カテゴリー別アーカイブ: 海外メーカー

日本以外の海外メーカーの乾電池を扱うカテゴリです。

TWT science teach battery 理科教材電池 単3形

小学校?で使われる理科の教材用と思われる単3のマンガン電池です。“TWT”というブランドの電池で、同じ柄のマンガン電池として“SMB”という別バージョンのものもあるようです。恐らくは製造メーカー違いなのでしょう。
理科の教材らしくプラスとマイナスが分かりやすく色分けされており、プラスが「赤」マイナスが「青」となっています。その割に極性表示は控えめでもうひと回り大きくても良いのかなと思ってしまいます。

電池の外観。注意書きは日本語のみで完全に日本市場向けとして製造されていることが伺えます。社名表記は“CHENGDU LT POWER ENGINE INDUSTRIAL DEVELOPMENT CO.,LTD”という長く仰々しい社名です。ネットで検索してみると社名はヒットしますがイマイチ何をしている会社なのかが見えてきません。“パワー”で“エンジン”って、社名として大袈裟だよな…。
原産国はもちろんMADE IN CHINA中国製

プラス・マイナス側です。使用推奨期限は「05-2011」となっており、2年期限と推測すると2009年5月の電池なのでしょうか。
でも、ずっとこの電池の見てくれ、何処かで見たことがあるなとこの記事を書いている時ずっと考えていました。その時ふと思い出したのが“磁石”です。このデザイン小学校の時に見た棒磁石そっくりだったのです。ここに来てようやく納得したワタシなのでありました。

この電池、ワタシが入手した状態では3本中2本が液もれによるサビを引き起こしていました。短期使用が想定される学校教材用ということで低いグレードのマンガン電池なのでしょうか。
型番上では“R6P”なので赤マンガン相当ではありますが、他にも“AA”や“UM-3”など、相当型番が多数書かれているのでこの表記は当てにならないでしょう。

 

いつも通り外装を剥いでみると、ビニール(PVC)外装だと思っていたのですが、実はアルカリ電池と同様のシール外装でした。シールを剥がしてみると亜鉛缶そのものではなく、更にビニールで覆われた電池本体が現れました。これは金属外装のマンガン電池でも見られる構造で意外にも手が込んでいます。

 

おまけ。最後に電池から剥がした外装ラベルをスキャナでスキャンしてみました。これを見てみると中国製の胡散臭い電池であるのにもかかわらず、注意書きに誤字が無い点は特筆すべきかと思います。

toply(R) SUPER ENERGY C R14P

某オークションで見つけた単2のマンガン電池です。デザインがあまりにもカッコいいものだったので落札してしまいました。
toply”というブランドの“SUPER ENERGY”という名のマンガン電池という認識で良いのでしょうか。ブルーメタリックのカラーリングがカッコいいデザインで、黄色い“toply”のマークもセンスがあります。個人的に近年見る中国製のマンガン電池では稀な良デザインだと思います。

 

パッケージです。2本パックが5個で10本。シュリンクには特にバーコードなどのラベルは貼り付けられていない、中国製のマンガン電池でありがちのものです。シュリンクは厚めのビニールによる包装で、触り心地は硬めな印象を受けます。
この電池、オークション上では「アルカリ電池」として出品されているので要注意です。ワタシみたいにデザインだけで買うには良いですが、実用だと悲惨な目に遭うと思います。

電池の外観。型番は「R14P」となっており、表記が正しいのなら赤マンガン相当の電池と思われます。“0% MERCURY CADMIUM”の記載があり、水銀とカドミウムは含有されていないようですが、WEEEマークには“Pb”の記載がありましたので鉛は含有されているようです。原産国は“Made in China”で中国製となっています。なお、外装は安物系な中国製マンガン電池でおなじみのビニール(PVC)外装です。

社名表記は“Zhuoyue Electronics trading company”と記載されており、発売元は電池メーカーではない模様です。“trading”とあるから貿易会社や商社なのでしょうか。ちなみにネット上で検索してもこのメーカーの有力な情報は得られませんでした。
注意書きは英語のみで、全文は以下の通りとなっています。

WARNING: Do not connect Improperly,
disassemble, charge or dispose of in fire.
Do not mix with used or other battery types.

