花王OEMのDDS?

花王OEMのDDS?
秋葉原の磁気研、店頭で売られていたノーブランドのDDS2。普通ならノーブランドか?で放置するのだが、パッケージから見えるシェルの形状が以前発売されていた花王のDATのシェルそっくりだったので買って来てみた。

開けてみた。ちなみにDDS2はDATオーディオ上でも標準240分録音出来るテープとして使うことが出来る(規定外テープなのでメーカーの保証はないが)。
花王DATと比較。シェルの色が違うものの、窓の形状、目盛り、クランプの色(黒)は同じです。
裏。スライダーが恐ろしいほど似てます。なんと、日本製であるということまで共通しています。

結論、シェルの特徴と本体が日本製である事から、ほぼ花王OEMのDDS2と見て間違いないでしょう。

あまり知られていないかもしれないが、花王DATテープだけではなくDDSも生産していた(以前某オクで見たことがある)。ただ、見たことがあるのはDDS1の60mか90mだったので、DDS2も発売されていたのかどうかは不明。今回ここで取り上げたDDS2が花王OEMであるのなら、花王ブランドのDDS2があったのは間違いないかと。

追記eBayを見ていたら、花王のDDS2そのものが出品されていた。そのため、花王ブランドのDDS2は存在していたのです!

↑花王ブランドのDDS2(無断転載)

DATテープでも花王OEMが存在していたのだろうか?検索してみるとHHBのDATテープが花王であるという某巨大掲示板群の書き込みにあったので存在していたことは存在していたのでしょうね。自分は見たことがありませんが。

戻る