TOSHIBA キングパワーU 単5形 UM-5 (U)R1

UM-5(U)R1_1押入れの奥底から出てきた古い、東芝の“キングパワーU”単5の未開封品。見てみたら1本が液漏れしていたので、このブログで記録に残し液漏れしている側を廃棄することにする。
今のようなシュリンクパックが確立していない時代は写真のような包装であり、懐かしいと思う方もいるのではないでしょうか。
包装には「81-05」という印刷があり、1981年5月製造のものであると考えられる。

 

当時の技術(?)では、電池本体に注意書きが記載できないからか、包装に注意書きが記載してあるのも特筆すべき点でしょう。
ご注意 ●この電池は充電式ではありません。
充電すると「液もれ」「破損」のおそれがあります。
●はれつのおそれがあるので(+)(-)は正しく入
れてください。
、と書いてある(改行位置も原文ママ)。要約すると「充電やプラス・マイナスの逆入れはするな」ということですね。

UM-5(U)R1_2電池の外観。片側1本が見事に液漏れています。

 

 

 

UM-5(U)R1_3懐かしい東芝傘マークが有り。この頃は既に“東芝電池株式会社”の名義になっています。JISは「C8501 T-T」と表記してあるので、東芝電池の高崎工場製であるとみられる。

 

 

UM-5(U)R1_4プラス・マイナス側。両端の2本は「C8501 T-S」表記、東芝電池佐久工場製の“KINGPOWER Black”(使用推奨期限:11-98)。高崎工場製のキングパワーUにはプラス極に特徴があり、ラベルに切り込み?が入っている構造になっている。一方、マイナス極側は製造日などの刻印が無く、未開封品だったので1981年5月製造であると特定できたが、電池単体で入手したら全くわからないだろう(写真では見難いが、KINGPOWER Blackの方には「11-98」の刻印がある)。

UM-5(U)R1_5おまけ。今回のキングパワーUが東芝の電池特有のギザギザ模様があったので、他の東芝のギザギザ模様がある小型電池を並べてみました。写真は左から、
・東芝水銀電池 2MR9/2.7V
・TOSHIBA アルカリ・マンガン電池/4LR44/6V
・TOSHIBA キングパワーU UM-5/1.5V
・TOSHIBA KINGPOWER Black マンガン乾電池 R1(UB)/1.5V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。