AmazonBasics 充電式電池

HR-3UTG-AMZN_2今回は今年(2013年)9月より、大手ネットショッピングサイト“Amazon.co.jp”で売られているPB品「AmazonBasics(アマゾンベーシック)」のニッケル水素電池を紹介する。
今回は単3・4本パックを購入。電池は“Amazonフラストレーション・フリー・パッケージTM”というパッケージに入っており、このパッケージは環境に配慮した簡易包装パッケージだそうですが、電池に関しては大掛かりなダンボールパッケージでブリスターパッケージの方がよっぽど簡易なのではと思いますね。

HR-3UTG-AMZN_1パッケージ前面。様々な国で発売されることを想定してか、様々な国の言語で記載してある。日本語では『充電式ニッケル水素電池単3形4個パック (充電済み) 繰り返し使用回数1000回 (実力容量2000mAh、 Min.1900mAh)』と記載してある。

 

 

HR-3UTG-AMZN_3パッケージ開封。大きい箱の真ん中に単3電池4本が鎮座。まるで宝箱を開けたような光景ですね。これまた大きい取扱説明書も付属。

 

 

 

HR-3UTG-AMZN_4パッケージ内のニッケル水素電池。4本シュリンクパッケージでご丁寧に「amazon basics」のロゴが全て表を向いている。

 

 

 

HR-3UTG-AMZN_5電池の外観。表記の全てが英語。欧州向けのWEEEマークと日本向けのリサイクルマークが記載。リサイクルマークは以前紹介した無印良品のニッケル水素電池と同じく、シンボルカラーのオレンジ色はなく、白ヌキ。日本製で『Manufacturing Date』の横には製造日の刻印があるがナナメからよく見ないと見えない。“201306”と印字してあるので、2013年6月製造と見られる。

 

HR-3UTG-AMZN_6プラス・マイナス側。形状は「富士通 充電池」に酷似。また、無印良品のニッケル水素電池(新)にも似ているので、これはFDKトワイセル製であると思われる。パッケージには記載されていないものの、Amazonの商品紹介ページでは“HR-3UTG-AMZN”と記載、充放電使用回数が1000回であることから、第1世代eneloop相当と思われる。FDKのホームページを見てもHR-3UTGのみしか記載されていなく、OEM向は第1世代eneloop相当のみの供給なのかもしれませんね。

ちなみにAmazonBasicsブランドで発売されているのは、ニッケル水素電池のみで充電器は発売されていない。その代わりAmazonで動作確認済みの充電器があり、2013年10月現在で「富士通 充電池」用の充電器であるFC344のみである。またしても、この低速充電器か…。