カテゴリー別アーカイブ: プライベートブランド品

スーパーやコンビニなど、自社ブランドの電池であるプライベートブランドの乾電池を扱うカテゴリです。

Yodobashi long life アルカリ乾電池 単3形/単4形

ヨドバシカメラ”に登場したプライベートブランドのアルカリ電池です。ヨドバシカメラのアルカリ電池であるものの、電池本体にヨドバシカメラのロゴなどは一切無いのが特徴。
電池のカラーは金色では無く、どちらかと言うと銅色(カッパー)に近い色です。その上に配された赤い帯が目立つデザインとなっている電池となっています。ヨドバシカメラ全店舗で力を入れている電池のようで、どこの店舗に行っても大量に陳列されています。

パッケージです。キャッチコピーは「安心の高品質」で、“液漏れ防止”・“水銀0(ゼロ)使用”・“ロングライフ”・“高性能”の4つの特徴が掲げられています。この特徴の書かれ方は富士通プレミアムタイプのパッケージとそっくりです。ブリスターパックの取り出し方も似ていて、意識している??
また、パッケージ右上にはヨドバシカメラのロゴが見られますが、電池本体には無いのでこれっきりです。

続いてパッケージ裏。ここで不自然なのは注意書きの字体(フォント)です。恐らく日本語フォントでは無いものが用いられているようで全体的におかしく、“所”や“与”と言った漢字が変な他、『電池をの飲み込んだ場合』など誤字も見られます。最近の電池でここまで酷いのも珍しいですね。
企画販売元は“ハート電機サービス株式会社”、バーコードの事業者名も同社のものとなっています(458966013)

電池の外観です。前述の通り、銅色(カッパー)をベースとしたデザインに赤い帯が印象的な電池です。電池本体の注意書きはパッケージに比べると、やっつけ電池定番の“MSゴシック”が使用されているので幾分かマシです。しかも誤字もありません。
販売元はパッケージと同様の“ハート電機サービス株式会社”で、生産は中国製。まぁ、そうですよね。

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。マイナス極を触ってみるとわかりますが、マイナス極の突起が一般的な電池よりも若干突き出ているみたいです。指で触るとちょっと引っかかる感じがしました。
使用推奨期限は単3、単4共に「06-2022」。パッケージ裏には“使用推奨期間5年”の記載がありましたので、それぞれ2017年6月製造の電池であると思われます。

外装ラベルを剥がしてみました。レーザー刻印らしき印字で4文字3列のロット番号が単3には電池真中付近に、単4はプラス側付近に印字されていました。それぞれ単3には“上:DF 03 中:11 58 下:B3 D1”の、単4には“上:DE 24 中:12 06 下:A2 D1”の刻印がありました。
また、マイナス極下部に筋が入っているのも一般的なアルカリ電池では見られない構造です。

絶縁リングの拡大です。薄緑色の絶縁リングで、切り欠きを下に置いた状態上に数字右にアルファベット+数字が刻印されているタイプです。単3は上「24」右「G4」の、単4は上「14」右「G5」の刻印がありました。
マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプでしたが、穴がマイナス極の突起にまで達している珍しいものでした。

 

これらの構造を総合して見ると、初めて見る構造やパターンだったので、もしかしたら今まで日本に入って来なかった電池メーカーの製品なのかもしれません。

Classic Pro ALKALINE BATTERY 1/2/3/4/6P

今回は業務用音響機器や楽器などを販売していることで知られる“サウンドハウス”オリジナルの“Classic Pro”アルカリ電池を紹介します。“Classic Pro”はサウンドハウスが展開するプライベートブランドの一つで、オリジナルのケーブルやマイク、ヘッドホンなど多くの業務用音響機器を展開しています。
デザインはグレー黄緑のツートンカラーというアルカリ電池には珍しく、とてもシンプルなものです。

