Can★Do アルカリ乾電池 ALKALINE 単3形/単4形

candoalkaline_1かつて売られていた100円均一ショップ“キャンドゥ”のアルカリ電池です。この電池は単3・単4共に6本パック・108円(税込)で売られていた電池で、つい最近までは売られていた印象がある電池であったような気がしますが、現在ではどこのキャンドゥでも見られることが無く、発売終了したのではと考えられます。
写真の電池は独立系の100円均一ショップがキャンドゥに転換した店舗で売られていたものを入手したものです。

candoalkaline_2これがパッケージです。電池の性能を表すキャッチコピー等は無く、『お徳用 6本セット』ということで量が多いことをウリにしている電池であるようです。
発売元は“株式会社キャンドゥ”で、バーコードのベンダーも同社のものとなっています(4521006)

 

candoalkaline_3電池の外観と注意書き部分。デザインは遠くからでもアルカリ電池だとわかる、背景色が金色のベーシックデザインです。こういったごく普通なデザインの電池のコメントし難いところです。
発売元はパッケージと同じく“株式会社キャンドゥ”、生産国は“MADE IN CHINA”で中国製となっています。

 

candoalkaline_4上からキャンドゥワッツモリトクのアルカリ電池ですが、表の絵柄は違うものの社名表記部分と、注意書き部分はまるでモリトクと協定を結んだかの如くそっくりです。単純に言えばモリトクのアルカリ電池のデザインを担当した会社?が同じと言えそうですが。
ちなみに表の『』という表記もそこはかとなく似てるなぁ…。

 

candoalkaline_5プラス・マイナス側。マイナス極の絶縁リングは無いタイプになっています。使用推奨期限は単3・単4共に「10-2019」。時期的に5年期限と推測され、2014年10月製造の電池であると思われます。
“meets.(ミーツ)”や“シルク”といった100円均一ショップを展開するワッツではアルカリ電池6本パックの発売を終了し、5本パックに移行しましたが、キャンドゥもそれに追随するのでしょうか…?

candoalkaline_6最後に外装ラベルをひん剥いでみました。単3の方は小さい印字で「F0610 417」というロット番号が、単4の方には横書きの印字で「A1110405」というロット番号がありました。
単4のロット番号は印字の特徴がワッツのアルカリ電池三菱電機ホーム機器のアルカリ電池(LR6(R)/LR03(R))と同様のものなので、同じ製造元なのではないでしょうか。

 

candoalkaline_7今回も外装ラベル剥がしついでにマイナス極のガス抜き穴も見てみましたが、単3・単4共に2つ穴タイプでごく一般的なものでありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。