カテゴリー別アーカイブ: プライベートブランド品

スーパーやコンビニなど、自社ブランドの電池であるプライベートブランドの乾電池を扱うカテゴリです。

NAFCO アルカリ乾電池 3 / 4 LR6(NF)/LR03(NF)

ホームセンター“ナフコ”に登場した新顔のアルカリ電池です。
いままでナフコでは低価格のアルカリ電池として、FDKからのOEMである“Hi-Power ALKALiNe”というブランド?の電池が存在していました。これは事実上“Hi-Power ALKALiNe”の後継となる低価格アルカリ電池でOEM先が三菱電機ホーム機器に変更されています。価格は単3・単4の4本パックが税抜100円で従来とほぼ同じとなっています。


パッケージです。何か電池の不揃いさが目立つパッケージですね…。今回購入したのは単3と単4の4本パックですが、他に20本パックも用意されています。これは従来の“Hi-Power ALKALiNe”でも存在したラインナップです。
パッケージ裏のラベルでは特に三菱電機のロゴなどは見られず、“NAFCO”ロゴのみとなっています。典型的なプライベートブランドの電池ですね。ただし、バーコードの事業者名は“三菱電機(4902901)”となっています。4本シュリンクパックの型番は単3が“LR6NF/4S”、単4が“LR03NF/4S”となっていました。

電池の外観です。全身青のデザインが目立ちますね。誤挿入防止のものとみられる金の帯がマイナス側に見られます。従来の“Hi-Power ALKALiNe”では社名表記だけだったナフコの表記ですが、こちらは大きく“NAFCO”のロゴが配されています。
その代りに社名表記は“三菱電機ホーム機器株式会社”のみ。200px-Mitsubishi_logoマークはありません。原産国は“MADE IN CHINA”で中国製となっています。

プラス・マイナス側です。絶縁リングは無いタイプとなっていました。使用推奨期限は単3、単4共に「01-2024」となっています。時期的に5年期限の2019年1月製造の電池であると推測されます。
三菱電機ホーム機器販売の4本100円アルカリ電池なので、位置付け的には最近ダイソーで売られた“Hシリーズ”や多くの100円均一で見られる“Rシリーズ”などと同等性能だと思われます。

外装ラベルを剥がしてみました。もうお馴染みになりつつある、三菱系中国製アルカリ電池で見られるアルファベット1文字で始まる8ケタのロット番号印字がありました。
単3には“C2911818”の、単4には“B0412819”の印字が見られます。

 

最後に絶縁リングがないこの電池、代わりにマイナス極の拡大です。マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプ。また、マイナス極・底板の中心には小さい丸印が見えます。これもまた三菱系中国製のアルカリ電池で多く見られる特徴の一つであります。

 

★関連記事
Hi-Power ALKALiNe アルカリ乾電池
→当電池の前身に当たる、ナフコプライベートブランドなアルカリ電池を紹介した記事。ブログ開設当時の記事なので恐ろしく分量は短めですね…。この頃(2013年)はFDK供給のインドネシア製だった様子です。

Hi-Power ALKALiNe アルカリ乾電池 その2
→同じく当電池の前身に当たるアルカリ電池を紹介した記事(2回目)。インドネシア製に加えて日本製のものが加わったことを紹介した記事です。この後は概ね日本製で落ち着いていた様子だったのですが…。

ELSONIC 長持ち大電流 アルカリ乾電池 AV機器ラジオなどに最適 単3形/単4形 EG-T3-AV / EG-T4-AV

家電量販店“ノジマ”のELSONICブランドで発売されているアルカリ電池です。前回の記事とは大分間が空いてしまいましたが、これは同じELSONICブランドで発売されている『家電製品に最適』の姉妹品であり、こちらは『AV機器ラジオなどに最適』というキャッチコピーとなっています。
家電製品に最適』では“”と“”のデザインであったのに対し、この『AV機器ラジオなどに最適』では“”と“”のデザインです。


パッケージです。デザイン自体は『家電製品に最適』と同じものであり、電池と同じくのツートンデザインとなっています。ちなみにこちらは『AV機器ラジオなどに最適』とあり、パッケージ裏にも記載されています。また裏面の用途では「CDプレーヤー、ラジオやリモコンに」とあります。『家電製品に最適』でもエアコンや照明器具のリモコン用途を薦めていたことから、両者とも同じ性能なのでは?と、どうも疑わしい電池ですね。
型番は単3・4本ブリスターパックが“EG-T3P04-AV”、単4・4本ブリスターパックが“EG-T4P04-AV”となっています。社名表記は“株式会社ノジマ”で、バーコードは独自のバーコードを使用しており(つまりはJANコードでは無い)、事業者名の追跡はできません。

