アルカリ乾電池 ALKALINE 単3形/単4形 LR6(R) / LR03(R) その2

現在100円均一ショップやディスカウントストアなど、多くの店舗で見られる“三菱電機ホーム機器”のアルカリ電池です。何度と無く当ブログでも紹介したことのある息の長い電池ですが、その影で韓国製日本製中国製(現行)と製造国が度々変更されています。
金色をベースとした赤いデザインが特徴的で、誤挿入防止を兼ねているとみられるマイナス側の赤い帯も印象的でお馴染みのものと言えますよね。


パッケージです。電池には社名表記以外に三菱のマークは見られませんが、バーコードラベルのみに“200px-Mitsubishi_logoMITSUBISHI ELECTRIC”のロゴが見られます。かつてのパッケージでは商品名アルカリ乾電池』と形名(単3形・単4形)型番(LR6R/4S・LR03R/4S)が表記してあるタイプですが、現行のパッケージでは『長持ち!! アルカリ乾電池』とキャッチコピーを兼ねた商品名に変わっていました。使用推奨期限「11-2023」の単3と「10-2023」の単4が旧タイプで、「01-2024」の単3と「12-2023」の単4が新タイプとなっていましたので2018年12月製造ロットより『長持ち!!』になった可能性が高いと思われます。
バーコードは旧タイプ、新タイプ共に同じもの、バーコードの事業者名は“三菱電機(4902901)”となっていました。

ご覧の通り、お馴染みのデザインです。以前本ブログで紹介したダイソー専売の三菱アルカリ電池と比べるとあちらはシルバーなので、ゴールドな当電池は随分対象的に見えますよね。
社名表記は“200px-Mitsubishi_logo三菱電機ホーム機器株式会社”。電池本体に三菱電機のロゴは見られませんので、この電池の三菱分はここだけです。生産国は“MADE IN CHINA”で中国製

 

プラス・マイナス側です。絶縁リングは無いタイプとなっていました。使用推奨期限は単3が「01-2024」、単4が「12-2023」となっています。時期的に5年期限のそれぞれ、2019年1月と2018年12月製造の電池と推測されます。
かつてこの電池は使用推奨期限4年という他の電池では見られないものだったのですが、いつの日か5年期限に延長されたようであります。

外装ラベルを剥がしてみました。三菱系中国製アルカリ電池でお馴染み?のアルファベット1文字から始まる8ケタのロット番号が印字されています。単3はくっきりとした印字でラベル側の転写も無かったのですが、単4は何故か印字が薄く、ラベル側にも文字が転写されていました。
単3には“C0812811”の印字が、単4には“A2310802”の印字が記載されていました。

最後にこの電池は絶縁リングが無いので、マイナス極の拡大です。マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプ。また、マイナス極・底板の中心に小さい丸印が見えます。

 

 

★関連記事
アルカリ乾電池 ALKALINE LR6(R)/LR03(R)
→本ブログで初めて当電池を紹介した記事。この頃はまだロケット電気のものと思われる韓国製で、使用推奨期限は4年だった。

アルカリ乾電池 ALKALINE LR6(R)
→当電池の単3が日本製から中国製に変わったことを報じた記事。韓国製、日本製、中国製の印字なども比較しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。