PAIRDEER MANGANESE マンガン乾電池 単3形/単4形

今回も前回に引き続き、100円均一ショップ“キャンドゥ”にて販売が開始された“PAIRDEER”ブランドの今度はマンガン電池を紹介します。
PAIRDEERとは中国の電池メーカー“Zhongyin (Ningbo) Battery Co., Ltd.”によるブランド。マンガン電池は同じく100円均一ショップであるセリア同ブランドによるマンガン電池が発売されていますが、今回のキャンドゥでの取扱い開始はそれに次ぐものであります。

 

パッケージです。単3・単4電池7本パックでの展開。商品名は単3が「NO.19380 マンガン乾電池 単3 7P」で、単4が「NO.19381 マンガン乾電池 単4 7P」となっています。
販売元は“株式会社キャンドゥ”となっており、バーコードの事業者名も同社のもの(4521006)となっています。アルカリ電池と同様に“PAIRDEER”のロゴも見られるパッケージです。デザインも水色になった以外は同じと言っていいでしょう。

電池の外観。水色のデザインでらしくなかったアルカリ電池とは打って変わって、黒いデザインで一気にマンガン電池っぽくなったのが大きな特徴です。
外観こそ黒いものですが、電池は“R6”・“R03”のみの記載でありランクは不明です。パッケージにも特に記載はありません。社名表記(販売元)はパッケージと同じく、“株式会社キャンドゥ”。原産国はMADE IN CHINA中国製となっています。

プラス・マイナス側。特に絶縁リングは見られません。使用推奨期限は単3、単4共に「10-2020」となっていて時期的に3年期限の2017年10月製造の電池と思われます。普通国内メーカーの単3・単4マンガン電池と言えば2年期限であることが多いですが、3年期限というのは珍しいかもしれません。JIS基準ではなくIEC基準なのでしょうか?

 

外装を剥がしてみました。外装はビニール外装。外装を剥がしたら底板がポロッと取れました。以前、セリアの同じくPAIRDEERブランドである単4マンガン電池の外装を剥がしたことがありました。その時はラベルの下にビニール外装が施してある手の込んだものでしたが、今回のものはそこまでではないみたいですね。

 

マンガン電池ではプラス側が封止側となりますので、プラス端子を見てみましょう。突起の根本上下に2つのガス抜き穴が見えます。プラス端子は外装缶で固定されており、取ることは出来ませんでした。
電池本体には特にロット番号などの印字は見られませんでした。マンガン電池はアルカリ電池とは違い、このように刻印が無いのが一般的です。

最後に今回発売された“PAIRDEER”ブランドのアルカリ電池とマンガン電池を並べてみました。これを見るとデザインが同じで揃っていることがわかりますね。文言と色が違うぐらい。
こういうお揃いなデザインが電池コレクターにとっては嬉しいんですよ。

 

 

★関連記事
PAIRDEER ALKALINE アルカリ乾電池 単3形/単4形
→前回の記事。本記事で取り上げたマンガン電池と同時で発売されたキャンドゥ販売“PAIRDEER”ブランドの単3・単4アルカリ電池を紹介した記事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。