MITSUBISHI ELECTRIC アルカリ乾電池EX LR6(EXD)

LR6(EXD)_1いつの間にか刷新されていた“三菱電機ホーム機器”のアルカリ電池です。この刷新は2015年2月に行われたようで、ラインナップが全て入れ替わり、アルカリ・マンガン電池だけではなく、全ての電池が三菱電機の新ロゴである、スリーダイヤマーク+“MITSUBISHI ELECTRIC”ロゴになりました。
今回紹介するのは三菱のアルカリ電池でも上位グレードに位置付けられる“POWERアルカリEX(電池上の表記はアルカリ乾電池EX)”の単3です。

LR6(EXD)_24本入りブリスターパックのパッケージです。左が旧世代に当たるアルカリEXJです。旧世代ではパッケージや電池上では“POWERアルカリEX”を名乗りながらも型番からであるアルカリEXJという通称を用いていましたが、今世代ではわかりにくかったのかアルカリEXという通称になり型番由来のEXDという名称は用いていません。
キャッチコピーである“長持ちハイパワー”は前世代と同様です。

このアルカリEXのリニューアルはデザインの変更のみでなく、従来品のアルカリEXJと比べるとモーター玩具相当の放電において約20%の性能UPを実現している他、未使用耐漏液性能もアップしていることがホームページ上に記載されています

LR6(EXD)_3パッケージ裏。ちなみに旧世代のアルカリEXJよりも今世代のアルカリEXの方が若干パッケージが大きくなっており、富士通アルカリ電池のブリスターパックでおなじみの“ワンプッシュ取り出しブリスター”が採用されています。
型番は旧世代が“LR6EXJ/4BP”、今世代が“LR6EXD/4BP”となっており、型番コードは“49J513”と“49J523”となっていました。

 

LR6(EXD)_4電池の外観。のツートンに加え、真中にのラインが入っている特徴的なデザインになっています。青はどちらかと言うと紺色に近い色というべきでしょうか。
パッケージ上では“POWERアルカリEX”となっているブランドも電池上では“アルカリ乾電池EX”となっています。
社名表記は“三菱電機ホーム機器株式会社”で日本製となっています。

 

LR6(EXD)_5旧世代との比較です。旧世代のアルカリEXJは金と青だけではなく、黒も織り交ぜたものとなっており、“長持ちハイパワー”というキャッチコピーの記載も相まってゴチャゴチャした印象を受けますが、今世代のアルカリEXではそれらが一切廃され、スッキリした印象になりました。
まぁ、このゴチャゴチャな表記が三菱アルカリ電池の個性と思っていましたから、シンプルな普通のアルカリ電池と同じようなデザインになってしまったのは残念とも思う点ではあります。

LR6(EXD)_7プラス・マイナス側。マイナス極の絶縁リングは「」で日本製とのことですから、FDKエナジー製であると推測されます。ただ、使用推奨期限の印字が現在の富士通ブランドのアルカリ電池で見られる大きい使用推奨期限の印字でないことから、中身は富士通ブランドのアルカリ電池とは違うのかもしれませんね。
使用推奨期限はアルカリEXJが「12-2023」、アルカリEXが「02-2025」となっていました。

どちらとも使用推奨期限は10年ですから、それぞれ2013年12月と2015年2月製造の電池です。特にアルカリEXの方は発売したばかりの電池のため恐ろしいほど新鮮な電池になってますね。

しかし、近所でもこの三菱のアルカリ電池を取り扱っている販売店が存在しておらず、今回はヨドバシカメラより取り寄せて入手しました。ヨドバシカメラはホームページ上に掲載されている商品であれば1個からでも取り寄せてくれますから便利です。店頭受け取りにすれば一切の手数料もかかりませんしね。

MITSUBISHI ELECTRIC アルカリ乾電池EX LR6(EXD)」への2件のフィードバック

  1. 某茶葉生産地市民

    これ、エネループのパナループ化のショックの再来ですね・・・
    でも、エネループよりはまだまともなのかなぁ・・・という感じもします。

    返信
  2. kazurou

    またデカデカとスリーダイヤ入れたもんだね…
    デザイン的にはすっきりするけど、なんか違和感があるような…

    返信

某茶葉生産地市民 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。