Energizer E96 AAAA(LR8D425)

E96_1アメリカの電池メーカーである“Energizer”が発売している“E96”というアルカリ電池です。これは日本では“AAAA電池”とか“単6電池”と言われる種類の電池で、単4電池よりも細身の大きさの電池となります。
日本では小泉成器(旧・シック・ジャパン)が発売している、この“Energizer”ブランドの電池が唯一量販店などで入手できるAAAA(単6)電池であり、他にこのサイズの電池を発売している電池メーカーはありません。

E96_2電池の外観。以前、購入した時はアメリカ製だったのですが、今回購入したものでは中国製に切り替わっていました。
ちなみに写真上の使用推奨期限「03-2017」がアメリカ製で下の使用推奨期限「12-2020」が中国製です。皮肉なことに、中国製のほうがアメリカ製よりもシルバー部分に光沢があって綺麗です。

 

E96_3注意書き部分。上2本がアメリカ製下2本が中国製です。ちょうど原産国表記の部分が光の反射で読み難くなっていますが、それぞれ“Made in U.S.A. for:”、“Made in China for:”の記載が見えると思います。
その他の部分は注意書き部分を含め、全く同じ表記です。電池には“无汞”の表記であり、水銀は含有されていないようです。なお、パッケージには「ZEROMERCURY」の表示がありました。

E96_4プラス・マイナス側。左2本が中国製で、右2本がアメリカ製です。明らかにプラス極の形状が異なっています。中国製にはマイナス側に「PD 02-2015」という製造日らしき印字がありました。使用推奨期限は「12-2020」となっていましたから、期限は5年10ヶ月?何だか、辻褄があわないなぁw。

 

E96_5パッケージ裏。日本で“Energizer”ブランド製品の輸入・販売は小泉成器に移管されたことを本ブログで取り上げましたが、今回購入した“E96”ではパッケージの社名表記が『日本販売代理店:小泉成器株式会社』に変わっていました。ただし、バーコードのベンダーは“シック・ジャパン(4903601)”のままです。
ちなみにパッケージ上の使用推奨期限は「02-2019」となっており、電池記載の使用推奨期限と一致していない。

しかし、パッケージの原産国表示“Made in Chaina”はカンベンして欲しいなw。

E96_6最後に手元にあったので、同じ“Energizer”ブランドの単4と比較してみました。柄が同じからか、間違えそうですね。一見、単4にも似ていますので、購入時はご注意を。
ちなみにこの電池は量販店で2本300円前後しますが、大手ショッピングサイト“amazon.co.jp”にて、amazonベーシックのAAAA電池が4本488円で売られていますので(2015年9月現在)、ネット環境にある方はこちらの方が得かもしれません。

えっ?6LR61をバラせばいいじゃないかって?一応、メーカーでは分解行為を禁じていますので自己責任でどうぞ。参考までに“タイ製”の電池をバラすと幸せになれるかもしれませんよ。

Energizer E96 AAAA(LR8D425)」への3件のフィードバック

  1. 某茶葉生産地市民

    エナシャイザーは販売地によって製造国が違うと思いますが、販売元変更で日本仕様がでた…なわけないか。

    フィリピンでは中国製でしたし、インドネシアではエヴァレディでしたがFDKインドネシア製造のものを確認しております。

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      この電池は店頭で一度手に取って見た方ならわかると思いますが、単3・単4リチウム電池と異なり、海外版パッケージに日本向けの注意書きラベルを上から貼り付けただけの物になっています。
      http://miharin.wktk.so/blog/wp-content/uploads/2015/09/E96_7.jpg

      なので、物自体は海外版と同じものではないでしょうか…。

      返信
      1. 某茶葉生産地市民

        よくみたら東南アジア北部向けに日本語ラベルを貼ったみたいですね。

        マレーシア、フィリピンと、何故か中東エジプト向けの表記がありますね。

        フィリピンではエバレディーにエナシャイザーが主力ですが、マレーシアやエジプトでも主力だったりして…

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。