電池のコネタを集めてみた

最近は何だか多忙な日々が続き、今日は特に疲れているので、今回は適当な電池関係の小ネタを集めて茶を濁すことにする。

●パナソニック“リチウム乾電池”の生産国が変わった
FR6SJ_12011年10月よりパナソニックが発売している1.5Vのリチウム電池(硫化鉄リチウム電池)。発売当初はアメリカ製であったこの電池であるが、知らない間にシンガポール製に変わっていた。OEM元が変わったのか?と思いきや、元々のOEM元と思われるEnergizerの単3と単4のリチウム電池は既にシンガポール製であることから、その歩調に合わせたものと思われる。

 

FR6SJ_2プラス・マイナス側。左2本がアメリカ製で右2本がシンガポール製。両者ともプラス極のガス抜き穴?は4つ穴でマイナス極は「◎」なので特に構造上の違いは無く、両者とも製造元は同じだろう。
敢えて違う点を挙げるとすれば、アメリカ製のプラス極のシール部分がピッタリ付いているが、これは個体差だろう。

 

FR6SJ_3余談であるが、この電池は以前紹介したCR-V6PやCR-V3と同一のデザインを採用している。

 

 

 

●国内メーカー単5アルカリ電池のその後…
LR1(H)_1最近、富士通の“PremiumG”を皮切りにFDKOEMの日本製の単5アルカリ電池がインドネシア製に切り替わり始めたことを取り上げ、日本メーカーの殆どの単5アルカリ電池がインドネシア製に変わるかもということを示唆した。
その後、その記事では確認できなかった富士通“R SPEC”の単5でもインドネシア製のロットを確認。最後まで確認できなかった東芝“IMPULSE”の単5でも使用推奨期限「01-2016(2014年1月製造)」においてインドネシア製を確認しました。

LR1(H)_2東芝“IMPULSE”単5の外観。『インドネシア製』の表記になっています。これで国内メーカーの単5アルカリ電池の殆どがインドネシア製に移行し、日本製が無くなってしまいました。9V(6P)形のアルカリ電池に続き、日本製の火が消えてしまった…。悲しいですね。
電池マニアの方なら御存知の通り、殆どの日本メーカーはFDKのOEMであり、インドネシア製ですが、その中で三菱電機の単5アルカリのみは中国製で日本メーカーの中で唯一生産国が違います。

電池のコネタを集めてみた」への4件のフィードバック

  1. RQ-SX50

    お疲れ様です…
    パナのリチウム単3、かなりの本数を使っていますがこの記事を見るまで気づきませんでした。
    単5ですが、FDKに問い合わせたところ耐漏液性能は低下しているかもしれないとのことでした。
    よって国産時代のような過放電、入れっぱなしには注意してほしいとのことでした。
    あと、近いうちに単3、単4に関してもインドネシア製に置き換わるかもしれないと漏らしていました。
    置き換わるとしたらやはりR-SPECでしょうか。アピタで観察してきたところ、FDK系ではスタミナ以外は国産でした。

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      やはり、FDKインドネシア製の単5アルカリはやはり耐漏液性が悪いのですね。
      単5電池を使う機器は頻繁に電池を取り外さない目的のものが多いので要注意ですね。

      もし、FDKのアルカリ電池がインドネシア製に移行するとすれば、カタログ掲載モデルではエコノミークラスであるR SPECが真っ先に変わる可能性が濃厚でしょうが、その前に時期により日本製になったりインドネシア製になったりしている「富士通アルカリ乾電池(LR6(H)/LR03(H))」や「トップランV」がインドネシア製のみになった時がその前兆なような気がします。

      返信
  2. 無名

    メーカーが自社製品の品質低下しているかもしれない…と言うのが驚きなのですが。
    たとえ本音では低下しているかもしれないとしても「そんなことは無いので安心つぃてお使いください」的な回答が返ってくるとおもうのですが。

    インドネシア製は恐らくPOWERアルカリGHやSTMAINAと同じようなものになるのでしょう。
    単1、単2はとりあえず変化無しですかね。

    返信
    1. RQ-SX50

      FDKは以前からこんな感じですよ。情報公開にも熱心ですし。
      技術的な質問も熱心に対応してくれます。

      返信

みはりん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。