電池工業会に寄贈された電池と携帯電灯

一般社団法人 電池工業会”が発行する機関紙「でんち」の平成26年8月1日号に面白い記事が掲載されていました。
記事は『使用推奨期限から16年経ても点灯した奇跡のアルカリ乾電池』というタイトルで、詳しいことは当該記事を読んで欲しいので省略しますが、要約すると家の押入れにしまってあった自転車用の携帯電灯を見つけスイッチを入れてみると点灯したことに感動し、中を開けてみると使用推奨期限「02-98」と記載された液漏れも見られない古い日本製のアルカリ電池が出てきたという記事です。

superex中に入っていた電池は90年代初頭に日立家電が発売していた“スーパーEXシリーズ”の単2電池であると思われ、記事掲載の写真を拡大してみてみると『C8511 F D K 380130 Made in Japan』という記載が見られますから、富士電気化学 鷲津工場(現・FDKエナジー)製であると思われます。

 

本ブログでも過去、古いアルカリ電池が今でも使えたという記事はありましたが、どれも水銀が含有されていた頃のアルカリ電池でありました。それに比べてこの電池工業会の記事で紹介されていた電池は“水銀0使用”のアルカリ電池であると思われ、比較的液漏れしやすいと言われる水銀0使用の電池が液漏れせずに残っていたというのは珍しい事例なのではないでしょうか。
この功績を讃えて電池工業会は製造元のFDKエナジー株式会社を表彰すべきだと思いますw。まぁ、これはやり過ぎかと思いますが、この寄贈された電池を元 に電池工業会は日本製乾電池の素晴らしさを継承して頂き、日本製乾電池が増えれば自分としても大変嬉しい限りです。また、FDK自身も当社OEMの電池が 液漏れせずに今でも残っていました的なマーケティングを行えば現在の“Fujitsu”ブランドアルカリ乾電池の売れ行きも上がるのではないでしょうか。

電池工業会に寄贈された電池と携帯電灯」への3件のフィードバック

  1. RQ-SX40

    水銀0後のものは推奨から数年で使用不能になってしまったものも多かったのでかなり珍しい事ですね。マンガン電池ならば容量が残っている場合もありますが、アルカリの場合は高確率で液漏れしていますし。水銀を使っている時代のアルカリ電池ならば漏れてさえいなければ使えるものが大半というこちらも謎な現象が起きていますが…
    電池工業会に70年代製造の使用可能な電池を送り付けたらどのような反応を示すか見てみたいような気がします。昨今、マンガン電池どころかアルカリ電池、充電池の海外生産も増えて悲しい限りですね。

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      水銀が含有されていた頃のアルカリ電池は別格ですから、RQ-SX40様が仰ったように液漏れしていなければ使える個体が多いですよね。今回の寄贈は電池工業会に直接来訪されてのものだったらしいですから、送りつけるのではなくて直接電池工業会に行ったら、案外受け取ってくれるかもしれませんよ。
      確かに最近はアルカリ電池でも海外生産が多いですね…。その中で日本製を押してるのが、今回の記事でも話題になったFDKの富士通アルカリ乾電池ですが、それでも全サイズ日本製ではありませんしね。

      返信
  2. 某茶葉生産地市民

    さすがFDKですね。
    こちらの手持ちでFDK製造の国産のアルカリでの液漏れは今の所ありません。

    (やはり使用済みだとパナソニックのお漏らし率が・・・)

    OEM先もFDKのみではなくて、「富士通(FDK)製」と表記すると売れるのでは?
    電池に限らず民生用コンピュータやスマートフォンでも今でもこだわりがあるみたいなので・・・
    (私の家はPC-9821(Cu13 現在も動作)から入ったので残念ながら・・・)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。