電池の外観です。デザインはやはり『家電製品に最適』と同じでカラーリング違い。のツートンデザインで、誤挿入防止の為か緑のラインがプラス極側に設けられているのがポイントとなっていますね。
電池にはやはり種類が記載されておらず、アルカリ電池なのかマンガン電池なのか、素人目では全くわかりません。パッケージには大きく記載してあるのにね。

注意書きが写真右側の緑色な部分に集中して記載されています。ここの部分のデザインは『家電製品に最適』と同じなので、こちらの記事も併せて読むといい感じです。
生産国の表記はノジマの電池独特な“Designed by Nojima in Japan. manufactured in China”という、なんとも遠回しな表記。要は日本のノジマがデザインして製造は中国だよ、という表記なのですが非常に紛らわしいです。この件でノジマにクレームは付けられないのでしょうか?この表記を見るたびに疑問に思います。

プラス・マイナス側です。マイナス極の絶縁リングは「」。使用推奨期限はプラス極側に印字されていて、単3は「11-2023」で単4は「08-2023」となっていました。
パッケージに使用推奨期限の記載はありませんでしたが、時期的に5年期限と推測し、それぞれ2018年11月、8月製造の電池であると思われます。

 

外装ラベルを剥がしてみました。単3には“EEMH 11 310950”の、単4には“IESH 03 152131”のロット番号らしきレーザー刻印が見られました。
このロット番号はカラーリング違いの『家電製品に最適』でも見られた特徴で、上アルファベット+数字6ケタ下数字6ケタのパターンはGP?製のアルカリ電池でよく見られるタイプです。

最後に絶縁リングの拡大です。薄緑色の絶縁リングで、単3は切り欠きを下に置いた状態で上に「3-36」と刻印があるタイプ、単4は切り欠きを右にした状態で上に「24」下に「G」の刻印があるタイプとなっていました。
なお、マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプとなっています。

 

★関連記事
ELSONIC 長持ち大電流 アルカリ乾電池 家電製品に最適 単3形/単4形 EG-T3-HA / EG-T4-HA
→当電池の姉妹品に当たるアルカリ電池を紹介した記事。違いはカラーリングが違うのみで『家電製品に最適』と用途を差別化している。その割に両者ともリモコン向けを謳っていたりと、実際に性能の違いがあるかは不明。

ELSONIC 長持ち大電流 アルカリ乾電池 家電製品に最適 単3形/単4形 EG-T3-HA / EG-T4-HA

家電量販店“ノジマ”で販売されているアルカリ電池。『家電製品に最適』というウリで販売されているアルカリ電池で“”と“”のツートンデザインが特徴的です。他にも姉妹品としてAV機器ラジオなどに最適』と称されるバージョンも販売されており、こちらは“”と“”のツートンデザインとなっています。
用途は違っているものの、両者とも“長持ち大電流”をキャッチコピーとしており、各用途向けに最適化されているかどうかは不明です。


パッケージ。ノジマのプライベートブランドである“ELSONIC”ブランドのアルカリ電池です。電池と同じ、のツートンデザインのパッケージは遠くでも目立ちますね。パッケージの裏にも表にも『家電製品に最適』とあり、裏面には「エアコン、照明器具のリモコンに」と記載してあります。あまり容量が無いアルカリ電池なのでしょうか…。
型番は単3・4本ブリスターパックが“EG-T3P04-HA”、単4・4本ブリスターパックが“EG-T4P04-HA”となっています。社名表記は“株式会社ノジマ”で、バーコードは独自のバーコードを使用しており(つまりJANコードでは無い)、事業者名の追跡はできませんでした。

電池の外観です。この電池で特徴的な点は電池の種類が書かれていないという点です。ですから、この電池は素人から見たらマンガンなのかアルカリなのか分からないでしょう。ワタシたち、電池コレクターはアルカリ電池がひと目ですが…。
電池のデザインがのツートンデザインなのは前述の通りですが、誤挿入防止の為と見られる赤いラインがプラス極側に入っています。

注意書きは写真右側の赤い部分に集中して記載されています。同じような構成の注意書きとして、以前当ブログで紹介したトイザらスのアルカリ電池でも見られましたが、こちらが住所や会社名までが徹底して注意書きと同じ部分に記載されていたのに対して、このELSONICでは白い部分に社名である“株式会社ノジマ”、住所に至ってはツートンカラーに跨って記載されています。
生産国の表記はノジマの電池独特な“Designed by Nojima in Japan. manufactured in China”という非常に分かりにくく、紛らわしい表記。要は中国製ですw。デザインは日本のノジマが担当していると書いてあります。電池本体の型番は単3が“EG-T3-HA”で単4が“EG-T4-HA”です。