プラス・マイナス側。使用推奨期限は「12-2017」となっていて、今年いっぱいまでの期限です。2年期限と推測すると2015年12月製造の電池でしょうか。

 

 

最後に外装をひん剥いでみました。内部はそのまま亜鉛缶になっており、別段ロット番号などの印字の記載はありません。アルカリ電池では外装を剥がすとロット番号などの記載があるものが多いですが、マンガン電池では何も書かれていないことの方が多いです。
なお、プラス側の突起には2つのガス抜き穴が見られました。これも封止側がプラスであるマンガン電池ならではの構造ですね。

FENG DIAN ALKALINE BATTERY LR6 SIZE AA / LR03 SIZE AAA

FENGDIAN_1一ヶ月振りとなる当ブログ、今回は“FENG DIAN”なるブランドの中国製アルカリ電池を紹介します。この電池はメーカーが不明で、このブランド名でネット上を検索しても見つからず、電池本体にも製造元が記載されていない謎のアルカリ電池なのであります。
この電池はとあるショッピングセンター内にあるアイデア商品コーナーのような所で入手した電池で、やはりこのような謎ブランドの電池が気になってしまうワタクシなのでありました。

FENGDIAN_2パッケージ。硬いビニール包装が特徴的なシュリンクパックで、電池にはバーコードや台紙などは見られません。箱売りのものからバラしたのか、はたまたバルク品だったのかもしれません。とにかく素性が不明な電池です。

 

 

FENGDIAN_3電池の外観。金色をバックとし、上下に黄色の帯が配置されたアルカリ電池としては典型的なデザインです。個人的には一昔前のアルカリ電池に見える感じがします。
NO MERCURY & CADMIUM”の記載があり、水銀はカドミウムは含有していない模様。注意書きは英語のみで、WEEE(クロスドアウト・ダストビン)マークも見られます。生産国は“MADE IN CHINA”で中国製

FENGDIAN_4プラス・マイナス側。マイナス極の絶縁リングは無いタイプですが、マイナス極には特徴があり、底板にトレードマークとみられる薔薇?の絵が刻印されている点です。このマークは電池本体にも記載されています。
使用推奨期限は単4の方には「05-2021」の印字が見られるものの、単3にはどこをどう見回しても印字は見られませんでした。全く、いい加減な電池ですね。恐らく、単4は5年期限でしょう。

FENGDIAN_5いつも通り、ラベルをひん剥いでみました。単3には“YB 141016”の、単4には“3Y150B12”のレーザー刻印と思われるロット番号の印字がありました。このパターンの印字を見たのは初めてで、多分この電池のOEMは日本に入ってきていないと思われます。

 

 

FENGDIAN_6最後にマイナス極のガス抜き穴。単3、単4共に一般的な2つ穴タイプでした。この写真を見れば、マイナス極の底板に絵が刻印されていることがわかると思います。しかし、この底板の模様って電池の性能に左右されないのだろうか?導電性とか。

Kodak Alkaline Battery AA LR6 1.5V

kodak_1世界的に有名な写真用品メーカーである“コダック”のアルカリ電池。コダックのアルカリ電池と言えば、かつて日本市場においても出回っていたことでも知られていますが、これはコダックの使いきりカメラに内蔵されていたとみられる電池で日本で出回っていたものとは異なっています。
デザインそのものはかつて日本で出回っていたアルカリ電池と同様に「Kodak」のロゴを全面に押し出したもので、背景色は若干茶色がかった黒となっています。

kodak_2電池の注意書き部分。電池には『Made in Belgium for Eastman Kodak Company Rochester, NY 14650 TM: Kodak』と記載されており、生産国はまさかのベルギー製となっていました。
注意書きは10ヶ国語表記。その中には日本語も含まれており、“警告:充電・火中投入・新旧混入禁止”と記載されています。