パッケージです。事実上、店頭には並ばず通販専用の電池のため包装はシュリンクパックのみの展開でパッケージも簡素。ラベルも商品管理に使われると思われるものが貼られているのみで、バーコードはJANコードはありません。単3と単4は10本パック単1と単2は4本パックで発売しています。6P(9V)形は1本単位での購入が可能でありますが、最安値を維持するためできるだけ4個以上の購入を勧めています。

電池の外観。まずは単3単4です。とにかく、シンプルに徹している印象を受けるデザインです。注意書きは英語のみで日本語表記は無し。社名表記も“Product of SOUND HOUSE”とサウンドハウスのURLの記載があるのみです。ここまで潔いと帰って気持ちいいですね。近年発売の電池で久しぶりにここまですっきりとした注意書きを見たような気がします。
生産国は“MADE IN CHINA”で中国製

次は単1単2です。こちらも単3と単4と同じようなデザイン。形名も単1だったら「1」、単2だったら「2」と表記があるのみです。注意書きは英語なのに形名は日本由来なのが謎です。D」とか「C」のどうせならアメリカ由来の形名表記も欲しかった所ですね。
ちなみに単1には謎のシミが見られました(写真左下)。外観上は液漏れもしていないようですが…、なんだろう?

おまけで6P(9V)形です。6P形のみはアルカリ電池だけではなく、マンガン電池も用意されています。さすがエフェクターも扱っている楽器屋さんならではですね。マンガン電池はグレーのツートンカラーとなっています。
こちらも注意書きや社名表記は単1~単4までに準じていますが、6P形では注意書きの横に「CP」をモチーフとした“Classic Pro”ロゴマークの表記があります。

プラス・マイナス側です。こちらも単3単4から。マイナス極の絶縁リングは無いタイプです。使用推奨期限は単3、単4共に「08-2022」となっていました。サウンドハウスのサイトにも使用推奨期限に関する記載が無いため、正確な期限は不明ですが、5年期限の2017年8月製造の電池であると推測されます。
使用推奨期限の印字はグレーで薄い刻印となっていて大分読みづらい印象を受けました。

続いては単1単2です。マイナス極の底板は「◎」のタイプです。こちらの使用推奨期限は単1、単2それぞれ「06-2019」。今年の6月で期限が切れてしまいます。こちらは2年期限の2017年6月製造の電池でしょうか?
上記単3、単4と同時購入したのですが、両者使用推奨期限があまりにも離れすぎていますね。長期在庫過ぎたのか期限が本当に短かったのかは謎です…。

単3と単4の外装ラベルを剥がしてみました。ロット番号の刻印や印字などの記載は見られません。ラベルは非常にスムーズに剥がせた印象があり、のりも残らずすっきり剥がせたのがかなり印象的でした。

 

 

最後は単3と単4のマイナス極の拡大です。マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプ。マイナス極底板はどこかで見たような気もしますが、単3はザラザラ気味なのに対して、単4はツルツルに見えますね。

matsukiyo アルカリ乾電池 単3形/単4形

今回はドラッグストア“マツモトキヨシ”で販売されているプライベートブランド“matsukiyo”のアルカリ電池を紹介します。
電池表面には「used? □YES」という謎の文字列が記載されています。こういう名前のブランドなの?と思われるかもしれませんが、電池を使い終わったときに「□」にチェックを入れれば使用済み電池を判別することが出来るというユニークな機能を持った電池なのです。真の機能性電池と言えるかもしれないですね。

パッケージです。電池本体はユニークでもパッケージに関しては一般的なパッケージと同じような感じです。ブランド名である“matsukiyo”はパッケージのみで電池本体の記載はありません。そこまでしてまで電池の使用済み判定に命を賭ける…、男らしい電池と言えるのではないでしょうか。このことはパッケージにも『使用済み電池が一目でわかるチェックボックス付き』との記載がありますが、表記がちょっと小さいので気づきづらいかもしれません。
単3・4本パックの型番が“LR6MK/4S”、単4・4本パックの型番が“LR03MK/4S”となっています。他にも単3と単4には10本パックも売られていました。バーコードの事業者名は“アイリスオーヤマ(4967576)”となっていました。供給はアイリスオーヤマが行っているようです。

