TOSHIBA アルカリ乾電池 単3/単4 LR6(HE) / LR03(HE)

家電量販店“エディオン”で販売されている、オリジナルデザインな“東芝ライフスタイル”のアルカリ電池です。
エディオンと言えば“MY&OUR”というブランドでアルカリ電池を発売していたことで知られますが、今回紹介するこの電池はTOSHIBAブランドのみでエディオンオリジナルブランドの記載はありません。ただし、エディオンの公式ネットショップでは“My&Our”が商品名に残されています

パッケージです。キャッチコピーは“ひとクラス上の長持ちハイパワー”。これは東芝ライフスタイルが発売しているアルカリ電池「IMPULSE」と同じキャッチコピーで、下に「※当社アルカリ1」とも記載してあることから同電池と同等品であると思われます。少なくとも「アルカリ1」と比較しているということはアルカリ1よりかは上位スペックの電池なはずです。
単3と単4は12本パックでの販売です。その他、単1と単2の4本パックも用意されているようです。ベルマークの点数はそれぞれ「8点」。1点100円と換算するとエディオンのネットショップは税込734円で販売されているのでほぼ点数通りと言えるのでは無いでしょうか。
バーコードや型番はパッケージ下部に記載されています。単3の10本パックの型番が“LR6HE 12MP(MO)”、単4の10本パックの型番が“LR03HE 12MP(MO)”となっています。バーコードの事業者名は“東芝ライフスタイル(4904530)”となっていました。

電池の外観です。金色青のラインが入ったデザインはとてもいい感じです。同等品と見られるIMPULSEもそうなのですが、東芝が発売するインドネシア製のアルカリ電池はメタリック部分の光沢が日本製のものよりも光沢がある印象があり、個人的に好きです。
社名表記は“東芝ライフスタイル株式会社”。生産国は“インドネシア製”。

プラス・マイナス側。絶縁リングは無いタイプです。角が丸っこい低板と中心に見える●印が印象的なマイナス極ですね。
使用推奨期限は単3、単4共に「06-2027」となっていました。パッケージには“10年保存”との記載があったことから、10年期限の2017年6月製造の電池であると思われます。

 

外装ラベルを剥がしてみました。電池にはロット番号の印字や刻印はありませんでした。そのかわりに油性ペンによるマーキング(2ヶ所)が見られるのが特徴です。そして、ラベルの粘着性が非常に強く、剥がせてもノリが殆ど電池本体に残ってしまうというのもこの電池の特徴ではないでしょうか。

 

最後に絶縁リングが無いこの電池、マイナス極の拡大で。この電池にはマイナス極の縁に赤い樹脂が塗布してあるのが特徴です。この特徴を持った電池として、かつて100円均一で見られたインドネシア製の旧・モリトクアルカリ乾電池など多くのインドネシア製アルカリ電池で見られました。しかし、現在ではインドネシア製のアルカリ電池自体が少なくなってきており、この構造を見るのは随分久しぶりなのでした。

★関連記事
MY&OUR アルカリ乾電池 単1形 SANYO LR20SMO
→エディオン“MY&OUR”ブランドで売られていた単1アルカリ電池を紹介。こちらは三洋電機とのコラボデザイン。

MITSUBISHI MY&OUR アルカリ乾電池 単3形/単4形 LR6ME/LR03ME
→同じく、エディオン“MY&OUR”ブランドで売られていた単3と単4アルカリ電池を紹介。こちらは三菱電機ホーム機器とのコラボ。

アルカリ乾電池 ALKALINE BATTERY 単3形 LR6(ED)
→これもエディオン専売だったマクセル製の単3アルカリ電池を紹介。“MY&OUR”ブランドを持っていないという意味で本記事の電池と一番近い位置づけかもしれない電池。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。