ベイシアグループ乾電池のまとめ

beisia1以前、カインズPB品のアルカリ電池を紹介した時に、セーブオンカインズホームのPB品が売っていたので同社の親会社であるベイシアではどんな電池が売られているのだろう?と書いたのだが、最近ベイシアグループ系3店に立ち寄ることが出来たので、今回はベイシアグループで売られている電池を紹介する。

 

 

●ベイシア電器

beisia2ベイシアグループの電気量販店“ベイシア電器”。同店では「Be VALUE」というPB品があり、その中のシリーズとしてアルカリ電池が存在する。単1から単4までのラインナップで全てが中国製、輸入元が加藤産商株式会社、発売元はベイシア電器である。

価格は単3・単4が98円、単1が198円であった。

 

 

beisia3マイナス側。単3は赤リングでMEMOREX(兼松)のアルカリ電池に似ている。単1の方も似ている感じですね。

 

 

 

●カインズホーム(ベイシア・セーブオン)

beisia4ベイシアグループのホームセンター“カインズホーム”。同店では以前紹介した銀色の供給元FDKのものがPB品として発売されている。これはスーパーマーケット“ベイシア”も同一の電池が売られており、価格も同じだった。

現在、カインズホームに行くと銀色FDKと併売されている電池として、写真の金色デザインの電池を発見した。

 

beisia6デザインは既に発売されているカインズPB品のニッケル水素電池を踏襲したデザインとなっており、ニッケル水素電池が銀ベースなのに対し、アルカリ電池は金ベースのデザインとなっている。こういう統一デザインは電池コレクターの心をくすぐりますね。

 

 

beisia5マイナス側。単1から単4までのラインナップで全て中国製である。価格は銀色FDKと同じ。現在は併売だが、そのうちFDKが無くなるのかもしれない。

 

 

beisia7最後にカインズホームで売られていた、発売元:ベイシアグループ、供給元:FDK株式会社のマンガン電池。こちらは単1から単3までのラインナップ、全てインドネシア製であった。おそらく、以前紹介したローソンストア100バリューラインのマンガン電池と同じものと思われる。価格は全て78円。単3は使用推奨期限切れ間近だったので、68円になっていた。

ベイシアグループ乾電池のまとめ」への4件のフィードバック

  1. 某茶葉生産地市民

    最近本数と価格は上昇しましたが、カインズホームのものでFUJITSUロゴつきでFDKからの供給品が再登場しました。
    近日中に電池掲示板に投下する予定です。

    返信
  2. 大高誠治

    質問致します。単三電池、アルカリ乾電池、の使用推奨期限はなんねんかんですか?お聞き致します。それに、何年経過致しますと包装したままでも液体が漏れますか。2点お伺いたします。

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      単3アルカリ電池の使用推奨期限はメーカーによって異なり、更にブランドやランクによっても異なりますので一概に何年とは言い切れませんが、現在は5年か10年のものが主流です。
      未開封の電池が何年経過すると液漏れするか?という質問ですが、粗悪な電池だと使用推奨期限を迎えずに液漏れすることもあるため、こちらも一概に何年と言い切れるものではありません。少なくとも国内メーカーの電池であれば使用推奨期限内の電池を使えばまず液漏れすることはないでしょう。それでも心配なら、マクセル「ボルテージ」富士通(FDK)「プレミアムタイプ」のように液漏れ補償が付いた電池を使うのも手です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。