電池の外観です。写真ではわかりにくいかもしれませんが、単3と単4ではカラーが違います。単3はブルーメタリックのような色で、単4は青竹色がメタリックになっているような色になっています。なお、単1と単2は紫系の配色が使われていました。
社名表記は“アイリスオーヤマ株式会社”。問い合わせ先も同社のアイリスコールとなっています。生産国は“MADE IN CHINA”で中国製です。

注意書きの下部には「※この商品は(株)マツモトキヨシホールディングスのオリジナル商品です。」との記載があり、これがマツモトキヨシのプライベートブランドであることが伺える唯一の点です。

プラス・マイナス側。絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は単3、単4共に「09_2023」となっていました。パッケージには“5年保存可能”との記載がありましたので、それぞれ5年期限の2018年9月製造の電池であると推測されます。
現行アイリスオーヤマのアルカリ電池はビッグキャパα、PRIME共に単3、単4は10年期限となっていますから、それより前、旧・ビッグキャパ相当の電池かもしれません。

外装ラベルを剥がしてみました。ロット番号は上4ケタ(アルファベット)・下4ケタ(数字)で分かれて印字されているタイプで単3が「上:ASCG 下:0303」、単4が「上:ASCH 下:2805」となっていました。これは均一ショップ“ダイソー”で販売されている“DAISO & HW アルカリ乾電池”とそのシリーズと同じタイプのロット番号です。もしかしてこの電池はHENGWEI製なのかもしれない…。

最後に絶縁リングの拡大です。薄い緑の絶縁リングで、切り欠きを右に置いた状態で上には数字が、下にはアルファベットもしくはアルファベット+数字が刻印されているタイプ。
単3は上“12”下“G”の刻印が、単4は上“8”下“G1”の刻印がありました。こちらも“DAISO & HW アルカリ乾電池”と同じタイプです。なお、マイナス極のガス抜き穴は単3、単4共に一般的な2つ穴タイプでありました。

★関連記事
マツモトキヨシ アルカリ乾電池
→かつてマツモトキヨシで売られていたプライベートブランドのアルカリ電池を紹介した記事。この頃はオーム電機のからのOEM供給であった。

maxell アルカリ乾電池 単3形/単4形 LR6(GD) / LR03(GD)
→この記事はマクセルの低価格アルカリ電池「GDシリーズ」を紹介し、同電池が以前のものと構造が変わったことを報じたものだが、実はこの記事で紹介した電池はマツモトキヨシで売られていたもの。こちらも現在販売終了。

SmartAngel 単3形/単4形 アルカリ乾電池

2019年最初の電池コレクションブログはベビー用品店“西松屋”を展開する西松屋チェーンのPBブランド“SmartAngel”のアルカリ電池を紹介します。
西松屋のアルカリ電池は当ブログでもかつて紹介したことがあります拳で稲妻を握っている絵シブいデザインが特徴だった電池だったのですが、今回リニューアルされたこの電池では白いありがちなデザインのアルカリ電池となっています。

単3と単4の8本入りパッケージです。こちらもとてもシンプルなパッケージデザインでキャッチコピーなどはありません。旧デザインのアルカリ電池は10本入り税込・199円だったのですが、こちらは8本入りで同じ値段となっており実質の値上げとなっています。

 

続いてパッケージ裏です。輸入販売元は“株式会社西松屋チェーン”となっており、「60℃以上の高温で放置しない」という他の電池ではあまり見られない注意書きが特徴的です。
バーコードの事業者名は“西松屋チェーン(456213092)”となっています。旧デザインの電池では何故か西松屋チェーンとは無関係と思われる淡水パールの卸売を行っている企業になっていました。

