Alkaline Battery アルカリ乾電池 単1形/単2形 LR20(2S)AT / LR14(2S)AT

LR20(2S)AT_1以前、当ブログで主に日用品を扱う商社である“株式会社あらた”が販売し、FDKが製造するアルカリ電池を紹介しました。こちらの記事で単3および単4の10本パックを紹介しましたが、今回単1と単2の2本パックを別の店舗で発見しましたので紹介します。
デザインは単3と単4同様に白をベースとした赤色の文字が特徴。マイナス側には電池のサイズ分の線(単1は1本単2は2本)が書かれているのも同様です。

LR20(2S)AT_2パッケージ裏のバーコードラベル。型番は単1・2本パックが“LR20(2S)AT”で、単2・2本パックが“LR14(2S)AT”となっており、バーコードのベンダーは“あらた(456030985)”となっていました。
ちなみにシュリンクは例の軟質系フニャフニャシュリンク。これで生産国と製造工場はわかっちゃいましたね。

 

LR20(2S)AT_3注意書き部分。単3と単4と同様に注意書きの文面やフォントはFDKが発売しているアルカリ乾電池と同様です。販売元は“株式会社あらた”、製造元は“FDK株式会社”となっています。
生産国は包装からの推測通り、“MADE IN JAPAN”で日本製。恐らくFDKエナジー鷲津工場製であると推測されます。

 

LR20(2S)AT_5プラス・マイナス側。マイナス極には日本産FDKエナジー製の単1と単2アルカリ電池でお馴染みな“逆装填防止機能”が装備されています。
使用推奨期限は単1・単2共に「02-2020」。時期的に5年期限と推測、2015年2月製造の電池であると思われます。ちなみに以前当ブログで紹介した単3や単4も同じ使用推奨期限でした。もしかしてこの電池、この時期限定のスポット生産だったのかな…。

LR20(2S)AT_6最後にフルラインナップ。これを見ると電池下部の電池サイズ分の線という意味も良くわかると思います。
単1と単2が日本製で単3と単4がインドネシア製という構成はファミリーマートコレクションのアルカリ電池三菱電機のアルカリ電池Gなど、主にエントリークラスのアルカリ電池で見られます。このことから、これもエントリークラスに位置付けられているアルカリ電池なのでしょう。

 

★関連記事
Alkaline Battery アルカリ乾電池 単3形/単4形 LR6(10S)AT / LR03(10S)AT
→本記事で紹介したアルカリ電池の単3と単4バージョンを紹介した記事。本文でも触れていますが、こちらはインドネシア製となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。