コネタ - 普段見れない画面コレクション!

インターネット、OS、ソフトウェア。普段パソコンを使っていると、
いつもでは見れない画面に遭遇することが多々ある。

今回のコネタではそんな普段では見れない画面を紹介する。

フリー百科事典“Wikipedia”のサーバダウン画面

おなじみ、フリー百科事典“Wikipedia”のサーバダウンと思われる画面に遭遇しました。どこの項目かどうかは忘れたが、本文からノートの画面に移ったらこんな画面になった。本文の参照サーバとノートの参照サーバは別なのだろうか?

Windows NT 4.0のワトソン博士

Windows NT 4のワトソン博士。Windows NTではアプリエラーはこのワトソン博士により表示されるようです。今回はWindows NT上で動かないアプリを実行したら表示されました。Windows NT自体が普及していないのであんまり見たことがない人が多そうなので掲載。しかし、Windows XPでも搭載されているワトソン博士だけど、実在の人物なのだろうか?

Windows XPのブルースクリーン

通説ではWindows NT系OSでは安定性が高く、ブルースクリーンは発生しにくいと言われています。そんなWindows NT系であるWindows XPの貴重なブルースクリーン。写真は特に有名な「死のエラー」と呼ばれるSTOPエラーで、原因を特定することが難しいエラーとして知られています。これはアクセス不良になったDVDドライブからDVDを無理矢理取り出したために起きたもので、再起動したら治ったのですが。

ソフトバンク携帯の赤ロム

ソフトバンク携帯でのみ見られる、携帯料金の滞りなど利用制限のかかった携帯の目印で、上記画面のようにアンテナ感度マークが赤色に変化することから「赤ロム」と言われる。
ちなみに自分の携帯は携帯料金は完済しているのにも関わらず(とっくに2年縛りは過ぎている)、時々画面のような赤ロム状態になってしまう。再起動すれば通常状態に戻るが、このまんまにしといても赤ロム状態特有の通話制限がある訳でもないので大丈夫なのですが。

さらに、つづく。

戻る