ahydrate アルカリ乾電池 単3形 LR 6

ahydrate_1 今回は“アイ・フィット工業”が発売するアルカリ電池「ahydrate」を紹介します。日本メーカーの電池にしては珍しく、どう読んで良いかがわからないブランド名ですが、ワタシ的には“アハイドレート”としか読めませんでした。多分、これで正しいでしょうw。
プラス極が「」、マイナス極が「」でそれを囲むように真ん中の黒が象徴的なデザインです。また、黒の部分は四角形が交互にデザインされていて、なかなか細かいです。

ahydrate_24本入りブリスターパックのかけら。キャッチコピーは『長持ちハイパワー』。ちなみにこの電池、とあるリサイクルショップにて3本だけ入手したのですが、この電池が実際に売られている光景を見たことがありません。恐らく、100円均一ショップ周りで流通しているのかな?とは思うのですが…。

 

ahydrate_3パッケージ裏。社名表記は“アイ・フィット工業 株式会社”でバーコードのベンダーも同じく、“アイ・フィット工業(458237051)”となっていました。

 

 

ahydrate_4電池の外観。注意書きは至って無難なもので、特筆すべき点はありません。もちろん「水銀0使用」。社名表記はパッケージと同様に“アイ・フィット工業 株式会社”。生産国は“MADE IN CHINA”で中国製となっていました。

 

 

ahydrate_5プラス・マイナス側。マイナス極の絶縁リングは無いタイプでした。使用推奨期限は「04-2019」となっていました。時期的に5年期限と推測、2014年4月製造の電池と思われます。

 

 

ahydrate_6外装ラベルを剥がしてみました。すると、4ケタのロット番号が3段で「14 04」・「03 11」・「13 B1」と記載してありました。このパターンの印字は初めて見ました。
ちなみにガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプです。

 

 

ahydrate_7蛇足ですが、この電池は以前紹介した紅白の“alkaline battery”とよく似ています。デザインこそ違いますが、“ahydrate”と“alkaline battery”のフォントが同じ両者とも小文字の“a”をモチーフとしている注意書きの構成が同じ、という点があります。
決定打なのは“Asia Trade Industrial Co.”と“アイ・フィット工業”の問い合わせ先の電話番号が同一という点です。この事から両者は同じ発売元であった可能性が高いと思われます。

★関連記事
alkaline battery
→本記事の最後で触れた、“ahydrate”ブランド電池と一致する特徴を持つ、紅白デザインが印象的なアルカリ電池を紹介した記事。この記事においても、やはり“アイ・フィット工業”の電話番号と同じであることを記載しています。

ahydrate アルカリ乾電池 単3形 LR 6」への2件のフィードバック

  1. さららさん

    東北の震災の前
    5~6ヶ月前くらいかな6本シュリンクと8本シュリンクで埼玉県の
    キャンドゥや地域の小さい100均でずっとうっていたよ
    震災後は100均からなくなり
    埼玉県のいくつかのスーパーやドラッグストアで
    8本シュリンクのが300~450円でうられていたよ
    その後は全くどこにもみなくなった

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      情報ありがとうございます。
      こちら、千葉県なのですが、近隣の100円均一ショップなどでこの電池を見ることはありませんでした。
      埼玉県ではよく見られた電池だったのですね…。
      現在メーカーサイトでは何故か単1のみの掲載であるので、単3は販売終了してしまったのかも。
      http://www.i-fit.co.jp/products/#p4

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。