SUPER HEAVY DUTY EH BATTERY

eh006p_1楽器店で見つけた妙な電池。アメリカのエフェクターメーカーである“electro-harmonix”(エレクトロハーモニクス、通称:エレハモ)が発売するビンテージ・ペダル用として発売している006Pマンガン電池である。

この写真の人物はエレクトロハーモニクスの創始者で社長のマイク・マシューズ氏。エフェクターなどの楽器以外からこの電池が出てきた時は間違いなく驚く一品。いたずら向けとしても最適ですw。

eh006p_2側面。発売元“electro-harmonix”の表記がある。中国製のようです。反対側には注意書きが2行。潔いですね。ちなみにこの電池が生まれたのには意味があり、マンガン電池仕様として設計されているビンテージ・ペダルの当時の音を引き出すためには電池も当時のものに近いものにしなければならないというエレクトロハーモニクスの意志のようなのです。

 

eh006p_3底面。入手したエレクトロハーモニクスの電池は“05-2013”で使用推奨期限が後1ヶ月しかありません。日本メーカーのマンガン6PのOEM元としてよく見られる中国製GPのものと比較してみましたが、全然違いますね。今回は一部、ブログ「きになるおもちゃ」からの記事を参考にしました。

SUPER HEAVY DUTY EH BATTERY」への1件のフィードバック

  1. 匿名

    安売りのイベントで購入した中国製デジタルクランプメータに付属していました。
    中国製の電池だったし、どこのプロレスラーのオッサンだろうかとしか思わなかったです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。