StyleONE アルカリ乾電池

styleone_1今回はユニーグループホールディングス(以下・ユニーグループ)が主導し、同社が展開するスーパー“ピアゴ”・“アピタ”(関東・東海地方)そして同社提携先である“イズミヤ”(近畿地方)、“フジ”(中国・四国地方)で発売される3社共同開発のPBブランド「StyleONE」のアルカリ電池を紹介する。
電池自体には“Fujitsu”のロゴがあり、FDKとのコラボと言う形を取っている。ラインナップは単1~単4まで、単1と単2が日本製、単3と単4がインドネシア製である。

styleone_2電池の外観。色的にはFDKのアルカリ電池である『R-SPEC』に似ており、初めこの電池を見た時はR-SPECをそのままパッケージしただけか?と思って手に取ってみたら、オリジナルだったという…。
電池本体には「製造者:FDK株式会社」と書いてあるのみで、PB品の供給元が書かれていませんので、PB品であるということがわかりにくいかもしれませんね。

ちなみに2013年からAMラジオ(関東地方は文化放送)の時報スポンサーとしてユニーグループが参加、その中に「StyleONE」のコマーシャルも含まれているそうなので、名前だけは既にお馴染みかもしれません。

styleone_3この「StyleONE」のアルカリ電池は“サークルKサンクス”で売られているPB品の「PrimeONE」ブランドのアルカリ乾電池に似ている。これはサークルKサンクスもユニーグループの一員であるためで、この「PrimeONE」は「StyleONE」の上位ブランドとして位置づけられているようである。ちなみに、自分が「StyleONE」の電池を購入したアピタには「PrimeONE」の電池は置かれていませんでした。なので、「PrimeONE」はサークルKサンクス専売なのかもしれません。

同じデザインベースで「StyleONE」の方は『ALKALINE Battery』と書いてあるのみですが、「PrimeONE」の方は『Long Lasting(長持ち) ALKALINE Battery』と書いてある。パッケージ上の表記や全サイズ日本製であることから(そもそも価格が全然違うw)、「PrimeONE」の方が品質が高いものと思われます。

styleone_4取り敢えず、単2と単3のプラス・マイナス側。単2のマイナス極はFDKお馴染みの逆装填防止機能が、単3もお馴染みの緑リングがあるものとなっている。

 

 

styleone_5ちなみに「StyleONE」ブランドのアルカリ電池には日立マクセルのGDシリーズをパッケージしたものも併売されていた。マツモトキヨシのものもこのように自社パッケージで中身はGDシリーズという形態を取っているが、マクセルってOEM生産してくれないのだろうか?いつも疑問に思っている。
パッケージの『ここがおすすめ』には“日本製”と書いてあり、インドネシア製なFujitsuブランドのものよりたくさん売れていた(価格は同じ4本198円)。これは当たり前ですよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。