ELSONIC 長持ち大電流 アルカリ乾電池 AV機器ラジオなどに最適 単3形/単4形 EG-T3-AV / EG-T4-AV

家電量販店“ノジマ”のELSONICブランドで発売されているアルカリ電池です。前回の記事とは大分間が空いてしまいましたが、これは同じELSONICブランドで発売されている『家電製品に最適』の姉妹品であり、こちらは『AV機器ラジオなどに最適』というキャッチコピーとなっています。
家電製品に最適』では“”と“”のデザインであったのに対し、この『AV機器ラジオなどに最適』では“”と“”のデザインです。


パッケージです。デザイン自体は『家電製品に最適』と同じものであり、電池と同じくのツートンデザインとなっています。ちなみにこちらは『AV機器ラジオなどに最適』とあり、パッケージ裏にも記載されています。また裏面の用途では「CDプレーヤー、ラジオやリモコンに」とあります。『家電製品に最適』でもエアコンや照明器具のリモコン用途を薦めていたことから、両者とも同じ性能なのでは?と、どうも疑わしい電池ですね。
型番は単3・4本ブリスターパックが“EG-T3P04-AV”、単4・4本ブリスターパックが“EG-T4P04-AV”となっています。社名表記は“株式会社ノジマ”で、バーコードは独自のバーコードを使用しており(つまりはJANコードでは無い)、事業者名の追跡はできません。

電池の外観です。デザインはやはり『家電製品に最適』と同じでカラーリング違い。のツートンデザインで、誤挿入防止の為か緑のラインがプラス極側に設けられているのがポイントとなっていますね。
電池にはやはり種類が記載されておらず、アルカリ電池なのかマンガン電池なのか、素人目では全くわかりません。パッケージには大きく記載してあるのにね。

注意書きが写真右側の緑色な部分に集中して記載されています。ここの部分のデザインは『家電製品に最適』と同じなので、こちらの記事も併せて読むといい感じです。
生産国の表記はノジマの電池独特な“Designed by Nojima in Japan. manufactured in China”という、なんとも遠回しな表記。要は日本のノジマがデザインして製造は中国だよ、という表記なのですが非常に紛らわしいです。この件でノジマにクレームは付けられないのでしょうか?この表記を見るたびに疑問に思います。

プラス・マイナス側です。マイナス極の絶縁リングは「」。使用推奨期限はプラス極側に印字されていて、単3は「11-2023」で単4は「08-2023」となっていました。
パッケージに使用推奨期限の記載はありませんでしたが、時期的に5年期限と推測し、それぞれ2018年11月、8月製造の電池であると思われます。

 

外装ラベルを剥がしてみました。単3には“EEMH 11 310950”の、単4には“IESH 03 152131”のロット番号らしきレーザー刻印が見られました。
このロット番号はカラーリング違いの『家電製品に最適』でも見られた特徴で、上アルファベット+数字6ケタ下数字6ケタのパターンはGP?製のアルカリ電池でよく見られるタイプです。

最後に絶縁リングの拡大です。薄緑色の絶縁リングで、単3は切り欠きを下に置いた状態で上に「3-36」と刻印があるタイプ、単4は切り欠きを右にした状態で上に「24」下に「G」の刻印があるタイプとなっていました。
なお、マイナス極のガス抜き穴は一般的な2つ穴タイプとなっています。

 

★関連記事
ELSONIC 長持ち大電流 アルカリ乾電池 家電製品に最適 単3形/単4形 EG-T3-HA / EG-T4-HA
→当電池の姉妹品に当たるアルカリ電池を紹介した記事。違いはカラーリングが違うのみで『家電製品に最適』と用途を差別化している。その割に両者ともリモコン向けを謳っていたりと、実際に性能の違いがあるかは不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。