FamilyMart EXTRA SUPER アルカリ乾電池 9V

familymart1ファミリーマート”PBのアルカリ乾電池の6P形。半額以下の199円で入手。何で?と思うかもしれませんが、推奨期限を見てみると「03-2013」で今月いっぱいの期限。売れなかったのだろうな…。
モノ自体は日本製でマイナス側に樹脂リングが付いているものなので、パナソニック製のものと思われる。この世代のファミリーマートPBの電池は他にも単1から単4があるが、これも構造がパナソニックのものなので同社製なのだろう。

familymart2裏面を金パナと比較。“この樹脂部品は外さずに…”云々の注意書きも同じことからパナソニックOEMっぽいことが見受けられる。
ちなみにファミリーマートPBの電池はどこも在庫限りのようで、そろそろ生産完了なのかな?

 

 

familymart3パナソニック製の6Pアルカリはマイナス側の推奨期限表示の印刷が同じで、並べてみるとどれがどれだかわからなくなるので電池当てクイズとかしてみると面白いかもw。という訳で、日本製パナOEMのアルカリ6Pを並べてみた。旧・金パナだけ字体がおかしいが、長期保存で印刷が滲んじゃったのかな?

※画像のフォントは遊女様の手書きフォント「ゆな字」を使いました。ありがとー。

FamilyMart EXTRA SUPER アルカリ乾電池 9V」への5件のフィードバック

  1. kazurou

    中の構造が違う、マンガン電池の006Pのような感じで、パナソニックやデュラセル(過去に松下電池と提携)とは全く違う。
    パナやデュラは分解すると細い電池が6本出るのに、これはマンガンと同じ構造、つまり東芝と近い構造、
    その癖、パナやデュラの型番と同じなので単6電池欲しさに分解して、ガッカリするケースがあり、結構単6電池が必要とする人の落とし穴でした…

    勿論、松下はOEMだけ構造を変えるような馬鹿な会社じゃないので、パナソニックからは供給していないものと見られる…

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      気になったので分解してみたら、ちゃんとパナソニックと同じAAAA電池×6個構成の電池でしたよ?
      http://miharin.wktk.so/blog/recharge/tmp/famima6P.jpg
      そもそも、パナソニックOEMの6Pはアルカリ・マンガン問わず、マイナス側樹脂リングなのでそれで判別出来ます。
      ちなみにファミマのこの前の世代の電池、マレーシア製の輸入元が伊藤忠商事のものが6LR61だったので(この電池はパナOEMでないので樹脂リングは付いていない)、kazurou様が分解した電池はそれだったのでは?
      http://www.protom.org/battery/030210-225710.jpg

      ちなみに今確認してるので、AAAA電池取りに使える電池はパナソニック製のタイ製とそのOEM、ダイソーで1個100円売ってるスーパーアルカリ乾電池が6LR61でちゃんとAAAA電池6個構成でした。
      http://miharin.wktk.so/blog/recharge/tmp/daiso6p.jpg

      返信
  2. kazurou

    そうだったのか、伊藤忠がマレーシアから輸入したものはAAAA見せ掛けで角型でした…
    それ以来、AAAA取りはパナソニックかデュラセルなので、ファミマの変化に気づかなかったのかも知れません…
    型番がAAAA取りに使える型番で買って分解して、使えなかった、あの時の怒りが出たのかもしれません、コレクションを壊させてごめんなさい。
    FDKと日立マクセルもAAAA取りに使えるが、扱いが少ないのでやはりパナになる。
    伊藤忠輸入→松下→FDK(発売するか?)と変わっていたのね…

    しかし、生産停止の品もすぐに分解する貴方は結構行動力がありますね…
    いずれにせよ誤情報で分解させて申し訳ありませんでした。

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      kazurou様、こちらこそ気遣わせて、申し訳ありません。
      実はこの電池199円で安かったので3個買い占めて後2個残っていたのですね。だから分解できたのですよ。
      http://miharin.wktk.so/blog/recharge/tmp/famima6P_2.jpg
      今後も出来る限りの検証はして行きたいと思ってますので、気になることがあればご指摘いただけば幸いです。

      返信
  3. 無名

    自分でばらしてみてみたものでAAAAだったものは
    パナ、FDK、上記のファミリー、モリトクアルカリ、ここで記事になっているPuremiumCell、エナジャイザー、SANYO、ゴールデンパワー、SONYでした。
    三菱は実際は6LF22なのに型番は6LR61○○(形式 6LF22)となっています。
    不思議です
    マクセル、日立も2000年ごろはAAAAだったみたいですが…

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。