USB充電型LEDライト

USB充電型LEDライト
ジェーソンというディスカウントストアで入手したUSBポートから充電するLEDライトです。
価格は399円という、安くは無い価格だが、充電式というフレーズに惹かれ購入。
ちなみにジェーソンは知っている人は知ってるディスカウントショップで、
どこからかの在庫落ちと思われる製品が激安で売られているのが特徴のお店。
「ヨド◯シカメラ」とか「ベス◯電器」の値札が付いたままのDVD-Rが置いてあるなど、
見ているだけでかなり面白い。自分も10枚組とかからバラ売りして売られていると思われる、
T◯KやMa◯ellなど有名ブランドDVD-Rが59円で売られているのでよく購入している。
このLEDライトもそんな在庫落ちの一つなのでしょう。
写真で光っているのは日亜化学のLED使用と言うようなシールが逆光しているもの。

外観。発売元は株式会社サンジェルマン(現在はジェントス株式会社へ社名変更)。サイトを見る限りでは様々なLEDライトを発売しているメーカーのようで、それほど無名メーカーでは無いみたいでとりあえず安心。
明るさもそれなりでさすが青色/白色LEDのパイオニア日亜化学の白色LED採用って感じですかね。LED1灯タイプで、明るさムラが無いのも◯。
後ろ側のキャップを取るとUSBコネクタが顔を出します。Oリング付きで防水構造にはなっているが、そのおかげでキャップが固いような印象を受けた。何回かキャップを取ったり外したりしてるとOリングがダメになりそうで怖いな。
写真では見にくいかもしれないが、USBコネクタの上に充電状態を示すランプが付いています。赤で充電中、青で充電完了を示すようです。
このLEDライトは充電式なのにも関わらず、分解が可能、電池が交換可能となっている。構造は左の写真の通り。電池ケースにボタン型ニッケル水素電池を入れてセットする。
ニッケル水素電池だけあって、メモリ効果が起こる可能性が説明書にも記されています。そうなるならやっぱり、リチウムイオン電池内蔵で交換不可タイプにすれば良かったのにね。コスト的な問題かな?
使われているニッケル水素電池の拡大。ボタン型「40H(1.2V40mAh)」が3個直列で接続されている(3.6V)。
充電中。この写真ではパソコンで充電しているが、当然市販のUSBACアダプタでも充電可能。と、いうかそちらの方が現実的かも。パソコンだとパソコン起動時でないと充電できないし。ちなみに写真の状態だとUSBコネクタ上に付いている充電状態のランプが見えません。これって、設計ミス?

戻る