プラス・マイナス側です。マイナス極の絶縁リングは「」。使用推奨期限はプラス極側に記載してあり、単3が「11-2023」で単4が「08-2023」となっていました。
パッケージには使用推奨期限の記載はありませんが、5年期限のそれぞれ2018年11月、8月製造の電池であると推測されます。

 

外装ラベルを剥がしてみました。単3には“EEMH 03 311738”の、単4には“IESH 11 152021”のロット番号らしきレーザー刻印が見られました。
ロット番号は上アルファベット+数字6ケタ下数字6ケタのパターン。GP製?のアルカリ電池でよく見られるタイプです。

 

最後に絶縁リングの拡大です。薄緑色の絶縁リングで、単3は切り欠きを下にした状態で上に「3-21」と刻印があるタイプ、単4は切り欠きを右にした状態で上に「37」下に「G」の刻印があるタイプとなっています。
この特徴は以前当ブログで紹介した、同じELSONICブランドのハイグレードアルカリと同じタイプで製造元が同じだったりするのでしょうか…。

なお、マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプとなっていました。

HERB Relax +PLUS アルカリ乾電池 単3形/単4形 YMD-LR6P/4B / YMD-LR03P/4B

今回は大手家電量販店“ヤマダ電機”で販売されているプライベートブランド“HERB Relax(ハーブリラックス)”シリーズのハイグレードアルカリ電池“HERB Relax +PLUS”を紹介します。
ノーマルグレードの“HERB Relax”アルカリ電池が白いボディだったのに対して、“HERB Relax +PLUS”はグリーンメタリックというなんとも対称的でカッコいいデザインが採用されています。

 

パッケージです。電池のデザインと同様にをモチーフにしたデザイン。キャッチコピーは『ハイパワーが必要な機器に!』で、ハイグレードモデルのアルカリ電池であることを訴求しています。『10年保存可能』も大きく目立っています。
型番は単3・4個ブリスターパックが“YMD-LR6P/4B”、単4・4個ブリスターパックが“YMD-LR03P/4B”となっていました。

 

パッケージ裏。こちら側にキャッチコピーが集約されている点はノーマルグレードと同じですね。上部には『ハーブリラックス+PLUSアルカリ電池は先進の高性能!』と記載されています。ちなみにノーマルグレードでは『充実性能!』となっていました。
その下には「よりパワフルに使える!」「長く使える!」「10年保存可能!」で『様々な機器で優れた性能を発揮!』というウリとなっています。

社名表記は“株式会社 ヤマダ電機”ですが、バーコードの事業者名は同社ではなく“株式会社 OPTILED LIGHTING(456237144)”というLED照明やLED蛍光灯を販売する企業のコードとなっていました。ノーマルグレードではヤマダ電機となっていたのですが、何故ハイグレードで事業者名が違っているのは不明です。もしかしたら、電池の輸入に関わっているのかもしれませんね。

電池の外観です。冒頭に書きました通り、グリーンメタリックが混ざったデザインはノーマルグレードの白と比べるととてもカッコよくて、ハイグレード感が出ていると思います。
注意書きはノーマルグレードの“HERB Relax”アルカリ電池と同様。黒地に白文字なのでノーマルグレードに比べると読みやすくなっていますね。社名表記は“株式会社 ヤマダ電機”。生産国は“Made in China”で中国製です。

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。
この電池は今まで見られなかった珍しい構造となっています。まず、プラス極には突起の周りにある段差が見られず滑らかとなっているほか、写真では見にくいかもしれませんが、マイナス極では底板の縁に筋が入っています
いつも同じような電池の構造でうんざりしているので、変わった構造の電池を見るとウキウキします(変態

使用推奨期限は単3、単4共に「10-2028」となっており、パッケージには“10年保存可能!”とあったことから、それぞれ2018年10月製造の電池であると思われます。ヤマダ電機の通販サイト“ヤマダウェブコム”では2018年10月中旬発売となっていたので、初期ロットかもしれません。

外装ラベルを剥がしてみました。単3には“CENP 01 231013-R”の、単4には“MENP11 062235”というロット番号らしきレーザー刻印が見られました。
単3の方は初めて見るパターンのロット番号です。一方、単4の方は上6ケタ、下6ケタタイプ。GP製のアルカリ電池でよく見られるパターンです。

 

