EBF SUPER HEAVY DUTY R6P

EBF_1前回の“Huge(ヒュージ)”ブランドに続き、今回は“EBF”なるブランドのマンガン電池を紹介。この系統の中国の胡散臭いブランドのマンガン電池も集め出したら、キリが無いと思う。
電池本体には“Suzhou East Battery Factory”と書いてあるが、現在は“Suzhou Industrial Park East Battery Co., Ltd.”という中国の電池メーカーで、現在でも“EBF”ブランドの乾電池を発売しているようです。

 

EBF_2しかし、このEBFのロゴ、日本では安価なボールペンやヒゲソリを発売していることで知られるフランスの企業“BIC(ビック)”のロゴに似ているような気が…。“BIC”の方はボールペンのペン先のボールを模したキャラクター“BICBOY(ビックボーイ)”が横にあるのに対し、“EBF”の方は可愛らしいネコのキャラクターになっています。

EBF_3電池本体には“SUPER HEAVY DUTY”とありながら、記号は「R6P」。記号だけで見ると赤マンガン相当と言えそうですが…。注意書きは英語のみで、前回の“Huge”のように無理矢理な日本語の注意書きは記載されていないのは素晴らしい所。
0% Mercury & Cadmium”の記載があるので、水銀やカドミウムは含有していない模様。鉛は不明。しかし、この系の電池は鉛含有の記載が無いのが殆どですね。

EBF_4プラス・マイナス側。本体には表記がないので、恐らく使用推奨期限と思われる刻印は「09-2003」。この電池も例の如く、ビニール外装タイプです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。