Fujitsu アルカリ乾電池 単3形/単4形 10本パック LR6D(10S) / LR03D(10S)

lr6d10s_1今回はあるディスカウントストアにて発見したFDK、“Fujitsu”ブランドのアルカリ電池を紹介します。表面は金を基調にした青バックで“Fujitsu アルカリ乾電池”のデザインは何だか安っぽそうです。恐らく、そんなデザインの通りエントリークラスに当たるアルカリ電池なのでしょう。

 

 

lr6d10s_2パッケージ。これまた安そうなデザインですね。写真の単3と単4の10本パックは税抜299円でした。しかも日本製です。FDKは自社工場を持っているので、価格をここまで抑えても国産を維持できると言うのは一つの強みなのかもしれませんね。
キャッチコピーは『長持ちハイパワー』。ですが、文字が小さくてちょっと控えめかな。使用推奨期限5年の記載があります。なお、バーコードのベンダーは“FDK(4976680)”となっています。

lr6d10s_3電池の外観。社名表記は“FDK株式会社”で“Fujitsu”ブランドの電池としては珍しく住所表記が無く、フリーダイヤルの電話番号だけの記載になっています。生産国は“MADE IN JAPAN”でパッケージ表記にもあったとおりの日本製です。
後述しますが、注意書きは一般市販モデルであるプレミアムタイプハイパワータイプロングライフタイプと同じ文面の注意書きを使っています。もちろん、誤字などはありません。

店頭で一般市販していて、同じく使用推奨期限が5年な富士通のロングライフタイプ(単3)と比較してみました。写真内側2本です。ロングライフタイプの方はプラス極側にの線が入っており、領域が狭く文字は小さめですが注意書きは同様です。
一つ違う点はロングライフタイプにはJISマークの表記があるのに対し、Fujitsuアルカリ乾電池には表記がありません。よく見てみると“単3”のフォント(字体)が同じですね。

プラス・マイナス側。マイナス極の絶縁リングは「」。この特徴を持つ日本製ですから、FDKエナジー製で間違いないでしょう。おまけに包装も例の軟質系フニャフニャシュリンクでしたし。
使用推奨期限は単3・単4共に「09-2021」。パッケージには『使用推奨期限5年』との記載がありますので、2016年9月製造の電池であると思われます。なお、使用推奨期限の印字は大きく記載されているタイプです。

同じく、使用推奨期限5年である“StyleONE”ブランドのコラボアルカリ電池では使用推奨期限の印字が小さいタイプとなっていました。この違いは何なのでしょうか。ちょっと気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。