっているのです。
デザインはDAISO & Sを引き継ぐメタリックな緑ベースのもので、上下に金色の帯が入っているのが特徴的です。

 

パッケージです。デザインはDAISO & Sと同じ緑色のもので、普通の人が見たらDAISO &Sのパッケージが新しくなった程度の認識でまさか名称が変わっているなんて思わないでしょう。パッケージはダイソーのアルカリ電池でお馴染みとなった、細長い5本入りの吊り下げパッケージです。
現在確認されているのは単3と単4・5本パックのみで、DAISO & Sのように単1・単2・6Pまで拡大されるかは不明です。

こちらもお馴染みとなったスマホなどで読み込むと注意書きのページへ飛べるQRコード。読み込むとGoogleドライブに保管されている注意書きのPDFファイルが読めます(自サイトによるミラー)。しかし、このQRコードも新しくなる度に違う場所で面白いですね。統一できないかといつも思ってしまうのですが…。
なお、使用推奨期限は7年となっているようです。

 

パッケージ裏です。注意書きは日本語と英語の2ヶ国語表記。文字は小さく、大分敷き詰められてる感が漂う注意書きです。『外装ベル』ってなんだろうw(ラベルの誤植と思われる)。
商品名は単3が「電池137」、単4が「電池138」となっていました。型番は単3と単4共に「K-17-P60(T828)」となっています。社名表記は“(株)大創産業”となっており、バーコードの事業者名も同社のものになっていました(4549131)

パッケージをバラしてみました。DAISO & Sでは二重シュリンクでしたが、こちらはトレイが敷いてあり、その上に電池が置いてあります。これはこれで勿体無い印象がありますね。
でも、このトレイ電池保管時の何かに使えそうだなぁ、と思ってしまう貧乏性なワタシなのでありました。

 

電池の外観です。前述の通り、メタリックな緑色をベースとし、上下に金色の帯が入っているデザインとなっています。DAISO & Sでは上部(プラス側)のみの金色でしたから、こちらに比べると若干紛らわしくなっているようにも見えます。
注意書きは小さめで誤字はありません。社名表記は“(株)大創産業”、原産国は“MADE IN CHINA”で中国製です。何故か、パッケージのJANコード(バーコード)が電池にも記載されています。

DAISO & Sと比較してみました。電池自体のデザインはほぼ同一のデザインとなっていますが、Sの方が型名表記が小さく注意書きの文字が大きく、逆にGOの方が型名表記が大きく注意書きの文字が小さくなっています。パッケージではSが電池の向きが不揃いなのに対して、GOでは向きがキッチリと表面で揃っています。並べるとパッケージデザインの違いもわかりやすいでしょう。

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は単3、単4共に「11-2024」の記載がありました。パッケージには使用推奨期限7年の記載がありましたから、それぞれ2017年11月製造の電池であると思われます。

 

 

外装ラベルを剥がしてみました。単3には“HR25Z”、単4には“HW21Z”の印字が見られました。今まで見られないパターンな印字のため、日本に今まで入って来なかったメーカーの製品なのかもしれませんね。

 

 

絶縁リングの拡大です。単3は濃いエメラルドグリーンのような色で、単4は薄い緑色の絶縁リングです。真円で文字や数字の刻印が全く無いという、これまた見られなかった絶縁リングです。逆にこれが個性的な特徴と言えるでしょう。ちなみに絶縁リングはユルユルで取ってしまうと再度はめることが出来ません。
なお、マイナス極のガス抜き穴は単3、単4共に2つ穴タイプとなっていました。こちらは普通なんだなぁ…。

★関連記事
ALKALINE BATTERY DAISO & S アルカリ乾電池 単3形/単4形
→デザインが酷似していて一見、前モデルのように見えるアルカリ電池を紹介した記事。本記事でも比較はしていますが詳細はこちらで。

