テクノコア充電器 TC-S40

充電器

某H/Oにて1000円で購入。元値は5800円だったようだ。
この充電器はテクノコアインターナショナル社というベンチャー企業が開発した充電器で、IC&C(旧・I.C.C)方式という充電方法を使う充電器です。
このIC&C方式の充電器では、ニカド電池やニッケル水素電池特有の現象である、メモリー効果が起きないことや多くの電池に対応、充電時の発熱を抑え、電池の寿命までも抑える夢のような充電器です。この効果の程はわかりませんが、追々使って実感してみようかなと思います。
この充電方式を使った充電器は曰く付きで、テクノコア社もこの充電器の後継であるTC-S40Nを発売し現在は生産完了。同じ技術を用いた充電器がキムラタン社から『Quick Eco』という名称で発売されていたのですがそれもキムラタン社のエレクトロニクス事業撤退に伴い生産中止。現在、この充電方式を用いた充電器は生産されていません。まぁ、そのレアさを知っていたので購入したというのもあるんだけどね。
まぁ、この充電器と充電方式の詳細はネット検索でいっぱい出てきますので、そちらを参考にしてほしい(逃げ)。

充電中の様子。普通、メーカー製の充電器では複数の電池を充電するときは全ての電池を同時に充電するのが普通だが、この充電器では1本づつ充電していく。そのため、メーカーは別々でも充電可能。この写真だと左上→右上→左下→右下に推移。取説では1分おきに移行すると書いてありますが、もっと早いように見えます。

また、ファンが付いているため、若干の音が気になります。しかも、下に配置されているため写真のような絨毯上ではファンが塞がないようにCDを下に置いています。
充電ランプの拡大写真。

左側の赤ランプが充電状態。点滅が充電中、点灯で充電完了を示している。

右側の緑ランプは電池状態。この緑ランプが点灯しているときは電池が必要電圧に達していることを表示している。このランプが暗いまたは点灯していないときは電池が入っていないことを示している。ただし、充電中(前述の赤ランプ点滅時)は緑ランプは常に付きっぱなしになるので注意。

戻る