GPOEM 6P電池のまとめ

GP6P_1日本で流通している006Pマンガン電池の中で大手メーカーも含め、殆どがGP Batteriesのものであることは電池マニアなら周知の事実である。GPOEMの6P電池をにらめっこしていたら、ある特徴があったのでここにメモ書きしておく。

ちなみに写真のが本家GPのマンガン電池のラインナップ。左から赤マンガン相当の「POWERCELL」、黒マンガン相当の「SUPERCELL」、さらにその上位の「GREENCELL」が存在した。

●底板“黒”、推奨期限「mm-yy」表記(台湾製??)

GP6P_2自分が見た中では一番古いタイプのGPOEMの電池で、使用推奨期限が「月-年」下2ケタで表示されているタイプ。写真の「GP黒」と「PEAK POWER」には生産国が書かれていないが、東芝の黒マンガン「キングパワーブラック」には台湾製の表記がある。

確認した電池(カッコ内は使用推奨期限)
・GP SUPERCELL(07-98)
・TOSHIBA KINGPOWER Black(05-97)
・PEAK POWER 1604SP(06-05)

●底板“黒”、推奨期限「mm-yyyy」表記(中国製)

GP6P_3底板が黒で使用推奨期限が「月-年」年が4ケタで表示されているタイプ。

確認した電池(カッコ内は使用推奨期限)
・GP POWERCELL(05-2011)
・Fujitsu MANGANESE 3600(09-2004)

 

 

●底板“銀”、推奨期限「mm-yyyy」表記(中国製)

GP6P_4現行。底板が銀で使用推奨期限「月-年」年が4ケタで表示されているタイプ。

確認した電池(カッコ内は使用推奨期限)
・TOSHIBA KINGPOWER CREEK(04-2014)
・GP GREENCELL[ダイソー専売品](01-2013)
・maxell SUPER POWER ACE BLACK(02-2014)
・MITSUBISHI SUPER HEAVY DUTY(07-2014)
・POWER PLUS[GP-1604SP](09-2013)

この記事では大きく3つに分けて種類を掲載してみたが、時期によって変化したのか、混在だったのかは不明である。各項目GPの電池を入れて確認したのでどれもGPOEMのものと思われるが、今回は自信がないのでw、何かあればコメント欄まで。

GPOEM 6P電池のまとめ」への2件のフィードバック

    1. みはりん 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      三菱・東芝・日立は今回紹介したGP系のものっぽいですが、明らかにマクセルは違いますね。
      底板は黒ですが、四角の突起がGPのものとは異なるっぽいので、GPとはきっと別物でしょう。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。