日立乾電池 超高性能 006P 9V

hitachi006p_1かなり古そうな“HITACHI”ブランドの006P『日立乾電池 超高性能』です。年代は不明ですが、“HITACHI”ロゴの特徴から見るに1960年代頃の電池であったのではと思われます。
それにしても、色々な色が入り混じった特徴あるレトロデザインはカッコいい印象のある電池ですね。

 

 

hitachi006p_2実はこれ、電池ではなくマッチでした。恐らくは、当時販促品として日立のお店などで配布されたものであると推測されます。中には当時のマッチがそのまま入っていますが、年代が年代なだけに湿気でダメになっている可能性が高そうですね。
もちろんこれはマッチなので、片面にはマッチを擦るための“やすり”面があります。1枚目の写真ではこれを隠すための写真を撮るのに苦労しました。

hitachi006p_3電池、いやマッチ箱の表裏。表面には『日立乾電池 超高性能 006P 9V』と日本語での表記が、裏面には『HITACHI HIGHEST QUALITY 006P 9V』と英語での表記があります。
自分は実際にこの電池の実物を見たことが無く、この電池が実在していることは不明ですが、マッチ箱の広告にも用いられているほどですから、ほぼ実際の電池を再現していると考えられます。

 

hitachi006p_4側面。前述の通り、片面はマッチを擦るための“やすり”面が、もう片面には“トランジスタラジオ用”と用途が、その下には“CODE NO. H-F0”という謎の番号が記されていました。
¥130”と価格も記載されており、値段からマッチの価格ではなく電池本体の価格であると推測されます。1960年代で130円と言うと相当高かったものなのではないでしょうか?

 

hitachi006p_5実際の006P(写真右)との比較。マッチ箱の大きさは実際の006Pと同一サイズで、こちらも恐ろしいほど再現しています。ここは本物も入手して比較してみたいところですが、限りなく入手困難なんだろうなぁ…。
今まで、マッチ箱に電池の広告が印刷されているものは多数見てきましたが、本記事のような電池型のマッチというのは珍しい存在なのではないでしょうか。マッチなら電池と違い、液漏れも無いのでコレクションにも最適ですね。

日立乾電池 超高性能 006P 9V」への1件のフィードバック

  1. kazurou

    やられました、
    マッチとは時代を感じさせます…
    今なかなかマッチ景品にする企業無いですもんね。

    かつては鋳物コンロの近くに置いてありました…
    消しゴムとかはよくありますが、マッチとは…

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。