maxell アルカリ乾電池 3/4 LR6(OSC) / LR03(OSC)

関東近郊でスーパーマーケットなどを展開する“Olympic”で発売されているマクセルブランドのオリジナルアルカリ電池です。かつて、同店ではマクセルが一部ルートで販売している“ダイナミック”ブランドのアルカリ電池をオリジナルパッケージ品として発売していました。
デザインはプラス極から“白・・黒”の象徴的なもの。かつて、コメリで売られていたマクセルブランドのアルカリ電池に非常に酷似しているデザインです(ってか同じですか?)。


パッケージです。単3と単4は20本パックでの展開。これは前モデル“ダイナミック”の頃と同じです。10本パックでの展開も無いので個人的に厳しい所(量的な問題で)。パッケージ左上には「Olympic maxell共同企画」の記載が見えます。キャッチコピーは“液もれに強い!”・“長持ちタフパワー”・“日本製”の3点が掲げられています。使用推奨期限は10年です。
単3・20本パックの型番が「LR6(OSC)10PX2」、単4・20本パックの型番が「LR03(OSC)10PX2」となっています。バーコードの事業者名は“マクセル(4902580)”となっていました。

単3と単4・20本パックのパッケージをバラしてみました。10本パックのシュリンクが2つで20本が構成されています。パナソニックの多本パックのように小分けはされていませんが、シュリンクには点線が入っており好きな位置で切り離すことが出来るので、こちらの方がずっと自由度は高いと思います。
日本製のアルカリ電池らしく、電池の表面が揃ってシュリンクされています。とても美しい光景です。

Olympicではこの電池を一押しの電池として販売しており、チラシでは“おすすめNo.1最高性能電池(※maxell社製品において)”として掲載されていました。
単3と単4の20本パック以外では、単1と単2の4本パックが用意されています。

 


電池の外観です。マクセルのどのアルカリ電池にも似ない独特なデザインです。表から見ると「白・・黒」に塗り分けられていますが、注意書き部分など多くは黒バックとなっていますので黒主体のデザインと言えるのかもしれません。
型番は単3が“LR6(OSC)”で、単4が“LR03(OSC)”となっています。OSCとは現在の“株式会社Olympicグループ”の前身に当たる企業、オリンピックショッピングセンター(Olympic Shopping Center)の略称で、子会社の社名にも使われている他、値札に記載されていた時代もありました。よく見てみたらOlympicのロゴマークも“OSC”になっていますね…。
社名表記は“マクセル株式会社 お客様ご相談センター”。住所表記は無く“http://www.maxell.co.jp/”のURLのみ。その横にはマクセルの乾電池ではお馴染み、グリーンウッドのマークが見えます。“ダイナミック”などで見られた緑色のタイプではなく、“ボルテージ”で見られる金色のタイプになっていますね。生産国は日本製。大きくアピールされています。

プラス・マイナス側です。マイナス極絶縁リングの色は「」。底板が平らなタイプザラザラしている、最近の日本製マクセル単3と単4アルカリ電池でよく見られるタイプとなっています。
使用推奨期限は単3が「09-2029」、単4が「11-2028」となっていました。10年期限で単3が2019年9月製造、単4が2018年11月製造のようです。単4が1年前在庫でちょっと古いかも?

外装ラベルを剥がしてみました。単3は無印字単4はマイナス極側から「・黒」のマーキングがあるのみのやはり、ロット番号などの印字や刻印は見られませんでした。
ちなみに以前当ブログで紹介した、同じ製造日だったマクセルの“ダイナミック”単4に同じようなマーキングがありました。同じライン上で作られた電池だったりするのでしょうかね…。

 


最後に絶縁リングとマイナス極の拡大です。絶縁リングは黒く、5ヶ所にある内側の黒い突起が目印。切り欠きは無く真円です。突起の1つに印があり、それを上にした状態で単3は上に“9”下に“2”の刻印が、単4は上に“16”下に“1”の刻印が見られました。これはマクセルの日本製単3と単4アルカリ電池全てで見られる特徴となっています。
そして、マイナス極のガス抜き穴は4つ穴タイプ。底板はFDK製アルカリ電池と同じザラザラとなっているのが特徴です。

★関連記事
maxell ダイナミック アルカリ乾電池 単3形/単4形 LR6(W) / LR03(W) その2
→当電池の前にOlympicで発売されていた、マクセル“ダイナミック”ブランドのアルカリ電池を紹介した記事。単3と単4の20本パックと言う特徴が一致しており、“長持ちタフパワー”というキャッチコピーも同じである。

maxell アルカリ乾電池 3/4 LR6(OSC) / LR03(OSC)」への2件のフィードバック

    1. みはりん 投稿作成者

      そうですね。パッケージデザインも両者よく似ています。しかし、コメリが「長持ちフルパワー」というキャッチコピーとなっているのに対して、Olympicは「長持ちタフパワー」となってます。
      http://miharin.wktk.so/blog/wp-content/uploads/2019/12/LR6OSC_13.jpg

      単4では注意書きが若干ながら異なっていますが型番部分は違っています。大まかなデザインはyohibusi様が仰る通り、同じです。
      http://miharin.wktk.so/blog/wp-content/uploads/2019/12/LR6OSC_12.jpg

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。