 

kodak_3かつて日本で出回っていた日本向けコダックのアルカリ電池と比較してみました(写真下2本)。デザインは概ね同じですが、プラス極側帯のカラーリングが異なっており、日本向けは金色の帯なのに対し、赤と黄色の帯になっておりこちらの方がコダックらしさを感じられます。注意書きも日本向けでは日本語主体のものになっています。最大の違いとして日本向けのものは生産国が中国であるという点でしょう。

kodak_4プラス・マイナス側。やはりベルギー製の電池といえばパナソニックと言うことで、以前当ブログでも紹介した欧米向けベルギー製のアルカリ電池“Alkaline Power”と比較してみました。
印字パターンは5ケタのロット番号らしき数字と使用推奨期限が印字されているもので見事一致しています。偶然にも使用推奨期限は両者とも「01 2016」で同じです。

 

kodak_5ガス抜き穴比較。左がKodak右がAlkaline Powerです。ガス抜き穴は2つ穴タイプですが、写真上の穴がマイナス極の溝にあるのに対し、下の穴がマイナス極の底板にあるタイプとなっています。両者ともに同様の特徴を持っており、同じ製造元であることは間違いないでしょう。ということはパナソニックエナジーベルギー製かな?

 

そう言えば、以前当ブログで取り上げた同じく使いきりカメラ内蔵のコダック製アルカリ電池も、パナソニック製造と見られるアメリカ製でした。この頃のコダックはパナソニックと繋がりがあったのでしょうか。

★関連記事
ALKALINE BATTERY AA LR6 1.5V
→本記事の電池と同様にコダックの使いきりカメラに内蔵されていたとみられる電池。こちらは“Kodak”ロゴ無しのノーブランドとなっており、アメリカ製。

Kodak アルカリ乾電池
→以前日本で出回っていた“Kodak”ブランドのアルカリ電池を紹介した記事。本記事の電池と異なり生産国は中国となっている。

ALKALINE・ALCALINE LR6

spectrumbrands_1今回は紫色白いラインが印象的な謎のアルカリ電池を紹介します。この電池にはブランドこそありませんが、よく見ると“SPECTRUM BRANDS, INC.”の社名表記があり、“RAYOVAC(レイオバック)”ブランドで知られるアメリカの消費財メーカーSpectrum Brands社の電池らしいです。
表記はありませんが、この殺風景な感じはやはり組み込み向けの電池なのでしょう。

 

spectrumbrands_2電池の外観。と言っても、電池の顔と言える部分は上の写真の部分だけで残りのスペースは全てが紫色で埋め尽くされています
なお、プラス極側には「2016 IBPP」の印字がありました。“2016”の部分は西暦だとは思いますが、これが製造日か使用推奨期限かは不明です。

 

spectrumbrands_3という訳で電池の顔を再掲。白いラインの部分に注意書きが記載されており、英語では『WARNING: BATTERY MAY EXPLODE OR CAUSE INJURY IF DISASSEMBLED, RECHARGED OR EXPOSED TO FIRE. NO MERCURY』と記載されていました。もう反対側にはフランス語での注意書きが記載されています。生産国は“MADE IN U.S.A.”でアメリカ製です。

 

spectrumbrands_4プラス・マイナス側。一応、以前西友で入手したレイオバックのアルカリ電池と比較してみましたが、この個体はドイツ製であったのでマイナス極の構造が全く違っていますね。なお、マイナス極の絶縁リングは無いタイプのようです。
でも、注意書きの文面や字体はレイオバックブランドのアルカリ電池と全く同じでした。ここはさすが同じメーカーの電池といえる点でしょう。

LONLIFE(R) 1.5V Alkaline Battery LR6

lonlife_1今回は“LONLIFE”なるブランドの単3アルカリ電池を紹介します。一瞬、長持ちを意味する“LONGLIFE”と見間違えましたがよく見てみると“LONLIFE”でした。(R)マーク付きなので(登録商標)、こう言うブランドなのでしょう。
デザインはアルカリ電池っぽさを打ち破るがかった紺色ベース。写真では紺色っぽく見えますが、実際の電池はもうちょっと紫が強い印象があります。

