シャープ 電子手帳 PA-X1



リサイクルショップで105円(税込)で売っていた不動ジャンクの電子手帳。ザウルスのルーツはどんなものかを探るために購入。
、というのは軽い冗談で、安かったのと取説が付いていたのが最大の理由。この時代の電子手帳は今のザウルス(MI系やSL系)のようにGUIではないので直感で使うのは難しく、取説が無いと初心者には厳しいと感じたから。

値札。「動作せず。電池入れても動きません。」と書いてある。
電池はボタン電池2個らしい。多分、リチウムコイン電池だろうが品番は書いてなかった。
購入後封を開けて、電池を購入するため取説を見てみる。
リチウムコイン電池 CR2025 2個
リチウムコイン電池 CR1616 1個

…、電池2個でなくて電池3個じゃないのか?動かなかったのはここらへんにあるのではと思いつつ、リサイクルショップ近くの均一ショップダイソーへ。
さすが庶民の味方ダイソー。ちゃんとCR2025の2個入り、そして特殊であるのか不安だったCR1616もあった。これ、どう見ても電池3個ですよね?
裏蓋のネジを取り外して、裏蓋を取ると写真のような電池カバーが現れます。ちなみに裏蓋の取り外し方が迷ったが、ネジを外したら右にスライドすると取り外せます。
まずは動作用電池(CR2025)を取り替える。写真右下に見える電池交換スイッチを左側「動作用電池交換時」の位置に合わせると、上方向にカバーが取れます。
次にメモリー保護用電池(CR1616)を取り替える。今度は電池交換スイッチを右側「メモリー保護用電池交換時」の位置にして、先ほどと同じように上にカバーを取ります。

ちなみに、ここの電池が入りっぱなしでした。どうやらリサイクルショップの店員はここを見逃していた様子。取説にちゃんと書いてあるのだから読んでくれよって感じですね。でも、こういうのがあるからジャンク生活は病みつきになるんですけどね(^^;。
元通り、裏蓋を付けて電源を付けたら…、画面が表示されました!

この画面は本体のメモリが完全消去されてしまったため、メモリが初期化されていないことを警告するためのメッセージです。<リセットスイッチヲ オシテクダサイ>と書いてあるので、指示に従い、裏のリセットボタンを押します。
リセットボタンを押すと、写真のような画面が出るので「GY」ボタンを押して初期化します。これで電子手帳が使える状態になります。
カレンダ表示。驚いたのはちゃんと2011年が表示できた点。シャープの技術者は2000年代までこの電子手帳が使われることを見越していたのでしょうか?

電子手帳→ザウルス(PDA)→スマートフォンへと進化していった今となっては意味深ですよね。
おまけ。カードソフトの動作確認として、以前ハードオフで買ったまま放置プレイだった、電子手帳用ゲームカード「パズニックカード」を入れてみた。元々電子手帳の液晶なのでとてもショボいです。
(左側のは元々電子手帳のカードスロットに入っているダミー(保護)カード)

戻る