いざ、パッケージを開封!
8本入りパックでは2重シュリンクになっていて、台紙の下に電池が更にシュリンクされていました。台紙はこのシュリンクに接着されています。

 

 

電池の外観です。黒と赤が印象的だった旧デザインの電池に対し、こちらは真っ白。対照的なデザインです。白いデザインに赤い“アルカリ乾電池”という表記はとても目立ちますね。
輸入販売元はパッケージと同じく“株式会社西松屋チェーン”。大きく記載された問い合わせ先のフリーダイヤル、禁止事項が箇条書きになっている特徴的な注意書きは旧デザインのアルカリ電池と同様です。生産国はMADE IN CHINA中国製

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は単3、単4共に「06-2023」となっていました。パッケージに記載はありませんが、5年期限の2018年6月製造の電池であると推測されます。

 

 

外装ラベルを剥がしてみました。単3には「KETH18 181634」の、単4には「IEWH 05 191327」のレーザー刻印らしき印字が見られました。これは西松屋旧デザインのアルカリ電池と同じパターンの刻印であり、製造元は変わっていないと推測できます。このパターンの刻印を使ったアルカリ電池として、ヤマダ電機のHERB Relax アルカリ乾電池や最近だと磁気研究所HIDISCブランドのアルカリ電池でも見られました。

最後に絶縁リングの拡大です。薄緑の絶縁リングで、単3は切り欠きを下に置いた状態で上に「29」の刻印、単4は切り欠きを右に置いた状態で上に「13」下に「G」と全く異なったパターンとなっていました。本体のロット番号からはGP製と推測できそうではありますが、謎です。
なお、マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプとなっていました。

★関連記事
SmartAngel アルカリ乾電池 単3形/単4形
→旧デザインに当たる、西松屋チェーンのアルカリ電池を紹介した記事。ベビー用品店らしからぬ稲妻を拳で握っている変わった絵やシブいデザインが特徴的だった。

7PREMIUM Lifestyle アルカリ乾電池 単3/単4

今回はセブン-イレブンイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループの店舗で発売されている、プライベートブランド“セブンプレミアム ライフスタイル”のアルカリ電池を紹介します。
セブンプレミアム ライフスタイルはセブンプレミアムブランド誕生10周年を機に住居関連および衣料品を扱うブランドとしてセブンプレミアムブランドから分割されたもので、「暮らしを豊かにするブランド」をキャッチコピーとしています。

パッケージです。今回はイトーヨーカドーなどで出回っているブリスターパッケージのものを入手してみました。セブン-イレブンではシュリンクパックのみ販売なので見たことが無い方もいるかもしれません。パッケージの表は電池本体と同様の白いシンプルデザインです。
パッケージ裏には以下の特徴が記載されています。
●信頼の日本製
●水銀0(ゼロ)使用
●使用推奨期限10年 ※保存条件:JISに準拠
販売者は“富士通グループ FDK株式会社”となっていて、わざわざ社名に「富士通グループ」と記載しています。数あるFDK供給のアルカリ電池でもこの表記があるのはセブンプレミアムのアルカリ電池のみで確認しており、大手電池メーカーとしてこの業界で名高いFDKも一般消費者の間では依然知られていないことを示唆しているのでしょうか。ブリスター自体は富士通のアルカリ電池“Premium”などでお馴染みの“ワンプッシュ取り出しブリスター”を採用しています。
なお、バーコードの事業者名は“FDK(4976680)”となっていました。

電池の外観です。この電池は清々しい程真っ白いデザインが特徴。旧・セブンプレミアムのアルカリ電池で使用されていたシルバーデザインに比べ一気に様変わりしました。
販売者の記載はパッケージ同様に“富士通グループ FDK株式会社”、生産国も注意書きの文字よりも大きく“日本製”の記載があります。注意書きは誤字も無く普通。極性(プラス・マイナス)の表記が大きいのには好感が持てますね。

