Danelectro(R) Vintage Power SourceTM S006P

danelectros006p_1楽器店で見つけた006Pのマンガン電池です。これは1947年に設立されたアメリカの楽器メーカー“DANELECTRO(ダンエレクトロ)”の電池で同社のエフェクター向けに発売されているもののようです。位置付け的には以前、本ブログで紹介したエレハモの006Pに近いものでしょうか。
デザインは現在のものとは思えないレトロデザインで何とも良い感じでありますね。それ故に新しくても捨てられそうなのが玉に瑕でしょうか。

 

danelectros006p_2側面。プラス極側の側面には『9VOLT BATTERY – S006P』と記載されています。その下には“(C) EC 1996”の著作権表記があります。これはダンエレクトロブランドの製品を発売している母体“Evets Corporation”の略であると思われます。1996という年号はこのデザインの電池が初めて発売された年でしょうか。
原産国は“Made in China”で中国製です。

 

注意書きは英語のみで“0% MERCURY”の表示がありますから、水銀は含有されていないようですが、WEEEマークに“Pb”の記載がありますから、鉛は含有されているようです。

danelectros006p_3底部。以前、本ブログで紹介した“GoldenPower Long Life”の006Pと比較してみると、底板プラスチックの色と使用推奨期限の印字がよく似ています。でも、個人的にはこの電池はどこのOEMかというよりかはデザインを楽しみたい電池なのであんまり深追いはしたくはないですが…。
使用推奨期限は「2016-10」。2年期限と推測すると、2014年10月製造の電池であると思われます。

danelectros006p_4ちなみにこの電池、かつては香港製(Made in Hong Kong)でした。現在売られている中国製のものと比較してみるとマイナス極の端子が異なっているほか、外観も白い部分の色味が若干異なっています(香港製は白っぽく、中国製は青白い)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。