ALKALINE BATTERY アルカリ乾電池 LR6(U)/LR03(U)

LR6(U)_1三菱電機ホーム機器が発売するアルカリ電池の新顔。元々、この電池はこのブログの姉妹掲示板である“電池掲示板”においてタレコミを頂いた電池であるのですが、今回100円均一ショップである“セリア”に行く機会があり見つけたものである。
この電池は以前このブログで紹介した、同じく三菱の「LR6(R)/LR03(R)」の後継としてセリアでは売られているようで、同電池を取り扱っていた同じく100円均一ショップの“シルク”の一部店舗においてもこの電池に切り替わっているようです。

ちなみにウチの近辺(千葉)の“シルク”では「LR6(R)/LR03(R)」が依然大量に置かれており、入れ替わる気配が無い(2014年1月現在)。

LR6(U)_2パッケージ裏のラベル。「LR6(R)/LR03(R)」と同じく、電池自体には『MITSUBISHI』ブランドが冠されていないが、ラベルにはMITSUBISHIの表示がある。バーコードのベンダーは三菱電機(4902901)。
ラインナップも「LR6(R)/LR03(R)」と同じく、単3と単4・4本入りのシュリンクパックでの展開のようです。

 

LR6(U)_3電池の外観。デザインはのツートンカラー。写真では暗めの緑に見えますが、実際は結構明るめの緑で綺麗な印象を受ける。生産国は「LR6(R)/LR03(R)」と同じく、単3・単4共に「Made in Korea」で韓国製

 

 

LR6(U)_4プラス・マイナス側。左右両端は「LR6(R)/LR03(R)」の後期版で、較べてみると絶縁リングは「」で単3マイナス極の底板も平たいものになっているので製造元は同じであると考えられる(ロケット製)。
ただし、使用推奨期限は異なっており、「LR6(R)/LR03(R)」が4年期限であるのに対し、この電池は5年期限に延長されているようである。

 

LR6(U)_5ロケット製造のアルカリ電池は外装ラベルを剥がすとロット番号を示すと思われる印字があるが今回も剥がしてみた。
まずは単3。左は「LR6(R)」で右が「LR6(U)」。使用推奨期限は前者が「11-2017」、後者が「11-2018」。両者とも2013年11月製造と思われる。ロット番号は前者が“3J17G23”、後者が“3J30G09”であった。数字は違うがアルファベットの表記は同じ。

 

LR6(U)_6次に単4。左が「LR03(R)」で右が「LR03(U)」。使用推奨期限は単3同じで2013年11月製造と思われる。ロット番号は前者が“3I30G16”、後者が“3J25G10”であった。こちらは先頭2桁が「3I」と「3J」で違う。相変わらずこのロット番号が何を表しているのかがわからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。