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。この特徴を持つ日本製とのことですから、FDK鷲津工場製であると推測されます。使用推奨期限は単3が「08-2028」、単4が「07-2028」と記載されていました。パッケージには“使用推奨期限10年”とありましたから、それぞれ2018年8月製、2018年7月製の電池であると思われます。

 

おまけ。こちらは単2です。単3と単4同様のシンプルデザイン。マイナス側にはFDK製の単1と単2アルカリ電池で見られる“逆装填防止機能”が見られます。マイナス極に見られる3点の突起がマイナス同士の通電を防止して逆装填を防ぐ機能です。この電池の使用推奨期限は「10-2027」。2016年10月製造のちょっと古い電池でした。

いつも通りの外装ラベル剥がしです。単4には印字などは見られませんでしたが、単3のみに「020818 16:29:01」という製造年月日と時刻らしき印字が見えます。製造時刻は普通の読みだと思いますが、製造年月は右から読んでいく変わった形式で印字されています。この例だと2018年8月2日に製造されたと読むのが正解であると思われます。

 

最後に絶縁リングの拡大です。濃い緑の絶縁リングで、リングの切り欠きを上にした状態で下に数字またはアルファベットと数字が刻印してあるタイプです。単3には「44」、単4には「M2」の刻印がありました。
マイナス極のガス抜き穴は単3、単4共に4つ穴のタイプとなっていました。こちらはFDK製の単3と単4アルカリ電池でお馴染みの構造となっています。

★関連記事
セブンプレミアムのアルカリ乾電池
→当ブログ開設初期の記事。初代と2代目のセブンプレミアムアルカリ電池(いずれも単4)を紹介している。表面の記載が英文という点で今回紹介したセブンプレミアム ライフスタイルの電池は2代目セブンプレミアムのアルカリ電池と似ている。

SEVEN&i PREMIUM アルカリ乾電池 LR6/LR03
→当記事で紹介したセブンプレミアム ライフスタイルのアルカリ電池の前世代に当たる、セブンプレミアムアルカリ電池の3代目を紹介。シルバーデザインのアルカリ電池は印象が全く異なっている。

TOPVALU NEOSUPER R20PU・1.5V[SUM-1(NS)] 単一形乾電池

今回は大手スーパーであるイオンが展開するプライベートブランド、“トップバリュ”の記念すべき初代マンガン電池を紹介します。トップバリュはイオンの前身であるジャスコ25周年に当たる1994年に誕生したブランドで登場当初はトップバリュでは無く「トップバリュー」を名乗っていました。すなわち、今回紹介するのは“トップバリュー”のマンガン電池ということになります(以後、この電池はトップバリューと名乗ります)。

いきなり社名表記から行きます。販売者は“ジャスコ株式会社”、供給元は“D.B.J”と謎のイニシャルとなっています。写真上に置いたのはデュラセル・バッテリー・ジャパンが発売していたMALLORY NEO SUPERというマンガン電池の単3です。型番表記や注意書きが同じであることや、NEO SUPERというブランド名から同社供給と見られ、Duracell Battery Japanの略であると推測されます。

トップバリューの前身ブランドであると思われる“LIVICA”ブランドのアルカリ電池も同じくデュラセル・バッテリー・ジャパンの供給でした。恐らく、この頃から供給関係が続いていたのでしょう。LIVICA時代は供給元は隠さず「デュラセル・バッテリー・ジャパン(株)」との記載がありました。何故、トップバリューでは供給元がイニシャルになったのか。謎です…。
ちなみにデュラセル・バッテリー・ジャパンが自社販売していたデュラセルブランドのアルカリ電池に貼られていたバーコードラベルにも“DBJ”の記載がありました

