ALKALINE BATTERY DAISO & GO アルカリ乾電池 単3形/単4形

今回は均一ショップ“ダイソー”に登場した新顔のアルカリ電池を紹介します。この緑色のアルカリ電池はダイソーで馴染み深かった“DAISO & S”とそっくりですが、実は“DAISO & GO”という別の名称に変わっているのです。
デザインはDAISO & Sを引き継ぐメタリックな緑ベースのもので、上下に金色の帯が入っているのが特徴的です。

 

パッケージです。デザインはDAISO & Sと同じ緑色のもので、普通の人が見たらDAISO &Sのパッケージが新しくなった程度の認識でまさか名称が変わっているなんて思わないでしょう。パッケージはダイソーのアルカリ電池でお馴染みとなった、細長い5本入りの吊り下げパッケージです。
現在確認されているのは単3と単4・5本パックのみで、DAISO & Sのように単1・単2・6Pまで拡大されるかは不明です。

こちらもお馴染みとなったスマホなどで読み込むと注意書きのページへ飛べるQRコード。読み込むとGoogleドライブに保管されている注意書きのPDFファイルが読めます(自サイトによるミラー)。しかし、このQRコードも新しくなる度に違う場所で面白いですね。統一できないかといつも思ってしまうのですが…。
なお、使用推奨期限は7年となっているようです。

 

パッケージ裏です。注意書きは日本語と英語の2ヶ国語表記。文字は小さく、大分敷き詰められてる感が漂う注意書きです。『外装ベル』ってなんだろうw(ラベルの誤植と思われる)。
商品名は単3が「電池137」、単4が「電池138」となっていました。型番は単3と単4共に「K-17-P60(T828)」となっています。社名表記は“(株)大創産業”となっており、バーコードの事業者名も同社のものになっていました(4549131)

パッケージをバラしてみました。DAISO & Sでは二重シュリンクでしたが、こちらはトレイが敷いてあり、その上に電池が置いてあります。これはこれで勿体無い印象がありますね。
でも、このトレイ電池保管時の何かに使えそうだなぁ、と思ってしまう貧乏性なワタシなのでありました。

 

電池の外観です。前述の通り、メタリックな緑色をベースとし、上下に金色の帯が入っているデザインとなっています。DAISO & Sでは上部(プラス側)のみの金色でしたから、こちらに比べると若干紛らわしくなっているようにも見えます。
注意書きは小さめで誤字はありません。社名表記は“(株)大創産業”、原産国は“MADE IN CHINA”で中国製です。何故か、パッケージのJANコード(バーコード)が電池にも記載されています。

DAISO & Sと比較してみました。電池自体のデザインはほぼ同一のデザインとなっていますが、Sの方が型名表記が小さく注意書きの文字が大きく、逆にGOの方が型名表記が大きく注意書きの文字が小さくなっています。パッケージではSが電池の向きが不揃いなのに対して、GOでは向きがキッチリと表面で揃っています。並べるとパッケージデザインの違いもわかりやすいでしょう。

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は単3、単4共に「11-2024」の記載がありました。パッケージには使用推奨期限7年の記載がありましたから、それぞれ2017年11月製造の電池であると思われます。

 

 

外装ラベルを剥がしてみました。単3には“HR25Z”、単4には“HW21Z”の印字が見られました。今まで見られないパターンな印字のため、日本に今まで入って来なかったメーカーの製品なのかもしれませんね。

 

 

絶縁リングの拡大です。単3は濃いエメラルドグリーンのような色で、単4は薄い緑色の絶縁リングです。真円で文字や数字の刻印が全く無いという、これまた見られなかった絶縁リングです。逆にこれが個性的な特徴と言えるでしょう。ちなみに絶縁リングはユルユルで取ってしまうと再度はめることが出来ません。
なお、マイナス極のガス抜き穴は単3、単4共に2つ穴タイプとなっていました。こちらは普通なんだなぁ…。

★関連記事
ALKALINE BATTERY DAISO & S アルカリ乾電池 単3形/単4形
→デザインが酷似していて一見、前モデルのように見えるアルカリ電池を紹介した記事。本記事でも比較はしていますが詳細はこちらで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。