Soshine UNIVERSAL Li-ion Ni-MH LCD Charger SC-S7

SC-S7_1この間行った秋葉原のあきばお~で購入した、Soshineというメーカーのリチウムイオン電池・ニッケル水素電池共用のユニバーサルチャージャーです。なんといってもこの充電器の特徴はこの小ささで液晶を備えてること。一目惚れしました。値段は1800円。微妙な値段なような気がしますが、液晶が面白そうでしたので自分は即決でした。

 

 

SC-S7_2パッケージ裏。付属品はUSBケーブルのみ。そう、この充電器はUSBで充電するタイプの充電器なのです。後に紹介しますが、ACアダプタ接続も可能で12V1Aのもの、例えば秋月電子通商だとこのタイプのACアダプタがプラグ・極性も全く同じで使えます。説明書も台紙?のペラ紙が説明書(しかも英語表記)であり、ある意味プロ向けの充電器とも言えそうです。

 

SC-S7_3下の部分をスライドすればどんな充電池でもセット可能。一応、表記に書いてある対応電池はリチウムイオン電池が18650・18500・14500・16340・RCR123、ニッケル水素電池がAA(単3)・AAA(単4)です。ちなみにこの電池以外だと、写真の様にCR2(充電式)が実装できてますし、ガム型ニッケル水素電池も実装・充電可能でした。ただ、この充電器の出力は1Aなので(後述)、CR2のように容量が少ない電池の充電は厳しいかもしれません。

SC-S7_4端子部。USBミニBの入力端子とACアダプタジャックのみのシンプル構造。その他ボタンやスイッチなどは一切付いていません。

 

 

 

SC-S7_11充電器裏。仕様が記載してあります。ニッケル水素電池の出力が1.45V 1Aでリチウムイオン電池の出力が4.2V 1A。リチウムイオン電池の充電方式が「定電流定電圧充電(CC/CV)」、ニッケル水素電池の充電方式が「-ΔV(マイナスデルタブイ)充電」のようですね。

 

 

リチウムイオン電池を充電してみる

SC-S7_5まずはリチウムイオン電池を充電してみます。試しにパナソニックの“NCR18650B”を充電してみました。リチウムイオン電池の充電中は液晶に電池の充電率、電圧、そして充電経過時間が表示されます。

 

 

 

SC-S7_6充電完了!完了時は液晶に「FULL」が表示、そして下のように充電時間と充電容量が交互に表示されます。この充電容量はその電池の容量表記ではなく、この充電器で充電した容量の積算表示のため、本当の容量を求めるには電池を空にしてからこの充電器で充電するということをしなければならないようです。

SC-S7_7

ニッケル水素電池を充電してみる

SC-S7_8今度はニッケル水素電池を充電してみます。充電対象電池は以前ダイソーで2本500円で売っていたGPの1600mAhです。ニッケル水素電池の充電中はリチウムイオン電池の時と違い、充電率の表示がありません。それでリチウムイオン電池の充電モードなのかニッケル水素電池の充電モードなのかを見分けられます。

 

 

SC-S7_9充電完了!こちらも充電率の表示が無い以外はリチウムイオン電池の充電時と同じで、充電時間と充電容量が交互に表示されます。今回はこんな結果が出ました。ほぼ空の状態の電池を充電したので、正しい容量表記が出たのではないでしょうか。しかし、1878mAhというのは…。

SC-S7_10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。