では、改めて電池の外観です。型番は“R20PU”となっていて外観通りの黒マンガン電池。ブランド名は「NEOSUPER」となっていて、前述の通りマロリーブランドマンガン電池のものをそのまま使用しています。ちなみに赤マンガンは「SUPER」というブランドでしたが、当時のトップバリューラインナップ内に存在していたのかは不明。生産国は“MADE IN JAPAN”となっており、日本製です。

注意書きの全文は以下の通りでマロリーブランドのマンガン電池の表記と全く同じものです。従って、このデザインはD.B.Jいや、デュラセル・バッテリー・ジャパンが主導で行っていた可能性が高そうです。よく見てみるとマイナス側ののカラーリングもマロリーのプラス側と似てるし。

(ご注意)●この電池は充電式ではありません。充電すると
液もれ、破損することがあります。●はれつ、液もれのおそれ
がありますので(+)(-)は正しく入れること。[水銀0<ゼロ>使用]

最後にプラス・マイナス側です。プラス極の絶縁リングは「」。使用推奨期限は「10-97」となっていて、3年期限で1994年10月製造の電池と、まさしくトップバリューブランドが生まれた年に製造された電池です。
現在は絶滅した日本製のマンガン電池。デュラセル・バッテリー・ジャパンが自社製造していたとは考えにくく、他社製だと思いますがどこが製造していたか気になる所です。

★関連記事
LIVICA ALKALINE SUPER 単3形アルカリ乾電池 LR6(AM3)
→トップバリュー(現・トップバリュ)の前に展開していたとみられる“LIVICA”というプライベートブランドのアルカリ電池を紹介した記事。本記事の電池と同じくデュラセル・バッテリー・ジャパンの供給。

DailyNeeds SELECT アルカリ乾電池 単3形

今回は“オールジャパンドラッグ(AJD)”に加盟しているドラッグストアで発売されていたアルカリ電池を紹介します。
ブランド名は“DailyNeeds SELECT”。ブランドの左にはホームページでも見られるオールジャパンドラッグのマークが見られます。デザインはプライベートブランドのアルカリ電池としてはベーシックなデザイン。金色をベースとし、真中の黒い帯が目立つデザインが特徴の電池となっています。

 

開封済みパッケージのかけらです。4本入りの型番は“LR6/1.5V4P”、商品名は「アルカリ乾電池/単三4P」となっています。バーコードの事業者名はオールジャパンドラッグではなく、“兼松(4959058)”となっていました。

 

 

電池の外観です。デザインは金色黒い帯が入っているものですが、「アルカリ乾電池 単3形」の表記部分のみは黒い帯が入っていません。
販売元は“オールジャパンドラック株式会社”で何故かドラッグでは無くドラック(クの濁点が入っていない)となっています。問い合わせ先の電話番号は兼松MEMOREXの電池と同一。そのため、この電池は兼松が供給していると思われます。

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。この特徴は兼松がMEMOREXブランドで供給していたアルカリ電池に似ている構造です。使用推奨期限は「01-2016」でとっくに切れています。3本未開封で出てきましたが、1本は液漏れしていました。

 

 

外装ラベルを剥がしてみました。電池真中あたりに「上:L87205 下:10L072」というロット番号らしき印字が見えます。

 

 

 

最後に絶縁リングの拡大です。濃い赤の絶縁リングで、切り欠きを下にした状態左に「R」上に「8」の刻印がありました。
マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプとなっていました(リンク先の電池は液漏れしているので閲覧注意です)。

S SELECT(エスセレクト) アルカリ乾電池 単3形/単4形

今回は“スギ薬局”や“スギドラッグ”などの屋号でドラッグストアを展開する“スギ薬局グループ”で発売されているアルカリ電池を紹介します。かつては“S-Unique(エス-ユニーク)”というブランドのアルカリ電池でしたが、“S SELECT(エスセレクト)”というブランドになり新しくなりました。
電池はゴールドではなく、黄土色のような色がベースとなっているデザインで、その上からゴールドで葉っぱの絵が描かれている象徴的なものになっています。