絶縁リングの拡大です。薄緑色の絶縁リングで、切り欠きを下に置いた状態で上に数字のみが刻印されたタイプです。単3には「2-10」、単4には「39」の刻印が見られました。この特徴はノーマルグレードと同じです。やっぱりGP製でしょうか。
マイナス極のガス抜き穴はこれまた珍しい、3つ穴タイプでした。今回の電池は珍しい尽くしでした。たまにはこんな電池も無いと飽きますよね…。

★関連記事
HERB Relax アルカリ乾電池 単3形/単4形 YMD-LR6/4B / YMD-LR03/4B
→当電池のノーマルグレードに当たる“HERB Relax”ブランドのアルカリ電池を紹介した記事。眩しいほどに白いデザインが特徴。

【くらしリズム】Panasonic アルカリ乾電池 Alkaline ベーシック 単3形/単4形 LR6(BJTR) / LR03(BJTR)

主にツルハドラッグくすりの福太郎など、ツルハグループに属されるドラッグストアで発売されているパナソニックブランドのアルカリ電池です。
パッケージにはツルハグループの新PBである“くらしリズム”のロゴがありますが、電池そのものは“Panasonic”ブランドを用いたオリジナルデザインのものとなっています。パナソニックが自社ブランドで他社PBを供給した例はあまり無く、極めて珍しい電池であります。

パッケージです。単3、単4各10本パックで単3が“LR6BJTR/10S”、単4が“LR03BJTR/10S”という型番となっています。電池のデザインはパナソニックのエントリーモデルアルカリ電池であるBJシリーズと同じものですが、パッケージもBJシリーズのものとほぼ同様のものになっています。
全体的に“Panasonic”が大きく目立ちますが、“アルカリ乾電池”表記横には小さく“くらしリズム”のロゴが見えます。

生産国は“タイ製”。パナソニックのアルカリ電池ではパッケージに生産国の記載が無いものは「日本製」、その他の生産国に関してはパッケージに記載されている、という他の電池メーカーと比べると変わった表記です。
バーコードの事業者名は“パナソニック(4549980)”となっていました。

パッケージをバラしてみました。これはパナソニックの多本パックアルカリ電池ではおなじみですね。4本パック×22本パック×1で10本が構成されています。
この小分けパックは個人的には嬉しい配慮で、1本だけバラしただけでも全部バラけてしまうよりかはシュリンク単位で保管しておくほうが精神的にも気持ちいいです。多本パックの電池って、一気に使い切る方が稀ですしね。

ちなみに“くらしリズム”はツルハグループが2018年11月より展開しているブランド名で、かつて用いられていた“M’s one(エムズワン)”の後継に当たるブランドとして展開されているようです。ただし、一気に切り替わるのでは無く、段階的に切り替わっていくようです。
この電池は“くらしリズム”ブランドで目玉商品の一つであるようで、ニュースリリースでは新商品の一例として『信頼のパナソニック製お買い得アルカリ乾電池』として紹介されています。

電池の外観です。金色をベースとしたデザインに水色のラインと帯が印象的な電池です。金色と言ってもゴールド系の色ではなくて、黄色味がかっている色です。なので第一印象は黄色いと見える色かもしれません。
型番は単3が“LR6(BJTR)”、単4が“LR03(BJTR)”となっています。BJシリーズのツルハ版(TsuRuha)という意味でしょうか?社名表記は“パナソニック株式会社”となっています。

ネタ元のBJシリーズと比較してみました。下2本がBJシリーズでデザインや注意書きなど配置まで全く同じです。違うのはカラーリングのみ。ただ、BJシリーズのシルバー部分がくらしリズム(仮)では金色となっているので見た目的にはこちらの方が高級に見えそうなデザインです。
使用推奨期限はどちらとも5年でありますので、“アルカリβ”かそれに近い位置付けのエントリーモデルと推測されます。

プラス・マイナス側。マイナス極の絶縁リングは無いタイプです。かつて、パナソニックの単3アルカリ電池はマイナス極のミゾに絶縁用の樹脂(紫外線硬化樹脂)を流し込んでいましたが、現・タイ製の単3アルカリ電池では省略されています。
使用推奨期限は単3が「01-2024」、単4が「12-2023」となっていました。パッケージには5年期限の記載がありましたのでそれぞれ2019年1月、2018年12月製の電池であると思われます。

外装ラベルを剥がしてみました。単4には“1511181 01:12”のロット番号らしき印字がありましたが、単3の方は不安定でいくつか印字が欠けているロットもありました。何本か剥がした結果“251118 1523”なのではという結論に至りました。物によってはロット番号頭の25や15しか見えない個体もあって、ここまで印字にバラツキがあるものは始めて見ました。このクオリティーがタイ製?