 

lonlife_3注意書き部分。注意書きは英語のみ。社名表記は“Lingli Battery Company Limited”となっています。この企業は1990年に設立された中国の電池メーカーのようです。そういうことなので、原産国は“Made in China”で中国製です。
型番表記“LR6 SIZE AA AM3”まではわかりますが、上段記載の“216HD S006P 1604D”は何故か6P形電池の型番です。単3電池なのに006Pの型番が記載されているって何か凄いなw。

lonlife_4プラス・マイナス側。マイナス極の絶縁リングは無いタイプです。使用推奨期限や製造日などを示す記載は無く、最後までいい加減な電池なのでありました。
ちなみにこの電池は未開封の状態で入手しましたが、シュリンクにバーコードラベルは無かったことから、何かに付属していた電池であると考えられます。

POEAE(R) SUPER HEAVY DUTY BATTERY R03

POEAE_1Huge”や“NINGLI”に続く、いまいち読み方の分からない中国の電池シリーズです。今回は“POEAE”なるブランドの電池で、もはや読み方すらもわかりません。
これは中国に所在する“Dongguan Liliang Electronics Co., Ltd.”というメーカーの電池らしく、中国で“POEAE(立量電池)”というブランドを使い各種電池を発売しているようです。

 

POEAE_2注意書き部分。注意書きは英語のみ。社名表記も無ければ、原産国表記もありません。“MERCURY FREE”の表記があり、水銀は含有していないようですが、WEEEマークの下に“Pb”の表記がありますので鉛は含有しているようです。
電池には“SUPER HEAVY DUTY BATTERY”の記載があるものの、外装はビニール外装でどう見ても黒マンガン相当には見えません。

POEAE_3プラス・マイナス側。マイナス極に底板は無く、電池の亜鉛缶が直接露出しています。構造自体は以前、本ブログで紹介した“Penesamig”のマンガン電池に激似。同じ製造元かも。
電池には“BEST USED DATE CODE(MONTH-YEAR)ON THE BOTTOM”の記載がありますが、どこにもそのような記載はありません。使用推奨期限の記載があるとしながらも、実際に刻印が無い電池も珍しいと思う。その逆はよく見ますが。

POEAE_4この電池、一応未開封で購入したのですが2本のうち1本が既に液漏れしていました。やはりPenesamigの血を引く電池なのかも。

DORCY(R) MASTERCELL ALKALINE BATTERY D 1.5V

MASTERCELL_1今回は“MASTERCELL”というブランドの単1アルカリ電池を紹介します。この電池を販売している“Dorcy International”はアメリカの懐中電灯(フラッシュライト)メーカーのようで、一瞬この電池は付属品なの?と思いがちですが、自社販売も行っているようです。
しかし、この電池が日本国内で販売されている可能性は極めて少なく、今回紹介する電池は懐中電灯に付属していたものであると推測されます。

MASTERCELL_2注意書き部分。注意書き部分と言ってもブランド名の下に1行程度記載してあるだけで、英語フランス語の2カ国語表記となっています。また、英語の注意書きが表示されている部分は“ALKALINE BATTERY”の表記になっていますが、フランス語の注意書きが表示されている部分は“PILE ALCALINE”とフランス語でアルカリ電池を示す単語が書かれているのがわかります。

 

注意書きは、

WARNING: DO NOT DISPOSE OF IN FIRE.
Battery may explode or leak and cause personal injury.

となっており、要約すると「火の中に投入しないでください。電池が破裂したり、液漏れして怪我の原因になります。」といった所でしょうか。フランス語の注意書きでも同様のことが書かれています。

MASTERCELL_3社名表記は“Dorcy International Inc. Columbus, Ohio 43217”と住所が併記されたものになっています。生産国は“Made in China”で中国製
デザインはシルバーをベースとしたもので、メーカー名である“DORCY”よりもブランド名である“MASTERCELL”の文字の方が目立っているという変わった構成の電池です。

 

MASTERCELL_4プラス・マイナス側。マイナス極の底板は「」となっており、中国の単1アルカリ電池ではかなりありがちなもの。恐らくは使用推奨期限の表記だと思われますが、「2016」の印字があるのみ。かなりアバウトな表記です。初めて見ました。
ちなみにこの電池、アメリカメーカーの電池であるためサイズ表記は“D”となっており、これは単1サイズを表しています。じゃあ、他のサイズは?と思った方はこちらを参照してみてください