パッケージ。個人的に白味が殺風景、言い換えればシンプルなデザインです。前“S-Unique(エス-ユニーク)”では供給がFDKで販売はグローバルが担当していましたが、“S SELECT(エスセレクト)”では輸入販売元が“武田コーポレーション”に変わっています。使用推奨期限は10年保証」。使用推奨期限で“保証”を銘打っているものを初めて見ました。バーコードの事業者名は“武田コーポレーション(4545244)”となっています。

電池の外観です。注意書きに誤字などはありませんが、電池のアルカリ液が付いた時は“素早く多量の水で洗い流し、”というフレーズが珍しいですね。
この商品はスギ薬局グループのオリジナル商品です。”という記載があり、スギ薬局グループのPB品であることがわかります。輸入販売元はパッケージと同じく“武田コーポレーション”、生産国は“MADE IN CHINA”で中国製となっています。

前モデルである“S-Unique(エス-ユニーク)”ではFDK製造の日本製でありましたが、今モデルでは中国製になっており事実上のコストダウンとなっています。その代わり価格は税抜380円から298円とお安くなっています。

プラス・マイナス側です。絶縁リングは“無い”タイプになっています。マイナス極側のラベルは極限まで巻かれており、ラベルを剥がさないと絶縁リングの有り無しを確認することが出来ません。
使用推奨期限はプラス極側に記載される珍しいタイプ。単3が「11-2027」で単4が「12-2027」となっていました。パッケージには10年期限との記載がありましたから、それぞれ2017年11月、12月製造の電池と思われます。

ラベルを剥がしてみました。単3には中程に“D2310707”の、単4にはマイナス極側に小さく“1811 719”のロット番号らしき印字が見られました。
単3で見られるアルファベット1文字で始まる8ケタのロット番号は同じ武田コーポレーションの“EXPOWER”でも見られた特徴であり、同じ製造元なのかもしれません。

 

マイナス極のガス抜き穴は単3、単4共に2つ穴タイプです。写真では見えにくいかもしれませんが、マイナス極底板には小さい丸印が見えるものになっており、こちらも武田コーポレーションの“EXPOWER”に共通する特徴になっています。

 

 

★関連記事
S-Unique(エス-ユニーク) アルカリ乾電池 単3形/単4形
→本記事で紹介した電池の前モデルに当たるスギ薬局グループのアルカリ電池を紹介した記事。FDK製造の日本製という豪華仕様だった。

TOYSЯUS(R) ULTRA Alkaline 単3形/単4形 ウルトラアルカリ乾電池

今回は世界的に展開している玩具量販店“トイザらス(TOYSЯUS)”のアルカリ電池を紹介します。アメリカ本国のトイザらスは2017年9月に破綻しアメリカから撤退を発表、全店舗閉鎖となっていますが、日本のトイザらスはこの影響を受けること無く事業を継続していくことを公式サイトで公表しています
デザインは紺色金色のツートンカラー。注意書きや表記は金色側に集中している独特のものになっています。

 

パッケージです。単3と単4は20本パックのみの展開。他にも単1と単2の6本パックとおもちゃ屋さんらしく、6P形2本パックも用意されています。
個人的に単3と単4の20本パックはどうも多すぎるという理由で敬遠していましたが…。

 

パッケージの裏面と底面です。表側はカラーですが、こちらの面は真っ白で非常に素っ気ない。輸入元は“日本トイザらス株式会社”となっており、生産国は“Made in China”で中国製となっています。型番とみられる番号は非常に沢山記載されており、どれが真なのかは不明ですが、バーコード上にも表示がある単3“MFR#5F628F5”と単4“MFR#5F628F7”でしょうか。
バーコードの事業者名は“Toys R Us Ltd(803516)”で日本ではなく、イギリスのコードになっています。アメリカでもなくイギリス…?謎です。