Panasonic 6LF22・9V Industrial ALKALINE / 6LF22XWA

今回はパナソニックの組み込み(OEM)向けの9V形アルカリ電池を紹介します。現在、パナソニックのサイト上ではOEM向けの9V形アルカリ電池は用意されておらず市販と同じ“6LR61Y(XJ)”が用意されていることから、これは主に海外で出回っている電池であると推測されます。
パナソニックは自社製の“6LR61”タイプのアルカリ電池を発売していることで知られますが、今回紹介するのは“6LF22”タイプという大変珍しいものです(両タイプの違いはこちらを参照)。

電池の裏表です。デザインは日本の“パナソニックアルカリ乾電池”に準じたものとなっています。日本の市販向けでは『アルカリ乾電池』と種類を訴求したものとなっていますが、OEM向けでは“6LF22・9V”と型番を大きく打ち出しています。
裏面は市販向けではないので、バーコードは無く注意書きのみの表記となっています。注意書きは英語フランス語2ヶ国語表示でもちろん日本語はありません。

電池の側面です。型番は“6LF22XWA”となっており、こちらでも6LF22表記になっています。社名表記は“Panasonic Corporation”で、生産国は“Made in Malaysia”でマレーシア製です。“6LF22”タイプでは実質1社のみの生産となっており全てがマレーシア製となっています。
社名表記の反対側は注意書きも無く寂しい雰囲気ですね…。日本の市販向けみたいに絵表示もありません。

電池の底面と端子部分です。使用推奨期限は「01-2020」と「07-2020」が混在、5年期限の2015年1月、7月製造の電池と思われます。使用推奨期限表示は刻印のタイプとなっていて、三菱電機ホーム機器マクセル(日立)ソニーなどのアルカリ9V形と同様のものになっています。
端子部分のマイナス極は六角形のタイプになっていますね。これも“6LF22”タイプで見られる特徴の1つです。

日本の市販向けと比較してみましたよ。日本で売られているパナソニックの9V形アルカリ電池(エボルタも含む)は“6LR61”タイプとなっており、端子構造も大きく異なっています。端子部分のプラスチック?が赤色(エボルタは黒色)になっており、マイナス極の端子にショート防止の絶縁リングが嵌っているのが大きな特徴です。おまけにタイ製であればそれは9割方6LR61です。
よく見てみると、外装缶の縁、6LF22の方が雑ですね。

もういっちょ、今度は同じく海外でOEM向けとして出回ったとみられるベルギー製の“6LR61XWA”と比較してみました。こちらは一時期日本のショッピングサイトでも入手可能でした。
こちらは同じOEM向けの電池なので瓜二つです。型番が違うだけで注意書きや表記も同様なので、間違い探しレベルの域に達していますね。製造国の違いからか、色合いが若干異なっているものの素人目から見た限りでは同じ電池にしか見えないでしょう。

★関連記事
6LR61と6LF22の違いについて
→本記事で“6LR61”タイプとか“6LF22”タイプとかなんぞや?と思った方はこちらの記事を参考にしてみてください。

Rocket(R) HEAVY DUTY SIZE D R20 UM-1 【日本語版】

2018年初のブログはロケットの古いマンガン電池を紹介します。ロケット(ロケット電気)は韓国の電池メーカーで、1981年に日本進出しましたが2016年に突然ホームページが削除され現在は消息不明となっています。
背景に白色灰色のツートンカラーを採用した電池で…、ってこれ何処かで見たことがある?そうです。これは以前紹介したマンガン電池と同じデザインなんです。でも、タイトルには「【日本語版】」って入ってますよね。

どこが日本語版かと言うと…、普通なら“Rocket”とロゴが入っている一部に大きくカタカナで“ロケット”の文字が個性的な字体でドーンと。このロゴ、日本語をよく知らない方がデザインしたような感じでちょっと不気味に見られますね。一度見たら夢に出てきそうです…。
筆者がこのロゴの電池を小学生時代に初めて見た時は家電量販店のロケットが販売していた電池と思い込んでいました。

日本語なのはロゴだけでは無く、注意書きも日本語のみとなっています。以前紹介した同柄の英語版?(以下、英語版)では英語のみの注意書きであったことから、この電池は日本で流通していた電池であることが伺えます。
英語版では3面ある“Rocket”のロゴですが、今回紹介している日本語版では3面のうち1面のロゴが“ロケット”のカタカナロゴになっています。

