CASIO R6 SIZE AA UM-3 1.5V その2

casio_1“CASIO”ブランドの電卓や腕時計で知られる、カシオ計算機のマンガン電池です。以前、本ブログでは1989年10月製造である“CASIO”ブランドのマンガン電池を紹介したことがありますが、今回紹介するものはそれよりも新しい年代のものになります。
恐らくはカシオの製品に付属として付いてきた電池だと考えられ、ブランド名などは特に無く、“CASIO”という社名ロゴが一際目立つ電池です。

 

casio_2注意書き部分。社名表記が無いのは1989年版と同様で、片面に日本語の注意書きが、もう片面には英語での注意書きが記載してある点も同じです。
生産国は“MADE IN JAPAN”で日本製、デザインは大変古臭いですが、しっかり「水銀0使用」の電池です。

 

DO NOT RECHARGE,SHORT,SET RE-
VERSELY OR DISPOSE OF IN FIRE.

<ご注意>この電池は充電式ではありませ
ん。充電すると液もれ破損するおそれがあ
ります。液もれ、はれつのおそれがあるの
で(+)(-)を正しく入れてください。
[使用推奨期限(月-年) 電池本体に表示]

casio_31989年版と比較してみました。両者ともに青をバックグレーの文字という点は同じでデザインも全く同じものですが、1989年版は青が濃いのがわかります。むしろ今回紹介したものは水色に近い色になっています。
更に、1989年版には電池の種類が書かれておらず、何の電池であるかがわかりませんでしたが、今回紹介したものでは『マンガン乾電池』と電池の種類が記載されています。

casio_4プラス・マイナス側。プラス極の絶縁リングは「」です。使用推奨期限の印字はマイナス側にレーザー刻印されたもので、これは松下電池工業(現・パナソニック)製であると思われます。電池本体にも“MABI”の記載がありますので、ほぼ間違いないでしょう。
使用推奨期限は「06-97」。2年期限と推測すると、1995年6月製造の電池であると考えられます。

 

★関連記事
CASIO R6 SIZE AA UM-3 1.5V
→本記事でも比較を行った1989年10月製造の同マンガン電池を紹介した記事。

CASIO R6 SIZE AA UM-3 1.5V その2」への2件のフィードバック

  1. せんし

    電池にはあまり関係ないかもしれないコメントですけど・・・

    実際僕は電池が充電したりして破裂している光景を見たことがありませんw

    返信
    1. みはりん 投稿作成者

      ワタシは1回、単5のマンガン電池が破裂した光景に遭遇したことがありますよ。しかも、何もしていないのにです。あの電池小さいのに爆竹が鳴ったかのような大きい音でビックリした覚えが。
      まぁ、電池をコレクションしてると色々なことがありますね。破裂・液もれ・発火、等など…。

      返信

せんし にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。