最後にマイナス極の拡大です。前述の通り、タイ製の単3アルカリ電池では紫外線硬化樹脂が省略されています。その代りに、マイナス極外周に樹脂が塗布されている構造に変更されていて、これは現在の「パナソニックアルカリ乾電池」でも同じ特徴です。
マイナス極のガス抜き穴は単3は4つ穴タイプで単4は2つ穴タイプとなっています。

★関連記事
Panasonic アルカリ乾電池 Alkaline 単3形/単4形 LR6BJ / LR03BJ
→当電池の元ネタと見られるパナソニックのエントリーモデルアルカリ電池を紹介した記事。現在でもヨークマートなど一部店舗で入手できる模様。値札上では当電池と同じ「アルカリベーシック」となっている様子。

Yodobashi long life アルカリ乾電池 単3形/単4形

ヨドバシカメラ”に登場したプライベートブランドのアルカリ電池です。ヨドバシカメラのアルカリ電池であるものの、電池本体にヨドバシカメラのロゴなどは一切無いのが特徴。
電池のカラーは金色では無く、どちらかと言うと銅色(カッパー)に近い色です。その上に配された赤い帯が目立つデザインとなっている電池となっています。ヨドバシカメラ全店舗で力を入れている電池のようで、どこの店舗に行っても大量に陳列されています。

パッケージです。キャッチコピーは「安心の高品質」で、“液漏れ防止”・“水銀0(ゼロ)使用”・“ロングライフ”・“高性能”の4つの特徴が掲げられています。この特徴の書かれ方は富士通プレミアムタイプのパッケージとそっくりです。ブリスターパックの取り出し方も似ていて、意識している??
また、パッケージ右上にはヨドバシカメラのロゴが見られますが、電池本体には無いのでこれっきりです。

続いてパッケージ裏。ここで不自然なのは注意書きの字体(フォント)です。恐らく日本語フォントでは無いものが用いられているようで全体的におかしく、“所”や“与”と言った漢字が変な他、『電池をの飲み込んだ場合』など誤字も見られます。最近の電池でここまで酷いのも珍しいですね。
企画販売元は“ハート電機サービス株式会社”、バーコードの事業者名も同社のものとなっています(458966013)

電池の外観です。前述の通り、銅色(カッパー)をベースとしたデザインに赤い帯が印象的な電池です。電池本体の注意書きはパッケージに比べると、やっつけ電池定番の“MSゴシック”が使用されているので幾分かマシです。しかも誤字もありません。
販売元はパッケージと同様の“ハート電機サービス株式会社”で、生産は中国製。まぁ、そうですよね。

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。マイナス極を触ってみるとわかりますが、マイナス極の突起が一般的な電池よりも若干突き出ているみたいです。指で触るとちょっと引っかかる感じがしました。
使用推奨期限は単3、単4共に「06-2022」。パッケージ裏には“使用推奨期間5年”の記載がありましたので、それぞれ2017年6月製造の電池であると思われます。

外装ラベルを剥がしてみました。レーザー刻印らしき印字で4文字3列のロット番号が単3には電池真中付近に、単4はプラス側付近に印字されていました。それぞれ単3には“上:DF 03 中:11 58 下:B3 D1”の、単4には“上:DE 24 中:12 06 下:A2 D1”の刻印がありました。
また、マイナス極下部に筋が入っているのも一般的なアルカリ電池では見られない構造です。

絶縁リングの拡大です。薄緑色の絶縁リングで、切り欠きを下に置いた状態上に数字右にアルファベット+数字が刻印されているタイプです。単3は上「24」右「G4」の、単4は上「14」右「G5」の刻印がありました。
マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプでしたが、穴がマイナス極の突起にまで達している珍しいものでした。

 

これらの構造を総合して見ると、初めて見る構造やパターンだったので、もしかしたら今まで日本に入って来なかった電池メーカーの製品なのかもしれません。

Classic Pro ALKALINE BATTERY 1/2/3/4/6P

今回は業務用音響機器や楽器などを販売していることで知られる“サウンドハウス”オリジナルの“Classic Pro”アルカリ電池を紹介します。“Classic Pro”はサウンドハウスが展開するプライベートブランドの一つで、オリジナルのケーブルやマイク、ヘッドホンなど多くの業務用音響機器を展開しています。
デザインはグレー黄緑のツートンカラーというアルカリ電池には珍しく、とてもシンプルなものです。