注意書きの全文は以下の通り。1980年後期の電池だからか、注意書きの文量は少なめです。

ご注意:充電式ではないので、充電すると
「えきもれ」「はそん」することがあります。
(+)(-)を正しく入れないと、はれつのきけんが
あります。

プラス極です。今回入手した個体は使用済みの電池のようで、プラス極の絶縁キャップが取り除かれていました。未使用状態は写真右のような赤い絶縁キャップが被さっており、使う時にはこのキャップを取り除きます。

 

 

電池の側面。社名表記は英語版も日本語版も全く同じ表記で、“ROCKET ELECTRIC CO., LTD. ”となっていて、両者とも“MADE IN KOREA”で韓国製となっています。極性表記が非常に小さい点も同じですね。

 

 

最後にマイナス極。ちょっとサビが出ていますが「88・11」と読み取れることから、1988年11月製造の電池と思われます。この電池は80年代もロケット電気が日本市場に参入していたことを示す、非常に資料価値の高い電池であると感じました。どういうルートで流通していた電池なのかが気になりますが…。

 

★関連記事
Rocket(R) HEAVY DUTY SIZE D R20 UM-1
→本記事で“英語版”と称しているRocket HEAVY DUTYマンガン電池の別バージョンを紹介した記事。

DAISO & HW アルカリ乾電池 単3形/単4形 5本

均一ショップ“ダイソー”に登場した新しいアルカリ電池です。一見、新型のアルカリ電池のように見えますが、シルバーボディが印象的だった“DAISO & HW”アルカリ電池のデザインリニューアルバージョンでデザインの全く異なる電池に生まれ変わりました。
デザイン的に個性的だった前モデルと比較すると、平凡的なデザインに回帰した印象は否めなく、見た目によってはビックカメラ+コジマのアルカリ電池に似ているような気もしますね。

パッケージです。前モデルは真っ白でシンプルなものでしたが、電池同様にパッケージも青をベースとしたパッケージに変わっています。パッケージはダイソーのアルカリ電池ですっかりお馴染みとなった、細長い5本入りの吊り下げパッケージ。前回の記事ではこのパッケージが主流になるかも、なんて書きましたが本当になってしまいましたよね。
なお、前モデルと同様に単3・単4共に5本パックでの展開。

こちらももうお馴染みですね。スマホなどで読み込むと注意書きのページへ飛べるQRコード。前モデルでは製造元のホームページ内に取扱説明書が置いてあることで話題になりましたが、今回はこのために設置したと思われるオリジナルのサイト上に置き場所が変更されています。リンク先は“http://www.yigeng.net/2wm/2wm.pdf”となっています(自サイトによるミラー)。
なお、使用推奨期限は前モデルと同様に7年となっています。

パッケージ裏です。注意書きは日本語と英語の2ヶ国語表記です。商品名は単3が「アルカリ電池No.18」、単4が「アルカリ電池No.19」となっておりこちらは前モデルと同じですが、型番は単3は前モデルと同じ「K-17-P60(T052)」となっているのに対し、何故か単4だけが「K-17-P80(T052)」に変わっていました。
しかし、バーコードは前モデルと全く同じコードで同一商品として扱われているようです。

パッケージをバラしてみました。こちらも前モデルと変わらずの2重シュリンクではなく、単一シュリンクとなっていました。それでも電池は正面を向いて並んでいますから、100円均一の電池だからと侮るなかれということですね。

 

 

電池の外観です。前述の通り、シルバーだった前モデルから一転、のカラーリングに変わっています。やっぱ、このデザインはビックカメラ+コジマの電池だろうと思うのですが…。
一方で注意書きは前モデルのやっつけ的な“MSゴシック”な注意書きが改善され、断然読みやすくなりました。前モデルはシルバーに黒文字で同化して読みにくかったですからね。社名表記は“(株)大創産業”、原産国は“MADE IN CHINA”で中国製です。

