CLEAN & HIGH POWER マンガン乾電池 R6PV

R6PV_1以前、本ブログで単1と単2サイズのものを紹介したことのある“Fujitsu”ブランドではないFDKのマンガン電池です。
今回、チェーン店ではない小さい100円ショップで単3のものを見つけてしまいましたので購入してみました。
殆どの100円均一ショップでは普通に“Fujitsu”ブランドの赤マンガンや黒マンガンが置かれていることが多いので、このFDKのマンガン電池は珍しいのではないでしょうか。

R6PV_2パッケージ裏。商品名は『マンガン単3形』、シュリンクパックでの型番は“R6PV(4S)”となっています。
バーコードのベンダーは“FDK(4976680)”。

 

 

R6PV_3電池の外観。デザインは単1や単2のものと同じで、シルバーベースに黒+白のデザインとなっています。型番は“R6PV”となっており、インドネシア製

 

 

R6PV_4この電池は“CLEAN & HIGH POWER”の英文と「マンガン乾電池」の字体がローソンストア100で売られているバリューラインのマンガン電池と同じです。
バリューラインのマンガン電池の方は“R6P(UV)”という型番ですが、シュリンクパック上のラベルでは“R6PV(VL)”となっており、こちらの型番では類似しています。

 

R6PV_5プラス・マイナス側。特徴や刻印はバリューラインのマンガン電池と同一で、ダイソーのインドネシア製マンガン電池とも同一です。
インドネシア製ということなので、ABCブランドの電池で知られるインドネシアの電池メーカー“International Chemical Industry(ICI)”製でしょうか。
使用推奨期限は「03-2016」。FDKのホームページによると、単3マンガン電池の使用推奨期限は2年なので2014年3月製造の電池であると思われます。

★関連記事
CLEAN & HIGH POWER マンガン乾電池 R20PV/R14PV
→本記事で紹介したFDKのマンガン電池の単1と単2を紹介した記事。秋葉原の千石電商で売られていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。