パッケージです。事実上、店頭には並ばず通販専用の電池のため包装はシュリンクパックのみの展開でパッケージも簡素。ラベルも商品管理に使われると思われるものが貼られているのみで、バーコードはJANコードはありません。単3と単4は10本パック単1と単2は4本パックで発売しています。6P(9V)形は1本単位での購入が可能でありますが、最安値を維持するためできるだけ4個以上の購入を勧めています。

電池の外観。まずは単3単4です。とにかく、シンプルに徹している印象を受けるデザインです。注意書きは英語のみで日本語表記は無し。社名表記も“Product of SOUND HOUSE”とサウンドハウスのURLの記載があるのみです。ここまで潔いと帰って気持ちいいですね。近年発売の電池で久しぶりにここまですっきりとした注意書きを見たような気がします。
生産国は“MADE IN CHINA”で中国製

次は単1単2です。こちらも単3と単4と同じようなデザイン。形名も単1だったら「1」、単2だったら「2」と表記があるのみです。注意書きは英語なのに形名は日本由来なのが謎です。D」とか「C」のどうせならアメリカ由来の形名表記も欲しかった所ですね。
ちなみに単1には謎のシミが見られました(写真左下)。外観上は液漏れもしていないようですが…、なんだろう?

おまけで6P(9V)形です。6P形のみはアルカリ電池だけではなく、マンガン電池も用意されています。さすがエフェクターも扱っている楽器屋さんならではですね。マンガン電池はグレーのツートンカラーとなっています。
こちらも注意書きや社名表記は単1~単4までに準じていますが、6P形では注意書きの横に「CP」をモチーフとした“Classic Pro”ロゴマークの表記があります。

プラス・マイナス側です。こちらも単3単4から。マイナス極の絶縁リングは無いタイプです。使用推奨期限は単3、単4共に「08-2022」となっていました。サウンドハウスのサイトにも使用推奨期限に関する記載が無いため、正確な期限は不明ですが、5年期限の2017年8月製造の電池であると推測されます。
使用推奨期限の印字はグレーで薄い刻印となっていて大分読みづらい印象を受けました。

続いては単1単2です。マイナス極の底板は「◎」のタイプです。こちらの使用推奨期限は単1、単2それぞれ「06-2019」。今年の6月で期限が切れてしまいます。こちらは2年期限の2017年6月製造の電池でしょうか?
上記単3、単4と同時購入したのですが、両者使用推奨期限があまりにも離れすぎていますね。長期在庫過ぎたのか期限が本当に短かったのかは謎です…。

単3と単4の外装ラベルを剥がしてみました。ロット番号の刻印や印字などの記載は見られません。ラベルは非常にスムーズに剥がせた印象があり、のりも残らずすっきり剥がせたのがかなり印象的でした。

 

 

最後は単3と単4のマイナス極の拡大です。マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプ。マイナス極底板はどこかで見たような気もしますが、単3はザラザラ気味なのに対して、単4はツルツルに見えますね。

matsukiyo アルカリ乾電池 単3形/単4形

今回はドラッグストア“マツモトキヨシ”で販売されているプライベートブランド“matsukiyo”のアルカリ電池を紹介します。
電池表面には「used? □YES」という謎の文字列が記載されています。こういう名前のブランドなの?と思われるかもしれませんが、電池を使い終わったときに「□」にチェックを入れれば使用済み電池を判別することが出来るというユニークな機能を持った電池なのです。真の機能性電池と言えるかもしれないですね。

パッケージです。電池本体はユニークでもパッケージに関しては一般的なパッケージと同じような感じです。ブランド名である“matsukiyo”はパッケージのみで電池本体の記載はありません。そこまでしてまで電池の使用済み判定に命を賭ける…、男らしい電池と言えるのではないでしょうか。このことはパッケージにも『使用済み電池が一目でわかるチェックボックス付き』との記載がありますが、表記がちょっと小さいので気づきづらいかもしれません。
単3・4本パックの型番が“LR6MK/4S”、単4・4本パックの型番が“LR03MK/4S”となっています。他にも単3と単4には10本パックも売られていました。バーコードの事業者名は“アイリスオーヤマ(4967576)”となっていました。供給はアイリスオーヤマが行っているようです。

電池の外観です。写真ではわかりにくいかもしれませんが、単3と単4ではカラーが違います。単3はブルーメタリックのような色で、単4は青竹色がメタリックになっているような色になっています。なお、単1と単2は紫系の配色が使われていました。
社名表記は“アイリスオーヤマ株式会社”。問い合わせ先も同社のアイリスコールとなっています。生産国は“MADE IN CHINA”で中国製です。

