National R-G1



大分前にH/Oで買った、ナショナル(現・パナソニック)の手巻きラジオ。確か500円前後だったかな?
ラジオ自体はAMのみ、非常にシンプル機能で手巻きだけに非常用にも使えるラジオです。
ちなみに写真奥は本機に使われている単五型ニカド電池です。

National/Panasonicセールスマン専用カタログ90年秋・冬号に掲載されていました。☆印は在庫限定(生産中止)を表すものなので、88〜90年位にかけて発売されたものですかね?
色はブラックとグリーンの2色。発電野郎という名のようです。今はよく手巻き発電ラジオは非常用グッズとして存在しますが、この頃はあまり無かったような気がします。
手巻き部分。普段はこうして、折りたたみ式になっていますが…、
起こすとこんな感じになります。矢印の方向に回すと充電を開始、カタログ値では30秒で30分、60秒で60分使用可能なようです。
操作部分。電源を入れて→音量調整→チューニングと極めてシンプルな構造、出力はイヤホンのみです。
中身。ちなみに中を開けるのは困難ではありませんが、チューニング部分が分離しているので、再調整する必要があり面倒です。右下の銅色のものは発電用のモータ、その横は充電式電池(単五型ニカド電池)。ラジオはワンチップ、松下の「AN7008K」というICが使われています。
電池部分の拡大。右は自分が持ってる同型の物。カタログでは「ニッカドボタン電池」と書いてありますが、実際は単五型のニカドです。単五型のニカドは各社が生産中止にしていますが、今は残り物(?)が秋葉原で入手できるようなので買うのなら今のうちだと思いますよ。

戻る