Fujitsu 点灯管・グロースターター FG-1E/100V 5Wナツメ球

FB222_1Fujitsuブランドで電池を発売しているFDKが配線器具などの電池関連用品として発売しているナツメ球点灯管(グローランプ/グロースターター)です。
かつて、FDK(富士電気化学)が発売していた、富士通乾電池ファミリーの製品にはFujitsu DRY BATTERY”の記載がありましたが、現在は単に“Fujitsu”ロゴのみの記載となっています。

 

FB222_2パッケージ裏。社名表記は“FDK株式会社”となっており、バーコードのベンダーも同社のものになっています(4976680)。型番はナツメ球が“FB222(2H)”、点灯管が“FB223(2H)”となっています。
これは現在でもFDKのホームページ上に記載されている現行品で、あるスーパーで“Fujitsu”ブランドの電池と同じ所に売られていました。

 

FB222_3ナツメ球。これは蛍光灯の脇っちょに付いている豆電球、いわゆる常夜灯の電球です。自分は未だにこれが点いていないと寝られない人間でありますw。
FDKが自社製造していることはありえず、他社生産であることは明らかですが、電球には“1C 100V/110V 5W”と書かれているのみで電球からはどこ製かどうかはわかりません。おまけにパッケージにも生産国の記載はありませんでした。

FB222_4点灯管。これは10Wから30Wの蛍光灯に使える“FG-1E”というタイプの物です。かつてはFG-5Pなど、他のサイズの点灯管も発売されていたようですが、現在は需要が一番高いと思われるこのFG-1Eのみの発売となっているようです。
こちらも社名の記載はありませんが、以前本ブログで紹介したFG-5Pトヨスター製であったことや同社のホームページで見れる点灯管の写真を見る限りではよく似ているので、トヨスター製なのではないでしょうか?

★関連記事
Fujitsu 点灯管・グロースターター FG-5P FB213(B)
→かつて、同じくFDKが“Fujitsu DRY BATTERY”ブランドで発売していた点灯管であるFG-5Pを紹介した記事。

Fujitsu 点灯管・グロースターター FG-1E/100V 5Wナツメ球」への1件のフィードバック

  1. kazurou

    ナツメ電球事体最近買っていないし、
    点灯管も最近インバーターなので最近買ったのが、5年ほど前になってしまいますね…
    (それも電子点灯管…)

    富士通電池が電球関係まで売っているとは知らない人も居そうです、
    蛍光灯をOEMですら扱っていないメーカーなので、結構隠れたFDK製品ですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。