ALKALINE 水銀0使用 アルカリ乾電池 単1形

とある100円均一ショップで発見した新顔の単1アルカリ電池です。大きい“ALKALINE”の文字が印象的な電池で、プラス側のゴールドとマイナス側のまたはのグラデーションが特徴のデザインとなっています。
この電池の発売元は“BITO CORPORATION”という企業名となっており、ビトウコーポレーションという社名を用いてマスクなどの日用品を発売しているメーカーのようです。恐らく、乾電池は初参入でしょう。


パッケージです。1本シュリンクパック1本ブリスターパックの2タイプが用意されており、電池の色はパッケージで異なっています。シュリンクパック=“ブリスターパック=“となっていて両者とも1本100円(税抜)で売られていたことから、性能差は無いと思われます。
ブリスターパックのみに“ハイパワー!”のキャッチコピー付きです。電池本体及びブリスターパック記載の発売元は“BITO CORPORATION”となっていて、バーコードの事業者名は“(株)ビトウコーポレーション(457318832)”となっていました。電池記載の所在地は大阪府泉南市のものになっていますが、バーコードの登録情報では和歌山県海南市となっています。謎…。

電池の外観。カラーリングが違う以外はデザインも注意書きも社名表記も全く同じです。昨今の電池は注意書きが細かく読みにくくなっている中、この電池は太文字でかつ大きい読みやすい注意書きとなっています。
社名表記は前述の通り“BITO CORPORATION”。なぜ英社名表記なのかは不明。マスクなど他製品では「株式会社 ビトウコーポレーション」となっているものもあるようですが…。

プラス・マイナス側。赤い方青い方も特に両極の違いは無いようですね。マイナス極の底板は“”となっています。
使用推奨期限はどちらとも「08-2024」。時期的に考えると5年期限、2019年8月製造の電池であると推測されます。

 

 

おまけ。外装ラベルを剥がしてみました。単1サイズの外装ラベルを剥がすのは当ブログ初かもしれませんね。
今回は赤い方を剥がしてみました。プラスマイナスの構造が同じで製造日も同じですから、どちらを剥がしても同じような印字でしょう。電池には“AFSA01 041537”のレーザー刻印らしきロット番号が見られました。下段、最後の文字が薄くて読み難いですが、“7”と判別しました。“2”かもしれません。