HITACHI G GOLD DRY-BATTERY R20P(G)/R14P(G)

G1日立の赤マンガン“ゴールド”こと「G」です。黒マンガン“スーパーゴールド”「SG」とともにロングセラーブランドとして知られています。写真の電池はリサイクルショップで単1・単2各180円というお安くない値段でしたが、あまり店頭でも見ない日立ブランドの乾電池であることと、気になることがあったので購入してみました。

 

 

G2気になったことの一つが、名義が現在の日立乾電池の発売元である「株式会社日立リビングサプライ」になっている点。なので、比較的最近作られた電池であることが考えられます。

 

 

G4決定打は使用推奨期限。単1が「10-2015」で単2が「05-2015」で、マクセルのページを見ると、単1・単2が3年期限なのでどちらも2012年に製造された電池であることが推測されます。日立は現在ホームページ上の製品ページにおいても黒マンガンしか掲載しておらず、赤マンガンは掲載されていないのです。もしかして、今でも裏メニューで製造しているのか?

 

G3じゃあ、OEM用なのか?と思うかもしれませんがちゃんとJANコード付きで市販用と思われるのです。モノは中国製でマクセルの赤マンガンと同じものかと思われますが、存在が不思議な日立の赤マンガンでした。
追記:発売元、日立リビングサプライのホームページで見れるカタログ「フラメール」によると、マンガン電池の項に「Gシリーズ」の表記があり、現在でも発売されていることを確認しました。

HITACHI G GOLD DRY-BATTERY R20P(G)/R14P(G)」への3件のフィードバック

    1. みはりん 投稿作成者

      情報、ありがとうございます。2012年冬のカタログには掲載されているということはホームページ上にはわざと掲載していないのですね。
      この記事を書いた後で日立リビングサプライのカタログ「フラメール No.42」(2013年4月)を見ていたら、写真は無いもののマンガン乾電池の項に「Gシリーズ」の表記が…。普通に今でも発売してるんですね。日立の赤マンガンって。

      返信
  1. 無名

    ホームページの表記は気になります。
    他に日立チェーンストールに日立ブランドの2CR5の新しい物が普通にありましたが、これもページには載っていません。
    それにしても赤2本で180円は確かに高めですね。
    その日立チェーンストールでは普通に黒が単1、単2共に180円でした。
    赤180円はレアな分の料金と思えばいいかもしれませんw
    ちなみにヤフオクでも普通に出回っていました。
    http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w86445715
    聞いた話に要ると日立の乾電池はマクセルと違って特殊なところにしか流れないみたいです。

    でも結局あのHITACHI 2CR5は一体なんだったのだろう?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。