兼松 アルカリ乾電池 単3型 LR6

kanematsulr6_1MEMOREXブランドのアルカリ電池を初め、様々なバリエーションの電池を発売する日本の総合商社“兼松”のアルカリ電池。写真の電池はあるドラッグストアで4本50円で投げ売りされていた。
写真はシュリンクパックの表と裏。バーコードのベンダーはもちろん兼松(4959058)。

 

 

kanematsulr6_2シルバーベースの緑色デザインは格好いい。単3の「3」が強調されているあたりはアスクルPBのアルカリ乾電池にも似ている。発売元は兼松株式会社

 

 

kanematsulr6_3プラス・マイナス側。マイナス極のリングは「赤」色のもので同社のMEMOREXブランドのアルカリ電池と同じようである。兼松は商社であり、自社で作っていることはありえないのでどこかにOEM依頼しているのだろう。使用推奨期限は「12-2014」。

兼松 アルカリ乾電池 単3型 LR6」への4件のフィードバック

  1. せんし

    確かこの電池のマンガン電池verがあったような同じくアスクルのPBみたいな電池だったような気がします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。