パッケージをバラしてみましたよ。単3と単4では10本パックのシュリンクが2つ20本を構成しています。なかなか使いにくい構成ですね。厚紙による台紙が入っています。

 

 

電池の外観です。紺色金色のツートンカラーなのは前述の通り、“ToysЯus(R)”のトイザらスロゴがカラフルで目立つ点だけが個性的と言えるデザインです。
注意書きは写真右側の金色の部分に集中しています。海外発祥の店舗であると、注意書きは英語表記であることも多いですが、こちらは全てが日本語での表記です。輸入元はパッケージと同様の“日本トイザらス株式会社”となっています。

ちなみに日本で流通されている横向きデザイン電池の多くは、プラス極からマイナス極に向かって電池がデザインされていることが多いのですが、このトイザらスのアルカリ電池ではマイナス極からプラス極に向かってデザインされています。あれ?この電池おかしくない?と不自然を感じたら恐らくそれです。

プラス・マイナス側です。絶縁リングは無いタイプとなっています。使用推奨期限は単3と単4共に「11/2024」となっていました。時期的に7年期限の2017年11月製造であると思われます。最近は5年でも10年でもない7年期限が増えてきましたね…。

 

 

外装ラベルを剥がしてみました。この電池は本体に4ケタのロット番号らしき記号が3列でレーザー刻印されているのが特徴のようで、単3には“上:DK 12 中:12 22 下:B3 N1”、単4には“上:Dk13 中:0041 下:A3H1”の刻印がありました。
このタイプの刻印…、どこかで見たことがありますが思い出せませんでした。

 

今回は絶縁リングが無いので、ガス抜き穴の拡大を。単3・単4のアルカリ電池では一般的な2つ穴タイプのものになっています。ただし、穴が細長くなっているのが特徴ですね。

 

 

色々と探ってきましたが、この電池は店頭の値札では“ZHEJIANG MUSTANG BATTERY”という製造元らしき表記が見られるのです。同社は中国の電池メーカーで、日本ではこのメーカー製の“Raymax”というブランドの電池が付属品扱いで出回っていたことがあり、ちょっとだけ有名かもしれません。これが正解?
ちなみに価格についてはご覧のとおりですw。

玩研チェーン UM-1(M) 1.5V

今回はロボットの絵がコミカルでレトロな“玩研チェーン”のマンガン電池を紹介します。玩研チェーンは“日本トイズサービス”が1968年5月に玩具小売店100店舗で設立した組織らしく、この電池はその加盟店が販売していたプライベートブランドの電池であると推測されます。
絵柄からしておもちゃ向きの電池が一目ですね。電池下部には“TIGHT-SEAL”という表記が。これは「密封」という意味だそうで、乾電池的には完全外装と言った所かな?

電池の側面です。年代が年代なのか、注意書きの表記は一切ありません。Gをベースにした玩研チェーンのロゴマークと“玩研チェーン”の記載のみです。価格は40円
JISマークがあり、表記は「C8501 F.D.K.」となっているため、富士電気化学(現・FDK)製であると推測されます。現在ではこの略号通りの社名となっているFDKですが、社名変更以前も電池の略号以外に一部の電子部品で使用されていた事もあります。

プラス・マイナス側です。プラス側は赤いのが特徴で、外装は金属外装。マイナス極底板の刻印は「121」となっていて、玩研チェーンの創立時期から考えると1971年12月製造の電池でしょうか。とにかくレトロな電池であることは伺えます。
原産国は“MADE IN JAPAN”となっていて日本製になっています。とにかく、シンプルで注意書きも電池の種類も書かれていない電池なのでした。

コレクションを漁ってたら出てきましたよ。玩研チェーンと同じ特徴を持ったノーベルのマンガン電池が(LONG LIFE)。ノーベルの方は「77-04」という刻印で玩研チェーンよりも年代が新しいものです。比べてみると“N102”という品番が一致しているので、もしかしたら同一品なのかもしれません。