注意書きの下部には「※この商品は(株)マツモトキヨシホールディングスのオリジナル商品です。」との記載があり、これがマツモトキヨシのプライベートブランドであることが伺える唯一の点です。

プラス・マイナス側。絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は単3、単4共に「09_2023」となっていました。パッケージには“5年保存可能”との記載がありましたので、それぞれ5年期限の2018年9月製造の電池であると推測されます。
現行アイリスオーヤマのアルカリ電池はビッグキャパα、PRIME共に単3、単4は10年期限となっていますから、それより前、旧・ビッグキャパ相当の電池かもしれません。

外装ラベルを剥がしてみました。ロット番号は上4ケタ(アルファベット)・下4ケタ(数字)で分かれて印字されているタイプで単3が「上:ASCG 下:0303」、単4が「上:ASCH 下:2805」となっていました。これは均一ショップ“ダイソー”で販売されている“DAISO & HW アルカリ乾電池”とそのシリーズと同じタイプのロット番号です。もしかしてこの電池はHENGWEI製なのかもしれない…。

最後に絶縁リングの拡大です。薄い緑の絶縁リングで、切り欠きを右に置いた状態で上には数字が、下にはアルファベットもしくはアルファベット+数字が刻印されているタイプ。
単3は上“12”下“G”の刻印が、単4は上“8”下“G1”の刻印がありました。こちらも“DAISO & HW アルカリ乾電池”と同じタイプです。なお、マイナス極のガス抜き穴は単3、単4共に一般的な2つ穴タイプでありました。

★関連記事
マツモトキヨシ アルカリ乾電池
→かつてマツモトキヨシで売られていたプライベートブランドのアルカリ電池を紹介した記事。この頃はオーム電機のからのOEM供給であった。

maxell アルカリ乾電池 単3形/単4形 LR6(GD) / LR03(GD)
→この記事はマクセルの低価格アルカリ電池「GDシリーズ」を紹介し、同電池が以前のものと構造が変わったことを報じたものだが、実はこの記事で紹介した電池はマツモトキヨシで売られていたもの。こちらも現在販売終了。

SmartAngel 単3形/単4形 アルカリ乾電池

2019年最初の電池コレクションブログはベビー用品店“西松屋”を展開する西松屋チェーンのPBブランド“SmartAngel”のアルカリ電池を紹介します。
西松屋のアルカリ電池は当ブログでもかつて紹介したことがあります拳で稲妻を握っている絵シブいデザインが特徴だった電池だったのですが、今回リニューアルされたこの電池では白いありがちなデザインのアルカリ電池となっています。

単3と単4の8本入りパッケージです。こちらもとてもシンプルなパッケージデザインでキャッチコピーなどはありません。旧デザインのアルカリ電池は10本入り税込・199円だったのですが、こちらは8本入りで同じ値段となっており実質の値上げとなっています。

 

続いてパッケージ裏です。輸入販売元は“株式会社西松屋チェーン”となっており、「60℃以上の高温で放置しない」という他の電池ではあまり見られない注意書きが特徴的です。
バーコードの事業者名は“西松屋チェーン(456213092)”となっています。旧デザインの電池では何故か西松屋チェーンとは無関係と思われる淡水パールの卸売を行っている企業になっていました。

いざ、パッケージを開封!
8本入りパックでは2重シュリンクになっていて、台紙の下に電池が更にシュリンクされていました。台紙はこのシュリンクに接着されています。

 

 

電池の外観です。黒と赤が印象的だった旧デザインの電池に対し、こちらは真っ白。対照的なデザインです。白いデザインに赤い“アルカリ乾電池”という表記はとても目立ちますね。
輸入販売元はパッケージと同じく“株式会社西松屋チェーン”。大きく記載された問い合わせ先のフリーダイヤル、禁止事項が箇条書きになっている特徴的な注意書きは旧デザインのアルカリ電池と同様です。生産国はMADE IN CHINA中国製

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は単3、単4共に「06-2023」となっていました。パッケージに記載はありませんが、5年期限の2018年6月製造の電池であると推測されます。

 

 

外装ラベルを剥がしてみました。単3には「KETH18 181634」の、単4には「IEWH 05 191327」のレーザー刻印らしき印字が見られました。これは西松屋旧デザインのアルカリ電池と同じパターンの刻印であり、製造元は変わっていないと推測できます。このパターンの刻印を使ったアルカリ電池として、ヤマダ電機のHERB Relax アルカリ乾電池や最近だと磁気研究所HIDISCブランドのアルカリ電池でも見られました。