GP Ultra アルカリ乾電池 単3形/単4形 その2

gpultra_1今回も以前、本ブログで紹介したパッケージ違いの電池をご紹介。今日は主に100円均一ショップ“セリア”で見られるネオテクノス販売の“GP Ultra”の単3と単4です。
この電池、以前はブリスターパックによるパッケージだったのですが、現在はシュリンクパックに変更されています。本数は4本で変わっていません。バーコードはブリスターパックの時と同様で、この点からも追加ラインナップではなく、パッケージの変更であることが伺えます。

gpultra_2電池の外観。デザインはブリスターパックの時と同様で、GP側のデザインを優先した結果、注意書きの文字が小さくなっている点も変更ありません。
販売元は“ネオテクノス株式会社”、生産国は“MADE IN CHINA”で中国製となっています。ちなみにパッケージに記載してあるバーコードのベンダーも“ネオテクノス(456042556)”となっていました。

 

gpultra_3プラス・マイナス側。マイナス極の絶縁リングは「」。ブリスターパックの頃は使用推奨期限の印字が電池本体に印字されていたのに対し、今回のシュリンクパックのものにはマイナス極の縁の印字に変わっていました。
なお、使用推奨期限は単3が「09-2022」、単4が「05-2022」となっていました。パッケージには7年期限の記載がありましたから、それぞれ2015年9月、5月製造の電池であると思われます。

gpultra_4外装ラベルを剥がしてみた。以前の物では単3に刻印は無かったようですが、今回は健在。単3には“F2BPU6 181218”、単4には“LBWH 10 180927”というレーザー刻印らしきロット番号の印字がありました。
外装ラベル剥がしついでにマイナス極のガス抜き穴も見て見ましたが、一般的な2つ穴タイプでありました

 

★関連記事
GP Ultra アルカリ乾電池 単3形/単4形
→本記事で紹介した電池がブリスターパックだった頃のものを紹介した記事。この電池の詳細はこちらにも詳しく記載しています。

GP(R) ALKALINE BATTERY 15A LR6

gpalkaline_1今回はかつて、西友で売られていたGP”ブランドのアルカリ電池を紹介します。近年の西友と言えばレイオバックのアルカリ電池が売られていたことでお馴染みですが、以前はGPの電池も発売されていたことがあったのです。
デザインはGPのアルカリ電池ではお馴染みの金と白のデザインで、均一ショップ“ダイソー”でも同デザインのアルカリ電池が売られていたことがありました。

 

gpalkaline_210本入りパックのかけら。パッケージには特にブランドなどは記載されておらず、普通のノーブランドなアルカリ電池と同じ扱いで売られていました。
表示者は“株式会社 西友”。現在、西友は合同会社となっていますが、株式会社から合同会社に改組されたのが2009年9月なので、それ以前に発売されていた電池であるのは確かであると思われます。なお、バーコードのベンダーも同社のものとなっていました(4973450)。

 

 

 

gpalkaline_3電池の外観。注意書きは英語のみで文字はとても小さいです。社名表記は無く、“Product of Gold Peak Group”と表示されているのみです。ホームページのアドレスが記載されていますが、これは香港GPのURLであり、このホームページアドレスを入力すると香港のGPのホームページに転送されます。
なお、生産国は“Made in China”で中国製

 

gpalkaline_4プラス・マイナス側。マイナス極の絶縁リングは無いタイプでした。以前紹介したダイソー発売の“GP”ブランドのアルカリ電池では絶縁リングが付いていたりと、GPのアルカリは構造が安定していないような気がします。
使用推奨期限は「2007-05」とかなり古い電池です。恐らく2年期限の2005年5月製造の電池でしょうか?

 

gpalkaline_7外装ラベルを剥がしてみると、マイナス極側に“S M T D 060307”という印字が見られました。ちなみにラベル剥がしついでにガス抜き穴も見てみましたが、お馴染みの2つ穴タイプで穴は真ん丸で特徴のあるものになっていました。

 

 

gpalkaline_5ちなみに同時期に西友で購入したと思われる、GPブランドのアルカリ電池(単1)が出てきましたが、未開封のまま盛大に液漏れしていました。
記念写真を撮ってこれにて埋め立てですね…。