前モデルの“DAISO & HW”を比較してみました。これを見ると全く違う方向性でデザインチェンジされていることがわかります。前モデルの方がサイズが大きい数字で書かれていて分かりやすかったんですけどね…。
電池の使用推奨期限を見ると旧が「10-2023」で新が「10-2024」になっていますから、およそ1年でデザインチェンジされたことがわかりますね。

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は単3、単4共に「10-2024」の記載がありました。パッケージには使用推奨期限7年の記載がありましたから、それぞれ2017年10月製造の電池であると思われます。
使用推奨期限の表記下には「T-052」という、パッケージ記載同様の品番?が記されていました(ただし、パッケージ表記はハイフン無しのT052)。

外装ラベルを剥がしてみました。マイナス極側にインクによるロット番号の印字があったようですが、ラベル側に印字が転写していました。
上4ケタ(アルファベット)下4ケタ(数字)で分かれているという前モデルの印字とはまた異なる特徴で、単3が「上:BSBI 下:0714」、単4が「上:ASBI 下:1311」となっていました。

 

絶縁リングの拡大です。薄い緑の絶縁リングで、切り欠きを右に置いた状態上には数字が、下にはアルファベットもしくはアルファベット+数字が刻印されているのが特徴のようで、単3は上に“4”下に“G”の刻印が、単4は上に“40”下に“G1”の刻印がありました。こちらは前モデルと同様の特徴で、恐らく同一の製造元なのでは?と推測されます。なお、マイナス極のガス抜き穴は単3、単4共に2つ穴タイプでした。

QRコードから見れる注意書きをよく見ていると、使用推奨期限の項目で“DAISO & HW”のみだけではなく、何故かDAISO & HZ”の使用推奨期限も記載されていました。“DAISO & HW”は“DAISO & HZ”の後継モデルだったのではという話もあったりしますが、本当にそうだったのかもしれませんね。ただ、1つ疑問として残るのは“DAISO & HZ”にも5本パックはあったのにもかかわらず、それよりも古い6本パックのみの記載になっている点なのです。

★関連記事
DAISO & HW ALKALINE BATTERY PILA ALCALINA アルカリ乾電池 単3形/単4形 5本
→本記事の前モデルに当たるアルカリ電池を紹介した記事。

玩研チェーン UM-1(M) 1.5V

今回はロボットの絵がコミカルでレトロな“玩研チェーン”のマンガン電池を紹介します。玩研チェーンは“日本トイズサービス”が1968年5月に玩具小売店100店舗で設立した組織らしく、この電池はその加盟店が販売していたプライベートブランドの電池であると推測されます。
絵柄からしておもちゃ向きの電池が一目ですね。電池下部には“TIGHT-SEAL”という表記が。これは「密封」という意味だそうで、乾電池的には完全外装と言った所かな?

電池の側面です。年代が年代なのか、注意書きの表記は一切ありません。Gをベースにした玩研チェーンのロゴマークと“玩研チェーン”の記載のみです。価格は40円
JISマークがあり、表記は「C8501 F.D.K.」となっているため、富士電気化学(現・FDK)製であると推測されます。現在ではこの略号通りの社名となっているFDKですが、社名変更以前も電池の略号以外に一部の電子部品で使用されていた事もあります。

プラス・マイナス側です。プラス側は赤いのが特徴で、外装は金属外装。マイナス極底板の刻印は「121」となっていて、玩研チェーンの創立時期から考えると1971年12月製造の電池でしょうか。とにかくレトロな電池であることは伺えます。
原産国は“MADE IN JAPAN”となっていて日本製になっています。とにかく、シンプルで注意書きも電池の種類も書かれていない電池なのでした。

コレクションを漁ってたら出てきましたよ。玩研チェーンと同じ特徴を持ったノーベルのマンガン電池が(LONG LIFE)。ノーベルの方は「77-04」という刻印で玩研チェーンよりも年代が新しいものです。比べてみると“N102”という品番が一致しているので、もしかしたら同一品なのかもしれません。