Huge SUPER HEAVY DUTY R6P

hugesuper_1Huge”なるブランドのマンガン電池。一見、Hugeってなんて読むの?と思うのかもしれないですが、これはヒュージ」と読むそうです。見た目だけだとフゲと読めそうですがw。
これは中国の“Kingbolai Battery Industrial Co.,Ltd”という電池メーカーの電池のようです。

 

 

hugesuper_2一応、日本輸出向けの様で日本の注意書きでも書いてあるのですが、この注意書きが凄いw。
『●(+)(-)を正しく入れあてと。●異なあ種類の電池や新しい電池と使用した電池と使用した電池の混用・シート・分解・加熱・火に投入・充電をしないこと。』
書いてあることは正しいのですが、誤字が…。これこそが中国の電池と言った感じですね。

電池本体には“0.00% MERCURY & CADMIUM”という記載があり、水銀やカドミウムは含有していない模様。鉛は不明。「MADE IN PRC」の表記があるので中国製、MADE IN CHINAではない所に悪意を感じる。電池本体の“HEAVY DUTY”の表記や「R6P」の表記から赤マンガン相当と思われる。

hugesuper_3電池のプラス・マイナス側。本体に表記がないので、恐らく使用推奨期限だと思われるマイナス極の刻印は「05-2008」。写真だと腐食している関係で見えにくいかもしれないですね。

 

 

hugesuper_4この電池、袋に入れて保管していたのですが、大半が液漏れしてプラス極が錆びていました。特に凄かったのが写真右の電池で、全体が液漏れして“Huge”のロゴが滲み、怖いことになっています。

 

 

hugesuper_5外装は安物の中国製マンガン電池ではお馴染みのビニール外装タイプ。液漏れは封止してあるプラス極からのもので、内部の亜鉛缶は至って綺麗であった。

 

 

hugesuper_6液漏れが一番酷かった電池も外装を剥がしてみた。亜鉛缶が腐食して液漏れしたような跡は見られなかったので、プラス側から漏れた多量の液が本体にも迄び、腐食したようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。