最後に絶縁リングの拡大です。薄緑の絶縁リングで、単3は切り欠きを下に置いた状態で上に「29」の刻印、単4は切り欠きを右に置いた状態で上に「13」下に「G」と全く異なったパターンとなっていました。本体のロット番号からはGP製と推測できそうではありますが、謎です。
なお、マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプとなっていました。

★関連記事
SmartAngel アルカリ乾電池 単3形/単4形
→旧デザインに当たる、西松屋チェーンのアルカリ電池を紹介した記事。ベビー用品店らしからぬ稲妻を拳で握っている変わった絵やシブいデザインが特徴的だった。

7PREMIUM Lifestyle アルカリ乾電池 単3/単4

今回はセブン-イレブンイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループの店舗で発売されている、プライベートブランド“セブンプレミアム ライフスタイル”のアルカリ電池を紹介します。
セブンプレミアム ライフスタイルはセブンプレミアムブランド誕生10周年を機に住居関連および衣料品を扱うブランドとしてセブンプレミアムブランドから分割されたもので、「暮らしを豊かにするブランド」をキャッチコピーとしています。

パッケージです。今回はイトーヨーカドーなどで出回っているブリスターパッケージのものを入手してみました。セブン-イレブンではシュリンクパックのみ販売なので見たことが無い方もいるかもしれません。パッケージの表は電池本体と同様の白いシンプルデザインです。
パッケージ裏には以下の特徴が記載されています。
●信頼の日本製
●水銀0(ゼロ)使用
●使用推奨期限10年 ※保存条件:JISに準拠
販売者は“富士通グループ FDK株式会社”となっていて、わざわざ社名に「富士通グループ」と記載しています。数あるFDK供給のアルカリ電池でもこの表記があるのはセブンプレミアムのアルカリ電池のみで確認しており、大手電池メーカーとしてこの業界で名高いFDKも一般消費者の間では依然知られていないことを示唆しているのでしょうか。ブリスター自体は富士通のアルカリ電池“Premium”などでお馴染みの“ワンプッシュ取り出しブリスター”を採用しています。
なお、バーコードの事業者名は“FDK(4976680)”となっていました。

電池の外観です。この電池は清々しい程真っ白いデザインが特徴。旧・セブンプレミアムのアルカリ電池で使用されていたシルバーデザインに比べ一気に様変わりしました。
販売者の記載はパッケージ同様に“富士通グループ FDK株式会社”、生産国も注意書きの文字よりも大きく“日本製”の記載があります。注意書きは誤字も無く普通。極性(プラス・マイナス)の表記が大きいのには好感が持てますね。

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。この特徴を持つ日本製とのことですから、FDK鷲津工場製であると推測されます。使用推奨期限は単3が「08-2028」、単4が「07-2028」と記載されていました。パッケージには“使用推奨期限10年”とありましたから、それぞれ2018年8月製、2018年7月製の電池であると思われます。

 

おまけ。こちらは単2です。単3と単4同様のシンプルデザイン。マイナス側にはFDK製の単1と単2アルカリ電池で見られる“逆装填防止機能”が見られます。マイナス極に見られる3点の突起がマイナス同士の通電を防止して逆装填を防ぐ機能です。この電池の使用推奨期限は「10-2027」。2016年10月製造のちょっと古い電池でした。

いつも通りの外装ラベル剥がしです。単4には印字などは見られませんでしたが、単3のみに「020818 16:29:01」という製造年月日と時刻らしき印字が見えます。製造時刻は普通の読みだと思いますが、製造年月は右から読んでいく変わった形式で印字されています。この例だと2018年8月2日に製造されたと読むのが正解であると思われます。

 

最後に絶縁リングの拡大です。濃い緑の絶縁リングで、リングの切り欠きを上にした状態で下に数字またはアルファベットと数字が刻印してあるタイプです。単3には「44」、単4には「M2」の刻印がありました。
マイナス極のガス抜き穴は単3、単4共に4つ穴のタイプとなっていました。こちらはFDK製の単3と単4アルカリ電池でお馴染みの構造となっています。

★関連記事
セブンプレミアムのアルカリ乾電池
→当ブログ開設初期の記事。初代と2代目のセブンプレミアムアルカリ電池(いずれも単4)を紹介している。表面の記載が英文という点で今回紹介したセブンプレミアム ライフスタイルの電池は2代目セブンプレミアムのアルカリ電池と似ている。

SEVEN&i PREMIUM アルカリ乾電池 LR6/LR03
→当記事で紹介したセブンプレミアム ライフスタイルのアルカリ電池の前世代に当たる、セブンプレミアムアルカリ電池の3代目を紹介。シルバーデザインのアルカリ電池は印象が全く異なっている。