リンゴ型SD/MMCカードリーダ

カードリーダ

リサイクルショップで199円で購入のリンゴ型SD/MMCカードリーダ。
安さと形のユニークさから衝動買い。
上の写真では隠れてわかり難いが、8 in 1 Card/Writerと書いてあり、
SD,SD-ultra,SDC,MMC,HS-MMC,RS-MMC,Mini SD,T-Flashの8種類に対応しているため、8 in 1らしい。SD-ultraとSDCというカードが意味不明だし、MiniSDとT-Flash(現・MicroSD)はアダプタが要るので8種類対応というのは疑問なのであるが。

裏の日本語表示部分の拡大です。「品名:カードリーダ(ブラック)」はわかるが、その下に「USBメモリー・16MB」という謎表示が…。当然、この製品はUSBメモリは内蔵していなく、カードリーダのみなのだが。この形のUSBメモリが他にあるという意味なのだろうか?
ボケているが、カードリーダの概観。カードは下側から入れるようになっています。それにしてもこのリンゴ形のデザイン、どうしてもAppleを意識してしまいますね。6色の縞模様を入れたら売れたかもしれません(w。
使用中。アクセスランプが無いので動作中かどうかはわかりません。横幅が大きいため、写真のようなUSBハブやポート場合は隣が挿せません。
パッケージには容量制限が書いてありませんが普通に1GBは認識。このページの写真の読み込みにも使ってます。

追試
1GB:○
2GB:○
4GB(SDHC):×
→さすがにSDHCまではムリみたいですね。ウチはSDHC化が進んでいない(というか対応機器が少ない)のでこれで十分です。
おまけ。何か安いだけに作りがどうも甘く、振るとカタカタ音が鳴ります。

分解は意識しなくてもカードリーダのスロットに指を突っ込んだら開いた(w。これだと、落としただけで簡単に真っ二つになりそうだな…。接着剤をつけといた方が良いかも。

戻る