Carrefour Alcaline

carrefour1フランス資本のスーパーマーケットである“カルフール”のPB品のアルカリ電池。日本では2000年より現地法人であるカルフールジャパンが千葉・幕張などにカルフール店舗を展開していたが、業績不振でイオンに売却、カルフールジャパンはイオンマルシェに社名変更されるが、2010年にカルフール店舗をイオンに変更、イオンマルシェもイオンリテールに吸収されて現在に至る。

 

carrefour3今回の電池、未開封のまま保管しておいたのだが、酷い液漏れを発見したので、今回のブログで記録に残して程度がマシな電池を残して廃棄することにした。

特に、写真の単3の液漏れが酷い。

 

carrefour2パッケージ裏。注意書きは中国語・韓国語(ハングル語)・日本語で記載してある。発売元はカルフールジャパン(後のイオンマルシェ)なのはわかるが、輸入元が何故かオーム電機である。

単3と単4は「Made in Belgium」、ベルギー製である。

 

carrefour4液漏れなしの4本を抽出。電池テスターを使うとほぼ満タンを示すが、あの液漏れ加減を見るとこの電池を使いたくないのも確かである。推奨期限は「JUN-2008」、2008年6月。

マイナス側を見ると赤いリング(というか樹脂か?)がパナソニックのものと酷似している。もしかして、パナソニックベルギー工場製か?

 

carrefour5単4は粉吹き程度の液漏れしか無かったが、電池残量はほぼゼロでした。白ベースの緑をメインとしたデザインは結構格好いい。

 

 

 

carrefour66Pタイプ。6Pは「Made in Denmark」、なんとデンマーク製。どこのOEMなんだろ?

ちなみにパッケージには「Alkaline アルカリ乾電池」と書いてあるが、電池本体には“Alcaline”と書いてあって、どれが正しいブランド名なのかは不明。

 

 

carrefour7電池本体。液漏れは全く無しで残量も満タンでまだ使えそうである。

 

 

 

carrefour8刻印は印刷。「PD0903 ED0608」と書いてあり、ロット番号なのかな?製造日と推奨期限の表示という見方もできそうだが。

Carrefour Alcaline」への2件のフィードバック

  1. RQ-SX50

    乾電池コレクション掲示板でお世話になっているRQ-SX50です。
    既出かもしれませんが、006P電池の製造ロット表示にあったPDは製造日、EDは使用期限になります。
    エバレディ製電池や樹脂で固めてある4R25/LR25なんかでは良く見かけます。

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      RQ-SX50様、コメントありがとうございます。あちらの方ではお世話になっております。
      006P表記の件ですが、そういう意味があったのですね。
      写真の電池だと製造日が2003年9月で使用期限が2008年6月ということなんですね。
      この表記を行なっていたメーカーがわかれば、このデンマーク製電池の正体もわかりそうですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。