無印良品 アルカリ乾電池・単3形/単4形

mujialkaline_12015年初のブログは良品計画が展開しているブランド“無印良品”のアルカリ電池を紹介します。
デザインとしてはシルバー一色のデザインで、現在のアルカリ電池では主流となりつつあるカラーですが、無印良品のアルカリ電池はかつてよりシルバーカラーであり、以前の物では注意書きの記載のみのまさに無印のシルバーデザインであったというものもありました。

 

mujialkaline_2シュリンク裏のバーコードラベル。バーコードのベンダーは良品計画(4934761)。価格は単3・4本パック、単4・4本パック共に税込250円で他には単1と単2の2本パックがあります。
なお、シュリンクはどこかで見たことがある軟質系のフニャフニャシュリンクになっています。

 

mujialkaline_3電池の外観。電池本体は前述の通り、全面シルバー一色のデザインです。文字はグレー系の色であり、バックのシルバーに同化してしまい、注意書きが若干読みにくい印象があります(全く読めないわけではありません)。
記載の社名表記は“株式会社 良品計画”で生産国は“MADE IN JAPAN”の日本製です。

 

mujialkaline_4色こそ違いますが、以前本ブログでも紹介したことのある無印良品のニッケル水素電池と同様のデザインで、文字の構成やフォントなどが同一のものになっています。

 

 

mujialkaline_5プラス・マイナス側。マイナス極の絶縁リングは「」です。日本製でなおかつシュリンクパックの包装から、FDKエナジー製であると推測されます。
使用推奨期限は単3が「11-2018」、単4が「10-2017」でした。時期的に5年期限と推測され、それぞれ2013年11月、2012年10月製造の電池であると思われます。売れていないのか、意外にも長期在庫の電池でした。

mujialkaline_6おまけ。電池を買った時に入れてくれた袋です。無印といえば無駄に飾らないシンプルなデザインが魅力ですよね。
今回紹介した電池もそんな無印らしいシンプルさが感じられた電池でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。