A-COOP アルカリ乾電池 単3形/ 単4形

今回は農業協同組合(農協)が展開する店舗である“エーコープ”で発売されているアルカリ電池を紹介します。これらエーコープ店舗で発売されるプライベートブランド商品は“エーコープマーク品”と称され、乾電池以外にも様々な製品が存在しています。
デザインはアルカリ電池としてはオーソドックスな金色なデザインです。個人的にプライベートブランドのアルカリ電池はこう!という模範的なデザインだと思います。好きです…。


4本シュリンクパックのパッケージです。特にキャッチコピーなどは見られません。シュリンクはFDKの日本製アルカリ電池でよく見られる、軟質系フニャフニャシュリンクで電池の向きはお世辞にも揃っているとは言えません。商品名は単3が“エーコープ LR6(4S)”、単4が“エーコープ LR03(4S)”となっていました。


次に2本ブリスターパックのパッケージです。黄色い台紙のパッケージでかなり目立つデザインですよね。こちらの向きは見事に表向きで揃っています。こちらのブリスターパックもFDKのアルカリ電池でよく使われているタイプです(ワンプッシュ取り出しブリスター)。
パッケージ裏の販売者は“全国農業協同組合連合会”となっています。このブログを見ている方もなんとなく聞いたことがあるかもしれません、いわゆるJA全農のことです。バーコードの事業者名も同団体のものとなっています(4908010)


電池の外観です。左が単3右が単4。単3と単4を並べて撮影するとどちらかがピンボケするので、今回から分けました…。電池オモテの下には用途が記載してあり、“大電流型機器に適しています。”“ヘッドホンステレオなどに適しています。”とあります。ヘッドホンステレオというフレーズが何となく懐かしく感じられました。今でも使ってる人…いる?
近年のアルカリ電池としては珍しいJISマーク付きで、“LR6 1.5V C8515 FDK”という記載があることから、FDK鷲津工場製の電池であると思われます。注意書きの文面は一部ルートで出回っている“Fujitsuアルカリ乾電池”と同じタイプですが、「使い切った電池は機器から取り出す。」という注意書きが差し引かれています。生産国は“MADE IN JAPAN”で日本製です。

プラス・マイナス側です。絶縁リングの色は「」。使用推奨期限は単3と単4共に「07-2024」となっていました。パッケージには“使用推奨期限5年”の記載がありましたから、それぞれ2019年7月製造の電池であると思われます。
意外に製造1ヶ月前の新鮮な電池でした。スーパー系の電池ってそんなに安くないし、回転率良くないのかなぁ…、と思っていましたけどそうでも無いのですね。

外装ラベルを剥がしてみました。今回は単4に“1906 2101”というロット番号の印字があるのみで、単3には刻印や印字は見られませんでした。相変わらずFDK製造のアルカリ電池は印字がバラバラですね。
ちなみに単4の“1906 2101”という印字は恐らく、20196月、2101分を指すものではないでしょうか?あくまでも妄想の域は出ないと思いますが。

最後に絶縁リングの拡大です。濃い緑色の絶縁リングで、単3は切り欠きを上にした状態下に“4”右に“W”の刻印が、単4は切り欠きを上にした状態下に“M9”の刻印のみという両者違うタイプの絶縁リングを採用していました。
なお、マイナス極のガス抜き穴はFDK製アルカリ電池でお馴染みの4つ穴タイプとなっていました。底板がザラザラになっているのもFDK製お馴染みの特徴です。

●おまけ
と、いつもならここで終わってしまう所なのですが、今回は単3と単4と一緒に単2の4本パックも同時購入してきてしまいましたのでこちらもおまけで紹介してみたいと思いますよ。


これがパッケージですね。確か単3と単4の8本パックは長持ちをアピールしていたような気がしますが、こちらは“通電防止”をアピールしています。FDK製のアルカリ電池にはマイナス極同士の接触を防ぐ逆装填防止機能を備えていますが、これを『逆挿入時通電防止機能』と称しています。
パッケージ下の用途を示すピクトグラムでは左から懐中電灯(サーチライト)ミニ四駆ラジカセに見える絵が見えます。懐中電灯やラジカセはともかく、単2で動くミニ四駆ってあったかな?


電池の外観とプラス・マイナス側をまとめて…。単2の用途は“大電流型機器に適しています。”という所までは同じ。次に“CDラジカセなどに適しています。”と続いています。ヘッドホンステレオに比べればCDラジカセの方がずっと現実的と言えるかな。こちらにもFDK鷲津工場製を表すJISマークの記載があり、生産国も“MADE IN JAPAN”で日本製です。
マイナス極には3点の突起が見えますね。これがFDK製の単1と単2アルカリ電池に備わっている“逆装填防止機能”です。この突起がマイナス極同士の接触を防いで逆装填時の通電を防止する機構となっています。使用推奨期限は「01-2024」。こちらも単3や単4と同じ使用推奨期限5年となっていますから、2019年1月製造の電池であると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。