TOPVALU NEOSUPER R20PU・1.5V[SUM-1(NS)] 単一形乾電池

今回は大手スーパーであるイオンが展開するプライベートブランド、“トップバリュ”の記念すべき初代マンガン電池を紹介します。トップバリュはイオンの前身であるジャスコ25周年に当たる1994年に誕生したブランドで登場当初はトップバリュでは無く「トップバリュー」を名乗っていました。すなわち、今回紹介するのは“トップバリュー”のマンガン電池ということになります(以後、この電池はトップバリューと名乗ります)。

いきなり社名表記から行きます。販売者は“ジャスコ株式会社”、供給元は“D.B.J”と謎のイニシャルとなっています。写真上に置いたのはデュラセル・バッテリー・ジャパンが発売していたMALLORY NEO SUPERというマンガン電池の単3です。型番表記や注意書きが同じであることや、NEO SUPERというブランド名から同社供給と見られ、Duracell Battery Japanの略であると推測されます。

トップバリューの前身ブランドであると思われる“LIVICA”ブランドのアルカリ電池も同じくデュラセル・バッテリー・ジャパンの供給でした。恐らく、この頃から供給関係が続いていたのでしょう。LIVICA時代は供給元は隠さず「デュラセル・バッテリー・ジャパン(株)」との記載がありました。何故、トップバリューでは供給元がイニシャルになったのか。謎です…。
ちなみにデュラセル・バッテリー・ジャパンが自社販売していたデュラセルブランドのアルカリ電池に貼られていたバーコードラベルにも“DBJ”の記載がありました

では、改めて電池の外観です。型番は“R20PU”となっていて外観通りの黒マンガン電池。ブランド名は「NEOSUPER」となっていて、前述の通りマロリーブランドマンガン電池のものをそのまま使用しています。ちなみに赤マンガンは「SUPER」というブランドでしたが、当時のトップバリューラインナップ内に存在していたのかは不明。生産国は“MADE IN JAPAN”となっており、日本製です。

注意書きの全文は以下の通りでマロリーブランドのマンガン電池の表記と全く同じものです。従って、このデザインはD.B.Jいや、デュラセル・バッテリー・ジャパンが主導で行っていた可能性が高そうです。よく見てみるとマイナス側ののカラーリングもマロリーのプラス側と似てるし。

(ご注意)●この電池は充電式ではありません。充電すると
液もれ、破損することがあります。●はれつ、液もれのおそれ
がありますので(+)(-)は正しく入れること。[水銀0<ゼロ>使用]

最後にプラス・マイナス側です。プラス極の絶縁リングは「」。使用推奨期限は「10-97」となっていて、3年期限で1994年10月製造の電池と、まさしくトップバリューブランドが生まれた年に製造された電池です。
現在は絶滅した日本製のマンガン電池。デュラセル・バッテリー・ジャパンが自社製造していたとは考えにくく、他社製だと思いますがどこが製造していたか気になる所です。

★関連記事
LIVICA ALKALINE SUPER 単3形アルカリ乾電池 LR6(AM3)
→トップバリュー(現・トップバリュ)の前に展開していたとみられる“LIVICA”というプライベートブランドのアルカリ電池を紹介した記事。本記事の電池と同じくデュラセル・バッテリー・ジャパンの供給。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。