DAISO JAPAN SuperPower アルカリ乾電池

superpower_1均一ショップ“ダイソー”で見つけた新顔のアルカリ電池。写真の単3・6本入りの番号が「3」で9V形の番号が「5」なので、これ以外にラインナップはありそうであるが、自分が行ったダイソーでは写真の2種類のみしか無かった。
ダイソーのアルカリ電池は次から次に新しい物が現れては消えてしまうので、コンプリートは難しく、ここは電池コレクターとしては意外にも壁なのがダイソーの電池なのかもしれない。

 

superpower_2パッケージ裏。パッケージ端の稲妻模様は飛び出しており、パッケージ裏にも対称に稲妻模様がある。ブランドは『SuperPowerアルカリ乾電池』であるが、パッケージ下の商品名は「K2アルカリ乾電池」となっている。
バーコードのベンダーは同じくダイソーのGigamaxアルカリ乾電池と同じく、“国際インフォメーションセンター日韓企画(4947678)”であるが、この電池は韓国製ではなく中国製である。

superpower_3単3電池の外観。金ベースにピンクという極めて個性的なデザインで、女性受けを狙ったのかな?それにしては“SuperPower”のロゴが古臭いイメージを受けます。

 

 

superpower_4プラス・マイナス側。絶縁リングは「」。なので、兼松(MEMOREX)のものと同じような感じがしますが、使用推奨期限の印字が違うので違うような感じもします。使用推奨期限は「08 2018」で5年期限と推定すると、2013年8月製造か。

 

 

superpower_5次に9V形電池の外観。ダイソーの9V形アルカリ電池としては、マレーシア製の「ザ・ダイソー アルカリ9V/6LF22」(150円商品)中国製の「スーパーアルカリ乾電池/6LR61」(100円商品)に続く、3番目の9V形アルカリ電池となる(はず)。今回紹介する「SuperPowerアルカリ乾電池」も100円商品でスーパーアルカリ乾電池と同じく6LR61タイプである。

 

superpower_6電池の側面。真ん中が今回紹介した「SuperPowerアルカリ乾電池」。使用推奨期限は単3と同じく「08 2018」。構造的にはスーパーアルカリ乾電池(写真下)と変わらないような気がするけど、使用推奨期限の印字がこれまた違うので製造は別メーカーなのかな??
今この写真を見ていて気づいたけど、すべての電池にWEEEマークが付いていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。