GS α・PACK PA6V0.5

PA6V0.5_1GSブランドで知られる日本電池(現・ジーエス・ユアサコーポレーション)の小型シール鉛蓄電池。日本電池のシール鉛蓄電池は一般品が“PORTALAC”ブランドとして(現・PEシリーズ)、それよりも小さいシール鉛蓄電池は写真のような“α・PACK”というブランドで展開していた。当時は単3・2本サイズのものも発売されていたようですが、現在はこのブランドの電池自体が発売されていません。
写真の電池は「PA6V0.5」という型番で、そのまま、公称電圧6V、公称電流0.5Ah(500mAh)を表している。

PA6V0.5_2鉛蓄電池は大きくて重いというイメージがありますが、単2電池と比較すると、写真のような感じで小さい電池であることがわかると思います。

 

 

PA6V0.5_3手元にある6Vが充電できる鉛蓄電池用充電器が写真のユアサ製しか無かったので、取り敢えず充電してみました。24時間充電しても全く電圧が無かったので、完全に劣化していると考えられます。
鉛蓄電池は生モノ。保存するときも満タンの状態で保存、半年おきに電池の状態を確認して補充電をしてあげないといけませんからね。過放電に弱いので、過放電すると劣化して使えなくなってしまいます(仮に充電できても本来の性能を発揮できなくなる)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。